関係を維持するために考え直すこととは?バレンタインデーチャレンジ、愛を育むためにパートナーと会話をすべし?

気になる人ができたら、もっとその人のこと知りたいと思います。過去について聞いたり、好きなもの嫌いなものを聞いたりします。そして価値観やゴールについても聞きます。そしてやがて、相手のことを「知っている」と思って安心します。

 

 

しかし、忘れていけないのは人は常に変わり成長し ていくことです。時には大きく時には小さく。この変化は、パートナーのゴールを考え直すことにもなります。家族の病気が見つかった時は、さらにお互いの価値を感じるでしょう。

 

 

そして時折、ほんのささいなことで、人間は価値観に変化があることを思い出します。関係を保ちたいのであれば、気づかないうちにパートナーのニーズやほしいものは変わっていることを理解しておいてください。

 

 

コミュニケーション学者として、関係を維持するレパートリーを増やすために書きました。たとえそれが、居心地のよい場所から出ることだとしても。会話をすることでパートナーが誰で何を望んでいるのかがわかります。

 

 

パートナーを知ることは、幸せな関係を続ける上で重要です。我々やパートナーが成長するにつれて、関係を調整する最善の方法を理解できるように会話することが必要です。

 

 

残りの停滞は関係を維持することができず、ある時点でうまくいくことは別の時点では最善の戦略ではないかもしれません。「仕事」である必要はありませんが、関係を維持する方法を認識し、それがパートナーにとって最良であるものと一致しているかどうかを判断します。この記事でご紹介していきます。

 

 

まず初めに、どのように関係を維持するのかを知っておく必要があります。

 

 

たくさんの方法がありますが、学者は、5つの特定の戦略を提唱しています。5つの戦略のうち3つはコミュニケーションが含まれています。開放性、積極性、そして保証。

 

 

開放性では、考え、感情などの自分についての情報を話すことです。積極瀬尾は、ポジティブでハッピーな人のことを指します。保証は、ポジティブが感情や関係を強化します。不安を感じた時や、もっと自信がほしい時にそれらを使用することが可能です。関係や将来についてポジティブな感情や考えを明らかにすることができます。

 

 

他の2つの戦略は、タスクをシェアすることとソーシャルネットワークです。予測しているかもしれませんが、タスクをシェアするということは、カップルとしてのことや家事についてまで幅広くあります。ソーシャルネットワークは、家族や友達との時間を含みます。それらは関係を維持するのに役立ちます。

 

 

関係を維持するための態度に、学者はまた2つの方法を提唱しました。ルーティンと戦略維持です。ルーティンは、低い潜在意識で行うことです。

 

 

例えば、パートナーといるとよく考えなくても幸せになれますよね。「これが、私たちの関係をよくするのに必要なのです」もしくは、離れる前にハグして愛しているという習慣があるかもしれません。ルーティンは簡単な方法で関係を維持します。

 

 

例えば、電話を切る前に愛していると常に言っているけれどたださようならと言われただけだったら、何かおかしいことに気づきます。関係維持のための行動の多くは、私たちの関係が発展するにつれて日常的になります。私たちは、両方の人々を幸せに保つために何をする必要があるのかを学びます。

 

 

反対に、戦略的な意味でも関係を維持することができます。他の言葉に言い換えると、自分の関係を希望通りに保つために何か特別なことをする関係性や欲求を意識するようになる瞬間があります。これは喧嘩の後によく起こります。喧嘩を解決するために自分の感情を解放させなければいけないからです。

 

 

パートナーが特別だと思った時やどのような感情を持っているのかを伝えたい時にも起こります。多くの場合、人間関係で問題が発生した時に戦略的メンテナンスを使用しますが、関係を変更する人々が変化するにつれて人間関係が成長するのを助ける方法として、戦略的メンテナンスを使用する新しい方法について考えています。

 

 

先ほども少し触れた通り、人々は常に変化します。パートナーが必要としていることや関係で必要なものは過去とは異なります。変化するニーズを超えて、私たちは自分のパートナーを知っていると思うにもかかわらず、彼らが誰なのかそもそも何を評価しているのかを完全に理解していません。関係を維持するので言動や行動が重視される一方で、変化する個性をパートナーに聞くことが新しいアプローチです。

 

 

そのため、今年のバレンタインデーでは、関係を維持する方法を考え直すことと新しいタイプの戦略を試してみてください。チョコや花に加えて、パートナーに話してください。自分自身のことや感情ではなく、相手のことを。

恋愛において脳が私たちをだます4つの方法とは?「運命の人」探しを意識的にできていますか?

「心ではなく頭で考えて行動しなさい」これまで、脳は正しい道へ導くと言われてきました。

 

しかし、恋愛においては私たちの脳は本当に正しいのでしょうか?

もしくは、間違った方向へ導いてはいないでしょうか?

 

 

過去数十年で、研究者たちは、人間は私たちが考えるほど合理的ではないことを発見しました。人間は、ある分野には有利ですが、別の分野では害があるかもしれないというあらゆる種類のバイアスがあります。例えば、冷静に判断したと思っていても、代わりに、感情に基づき行動していることです。最善の決断をしたことを私たち自身に納得させるために認識資源を使うことです。

 

 

このプロセスはよく使われます。そして、私たちが自分自身に満足していると感じていることができます。しかしながら、私たちの決定がもっと複雑で、より長期化する時があり、私たちの複雑な合理化は私たちを幸せにするのに十分ではない時があります。

 

 

愛のマスターは、特にトリッキーです。私たちの多くが、恋愛運がないと思うか、自分のせいかと思います。そして、時折、それは私たち自身です。しかし、思っている方法ではありません。バイアスが私たちを騙して、間違ったことをすべて欲しがるようにすることがあります。以下は、恋愛において、脳が我々をだます4つの方法です。

 

 

1、欲しいものがわかっていると思っているーしかし、私たちは知らない。

ある身体特徴、背の高さ、職業などでパートナーを探している人もいます。しかし、そういう人は完全にタイプとは異なる人に恋に落ちます!とても一般的です。現実では、多くの人が本当に欲しいものは知りません。

 

 

私の最新のスピードデート研究では、アジア系アメリカ人は、自分の民族の人と付き合うことを好む傾向があると言われています。しかし、実際のスピードデートイベントでは、そうではなく、グループ内の人に2回目のデートを申し出る可能性はあまりありませんでした。

 

 

心理学者は、この現象を「ホット・コールド感情移入のギャップ」を通して説明しています。ホット・コールド感情移入のギャップによると、私たちは実際に決断を下す時に経験した感情を説明することができないでしょう。私たちが実際に行動するとき、私たちはバイアスの欲求に動かされて、「ホット」状態にあります。私の研究では、参加者は自分の好みを報告するときに両親とその期待について慎重に考えていたのでしょうが、スピードデートをするときは、これらの考えは消えました。

 

 

 

2、選択肢ができるだけ多い方が良い。

 

私たちは、選択肢が好きです。選択肢があれば、自由と幸福を最大化できると考えています。実際に得るまで、多くの選択肢を得ることを楽しんでいます。(ホット・コールドの感情移入ギャップの他の例)本当は、選択肢は悪い影響を与えます。多すぎる選択肢を前にすると、固まり、選択麻痺または選択肢の過多によって知られている現象です。選択をする失敗をします。

 

 

人気者は、多くの人から求婚を経験するかもしれず、一番良い方法は告白を受けないことです。もし本当に愛が欲しいとしても。どのように選ぶのでしょうか?あまり人気のない人は、選択の幻想(私たちがすぐにスワイプできるすべての潜在的なパートナー)の誘惑に負けるかもしれません。関係を進めるときに壁にぶち当たったら、「海の中の魚」は魅力的に見え、何が起こるかを考えさせます。

 

 

3、「選択肢を広げる」ことで合理的にしようとする

 

チャンスは見逃したくないので選択肢を広げます。しかし、これは悪い結果を招く2つの理由があります。1つ目は、選択をするとき、自然にベストな選択をするようします。すべての方法にフォーカスし、または私たちの信念が行動と衝突するときの不快感を減らすために、私たちの選択のすべての長所と選択肢の弱点に焦点を合わせます。選択肢を広げることで、不安になるのです。

 

 

例えば、新しいパートナーが出来たとして、相手の変なところが見えたとしたら。脳は、その悪い部分を見ないようにするかもしれません。もしくは、相手をすごく愛していると思い込むかもしれません。他の選択肢があると、どの人が良いのかわからなくなります。

 

 

2つ目は、選択肢を広げたままにしておくことで、関係に適切に投資することができなくなります。私たちが少ししか努力していないときに、どうすれば関係が進むと期待できるでしょうか?

 

 

4、間違った努力をしたくないから間違った人といる

ある点においては、努力をすることは素晴らしいことです。認知的不協和(より多くのものを入れるほど、より何かを好む)と人間関係の成長の組み合わせのために、努力することは私たちの人間関係を幸せにする傾向があります。しかしながら、時には私たちはサンクコストのため間違った人と一緒になることもあります。努力や時間を費やさないと関係はうまくいきません。一緒にいればいるほど離れるのは難しくなります。私たちの多くが、事態を悪化させる非現実的な楽観論を持っています。

 

 

私たちの心が多くのトリックを果たしていることは明らかです。多くの場合、それは良いことですが、時にはそうではありません。冷静に自分自身をみて、私たちが本当に自分の最善の利益のために活動しているかどうかを尋ねるのは私たち次第です。

 

 

自分を解放したらなば、「恋すること」を満足できるでしょう。

セックスはパートナー候補との交際を始める手助けとなる?セックスはどのように働くのでしょうか?

他人同士の間の深い心からの繋がりを生む為に、セックスはどのように働くのでしょうか?

 

 

 性的欲求は交際相手候補との距離を初期的に縮める強い動機付けとなり、性交渉や妊娠を促進させる結果となります。愛情を欠いた性的行動の場合は、一夜限りのものとなります。しかし、性的欲求はもしかすると交際相手候補との距離を縮めるだけではなく、お互いの愛情が芽生えることを促進させているかもしれません。

 

 

 しかし、その欲求が単純に生殖行動の動機となるのか、愛着のみを促進させるのか、果てはその欲求が直接的に最近知り合った人同士の間に深い繋がりを与えることが出来るのかどうか、はっきりとは判明していませんでした。実際、性的欲求と深い愛着は直接的に関係があるわけではないようですが、進化論と社会における過程の中で人類は性的に引きつけられた相手に恋愛的に愛着を覚えるように変わってきているようです。

 

 

 最近社会人間関係に関する雑誌において、先程述べたポイントについての研究が発表されました。私と私の同僚による4つの研究では、新しく出会った異性同士は、顔合わせの際に性的欲求が深い感情レベルの繋がりを築く可能性を生んでいることが確認されました。

 

 

 1つ目の研究では、新しい顔見知りに対して即座のコンタクト(コミュニケーション、例えば同調、身体的接近、頻繁なアイコンタクト等)のような言葉を用いない行動に意欲を示すかどうかを研究しました。これを調べるため、参加者は既に録音された音楽を対する魅力的な異性とともに口パクで同時に真似をするという実験を行いました。これはビデオ録画のもと行われています。そしてその後、参加者は相手に対して欲求を感じるかどうかが測られました。その判断として、参加者がどの程度相手に対して即座に態度を示したか、そしてどれ程シンクロしていたかということを確認しました。参加者の相手に対する欲求は、相手に即座に対応する態度の中に隠れて表れ、同調の中にも同様に表れていることが参加者、その相手、そして測定者によって確認されました。

 

 

 2つ目の研究では、1つ目の研究を別の方法を用いて繰り返しました。今回はより親密な状況として口パクで真似をするのではなく、スローダンスを用いて、よりロマンチックな状況を作り出しています。また研究1の発展として、恋人候補との将来的交際に対する興味を測るという過程も追加しました。この研究が目指したのは、被験者が異性とスローダンスを踊ることによってその後相手に対して性的欲求の度合いが上がるかどうかを観察することであり、その程度を測る方法として、お互いに上手く息が合っていたか、そしてその相手に再び会いたいと思うかという点を考慮しました。結果は、参加者の相手に対する欲求は、彼らが相手に上手く息が合っていたかどうかに関連していることが分かり、更には相手と交際することへの興味が予測出来ることまで判明しました。

 

 

 研究3と4では生殖器の活動と性的ではない態度(問題があれば対処出来る状況下で)のふとした繋がりを生む様に計画されました。これは交際相手候補との関係を開始させる戦略的意図だけではなく、長期間に渡る繋がりをサポートする役割も見込んで設計されました。

 

 

 研究3では被験者は性的刺激(自然刺激と対になるもの)に意識下でさらされました。具体的には、被験者はデートの際の食事、服、場所の好みについて7つあるカテゴリーの中でそれぞれ二者択一の選択をしてもらいました(例、服の色:黒か青、場所:バーかレストラン)。そしてその選択をする前には男女それぞれ性的状況(被験者が女性の場合:魅力的な裸の男性が横になり、股間から上が見える状態。男性の場合:魅力的な裸の女性がひざまずいた状態を後ろから撮影した状態)又は普通の状況のいずれか潜在意識内でさらされました。

 

 

 

 そして参加者はいくつかの対人関係のジレンマ(例、“恋愛の最初で恋の駆け引きをすることについて酸性化反対か?”)について異性の相手と話し合いました。この間被験者はビデオ録画されていることを知りません。判断方法として、話の途中で参加者が相手に対してどの程度反応的で気を遣う態度に出ているのかを観察しました。この実験で、参加者は性的状況を経験した後の方が相手に対してより多く反応を示すことが分かりました。

 

 

 

 実験4では、生殖組織をより生態的な方法で活性化させることに焦点を当て、実際に現実である性的刺激の場面(ビデオを見る等)がどのように交際を開始させようとする行動(助けようとする態度など)に影響を与えるのかを観察しました。具体的にまず被験者は性欲を刺激するビデオ(ポルノ/アダルドビデオではないもの)又は普通のビデオのいずれかを見ます。そしてその後被験者は他の被験者とともに口頭推論に関するアンケートに5分間にわたって答えるよう信じ込まされます。そして調査員は魅力的な異性の仕掛人を紹介し、対象とした参加者の隣に座らせて、質問に答えている間は話をしてもいいことを伝えてから部屋から出ます。

 

 

 

 仕掛人は3つ目の質問にさしかかったふりをして隣の被験者の方を向いて“この問題でつまずいてしまいました。手伝ってもらえませんか?”と質問の手助けを請います。被験者の助けようとする態度は次の様な方法で測られました:

 

(a)相手を助け始めるまでの時間、

(b)質問を特までにかかった実際の時間、

(c)実際の手助けの質。

 

注:(a)(b)はそれぞれ仕掛人がポケットの中に隠したストップウォッチで計測します。

  (c)これは後に仕掛人によって評価されます。

 

 

 全体を通して、私達の研究は無意識の性的刺激でさえ言語または非言語の態度を引き出すことを明らかとし、そしてその態度は反応の迅速さだけではなく、相手の幸せに対する気遣いが表れていることを突き止めました。つまり、我々の研究は知らない2人が出会い、性的欲求をお互いに感じると将来の交際に対する興味はもちろん、その交際に投資する意志を表わす様な行動や態度が急速な増加することを示しています。こうした態度は、より深い感情の繋がりを育む状況を作り出す手助けとなります。強い欲求は新しいパートナーを引きつける一方で、長期間の繋がりをサポートする態度がそこから現れるということを、ここでもう一度述べておきましょう。

自分とパートナーの楽しみは半々に?

与える、受けとるのバランスをとりましょう。

 

 

あなたは長い一日を過ごしていました。

 

 

あなたがしたい事といえば、テレビの前で無為に過ごしてから寝るだけです。

 

 

あなたのパートナーは、あなたと横に座って、寄り添っています。そして、いつもロマンスの気分になっているときにそうするように、触れ始めます。ではあなたは何をしますか?

 

 

  1. あなたには今夜はそういう気分がないが、もう一度その機会を作ってほしいことを正直に伝えます。

 

 

  1. あなたがそういう気分になっていなくても、同じようにしてあげます。あなたはすでにあなたがそれを楽しむことはないことを知っています – ただあなたの心にはあまりにも多くの事があるからです。

 

 

 

  1. あなたが気分になっていなくても、同じようにしてあげます。あなたの気分を誰かが知っているでしょう、おそらくあなたのパートナーはあなたを興奮させることができ、そして、あなたはすべてが終わった後には、きっと楽しかったということになるでしょう。

 

 

どんな反応が正しいか疑問に思っているならば、それらのどれもがすべての状況において絶対に正しいとは理解してはいけません。

 

 

しかし、あなたが現在選択していることは、特にこれらの回答の1つがあなたにとって習慣になっている場合、あなたの関係の大元に影響を与える可能性があります。

 

 

答え「A」は、パートナーのニーズよりも自分のニーズを優先していることを意味します。

 

 

時にはこれが必要です。あなたのニーズに常に気を配っているなら、パートナーはあなたを理解してくれるでしょう。

 

 

しかし、常にあなたのパートナーのニーズよりも前にあなたのニーズを優先させる場合、あなたの関係は困ったことになります。

 

 

あなたのパートナーが、関係に満足していないときは、少なくともこの先が長くないでしょう。

 

 

答え「B」は、あなた自身を犠牲にして、パートナーのニーズを満たすことを意味します。

 

 

あなたのパートナーのために時々、自分を犠牲にすることは良いことです。

 

 

パートナーは望むものを手に入れ、あなたは彼らが満足していることを知って嬉しいと思うことができます。

 

 

しかし、それが通常化しつつあることになっているならば、あなたの関係は問題になります。あなたは常にあなたが与えるが、決して受け取らない関係では幸せにはなりません。そしてあなたのパートナーもそれほど幸せではありません。

 

 

答「C」は、パートナーのニーズを満たす意思があることを意味しますが、自分のニーズにも見えます。

 

 

研究は、この中間のアプローチが、あなたとあなたのパートナーの長期的な関係の満足度を高める可能性が高いことを示唆しています。

 

 

トロント大学の心理学者Emily Impett氏と彼女の同僚は、社会的および個人的な関係について最近の記事で、あなたのパートナーの性的ニーズを自分のものよりも優先させることのコストと利点を探りました。

 

 

研究のために、彼らは少なくとも2年間、排他的であった122組のカップルを募集しました。

 

 

参加者の年齢は19歳から67歳の範囲で、カップル歴は2年から48年でした。約半数は結婚し、残りの半分は同居していました。

 

 

21日間の各日、各パートナーは調査にとって、リンクした電子メールを受け取り、就寝前にそれを完了するように指示されました。

 

 

最初に、彼らは、関係の満足度、ポジティブおよびネガティブな気分、性的欲求を探求する一連の質問に答えました。

 

 

これに続いて、「今日あなたのパートナーとセックスしましたか?」という簡単なイエス/ノーの質問が続きました。この場合は、研究をした21日間で平均3.5回、つまり一週間に1回強でした。しかしながら回答では、0(3週間まったくなし!)から17(ほとんど毎日!)がありました。

 

 

 

次に、この研究の重要な質問が来ました。

 

 

具体的には、研究者たちは、性的な共同体の強さと不快な性的な交わりというものを見ていました。

 

 

簡単な言葉で言えば、性的共同体力とは、あなた自身のことを念頭に置きながら、パートナーのニーズを満たすための努力を意味します。 (これは上記の「C」の回答になります)。性的共同体力は「性交渉中に私のパートナーのニーズを満たすことが私にとって最優先事項だった」などの回答によって測定されました。

 

 

逆に言いかえれば、性交渉はあなたのパートナーのニーズを満たすことと関連していますが、自分のニーズは満たされていません。 (これは上記の 「B」の回答になります)。性交中は、性的にはパートナーのニーズと矛盾すると自分のニーズを満たすことができませんでした。

 

 

最後に、研究者は以下を測定しました:

 

 

ポジティブなパートナーに焦点を当てた性的手がかりです:質問には、「性行為中、私のパートナーは私のニーズに反応しました」などの項目が含まれていました。

 

 

パートナーに焦点を当てた性的な手がかりは、性的な共同体の強さ、性的行為などです。

 

 

負の自己中心性の性的手がかりについてです:質問には、「性行為中に、煩わしい考えが出てきて集中しなくなった」などの項目が含まれていました。

 

ネガティブな自己中心性の性的手がかりは、不満足な性的行為、すなわち性的行為からの分離感を示唆しています。

 

 

性的満足度:「あなたのパートナーとのあなたの性行為はどの程度満足していましたか」などの質問が含まれています。これらの項目は、性的な関係ではなく、特定の性的体験に対する満足度を測定したものです。

 

 

最初の結果は、すべての良い恋人、夫婦がすでに知っていることを示しました。

 

 

あなたのパートナーを喜ばせることは、楽しみの半分です。言い換えれば、あなたのパートナーのニーズを満たすために努力し、あなたのパートナーがあなたのニーズを満たすために努力すると、どちらも性的満足と満足感が増します。

 

 

したがって、あなたのパートナーのニーズに焦点を当て、お互いに信頼し合い、お互いに返し合うこと、それは少なくとも健全で親密な関係についての鍵の1つです。

 

 

しかし、2番目の結果は研究者を驚かせました。

 

 

彼らは、疎外された性交渉が、その夫婦カップルの双方のメンバーの性的および関係満足度の低下につながることが結果に出てくると予想していました。言い換えれば、あなたがそれを楽しむことなく動くだけであれば、あなたのパートナーは何かが不足していると感じて不満を感じるでしょう。しかし、これはまさに彼らが見つけたパターンではなかったのです。

 

 

慣れ親しんだパートナーのニーズを満たし、自分のニーズが満たされないようにすると、性的な関係など、関係のすべての側面に満足することは少なくなります。

 

しかし、あなたのパートナーは必ずしも不幸ではありません。お互いのニーズを相互に満たすカップルのメンバーと同様に、彼らは支えられている感を経験はしません。

 

代わりに、彼らは満足感の変化も報告しません。要するに、あなたのパートナーのニーズの為に常に自分を犠牲にしてしまうと、あなたは悲惨にも、あなたのパートナーはあなたの犠牲をそれほど高く評価しないでしょう。

 

 

研究者は以前の研究から、パートナーのために自分のニーズを定期的に犠牲にする人々は、自尊心が低いことに苦しんでいることに気付いていました。

 

 

彼らはしばしば、自分のニーズが満たされていないと感じる、または極度の犠牲を払わなければ価値がないと感じると報告されています。

 

 

この考え方は個人にとって、多大な害を及ぼすものであり、相手方にもあまり良いことはありません。

 

 

確かに、自尊心は石のように固いわけではないというのが現実です。

 

 

あなたのニーズが満たされていないと感じたら、なぜあなたはそのように感じるのかについての自己を振り返る必要があります。

 

 

おそらくあなた自身で、または自己助力の文献の助けを借りて、これを行うことができますが、信頼できる友人、牧師、またはカウンセラーは、自己の成長を追求する上で重要な味方です。

 

 

健全な関係には、常に与えると受け取るが含まれます。

 

 

私たちのパートナーのための私たちの愛は、彼らのニーズを満たすために犠牲を払って成長します。

 

 

しかし、やや自分本位であることも良いことです。私たち自身のニーズも満たす必要があります。

 

 

あなたのパートナーに必要なものを知らせることを恐れないでください。あなたは関係性の上で満足するに値し、そしてあなたのパートナーは同様にまたより幸せになることでしょう。

あなたは愛に知性を求めすぎていませんか?

特別高い知性は、恋愛ゲームにおいては有害な場合もあります。

 

 

ほとんどの人はパートナーに何を求めますか?インテリジェンスなのでしょうか。

 

 

この特性は、人々が理想的なパートナーをと考えるとき、幾度となく現れるものです。

 

 

実際に、20万人以上を対象とした異文化調査では、知性は(外見の良さに続き)男性が一番好きなパートナーに対する特性で、女性においては2番目であることが明らかになりました(ユーモアがその後ろにはあるという前提でランクインしています; (Lippa, 2007より)

 

 

明らかに、知性はパートナー探しゲームにおいてアドバンテージになるのです。

 

 

しかし、あなたは望まれるために知的になり過ぎていませんか?

 

 

慣例的には、リサーチ側が参加者に好ましいパートナー特性(例えば、第1、第2、第3というように)ランク付けするか、1-7の基準を用いて異なる性質を評価して、パートナー選びの基準に関するデータを収集しました。

 

 

例えばユーモア、やさしさ、知性のようなさまざまな特徴の相対的な立場は、それぞれの特性が、どれがどれほど望ましいかを示すことはできません。

 

 

確かに、ランク付けと格付けの研究は、もしその人の特性が望ましいものであれ、それがより多ければ、より良いことだと思わせます。

 

 

優しさが良いものなのであれば、とても親切だったらより良い事だ!というように。ユーモアが良いものなのであれば、とても面白かったらより良い事だ!と。知性が良いものであれば、超高IQは、さらに良いことなのだ!と。そして、これらの考えには、いくつかの真実があるかもしれません。

 

 

例えば、高い知性は、創造性や問題解決などの望ましい遺伝形質の配列を示し、長期的な関係のために相手を刺激することを示しています。

 

 

知性の適応的な利点は、スマートな顔をかなりセクシーにしています。

 

 

しかし、スマートさのセクシーさには限界があるのではないでしょうか?

 

 

西オーストラリア大学の研究者Gignac、Darbyshire氏とOoi氏(2018)が調べることにしました。

 

 

ランク付けや格付けに頼るのではなく、特定のレベルの知性の魅力に注目しました。

 

 

約100人の推定IQ(平均)を有する約375人の個体をサンプリングし、IQスコアが連続している魅力的な潜在的パートナーに対して、彼らの魅力(短期または長期の関係について)を示すように尋ねました(1年、25年、50年、75年、90年、および99年後を含む)。

 

 

その結果、そうなのです、特別な知性は少なくともある程度はあなたの魅力を損なうかもしれないと示唆しています(Gignac et al 2018)。

 

 

性的、短期的または長期的なパートナーの関心事である誘因は、1から50パーセンタイルへと急激に増加する傾向にあり、その後75パーセンタイルに再び増加したが、第90パーセンタイルでピークに達しました。

 

 

男性と女性は実際に90パーセンタイルの人々に比べて、99パーセンタイルのいる人の方が魅力が少ないと報告しています。

 

 

言い換えれば、超スマートな人々は、それより少しスマートでない人よりも、あまり望ましくないように見えているということです。

 

 

どのようなスマートさが、スマートすぎるのでしょうか?

 

 

IQの90パーセンタイルは最も望ましい知能レベルであると思われ、IQでは120を示します。

 

 

これは平均の標準偏差を1上回るものです(IQのための標準偏差は15です)。

 

 

(IQによって定義された)この点より前では、より多くの知性が魅力を高めていて、この点以降は、短期的および長期的な関係の魅力を損なうことになります。

 

 

持ち帰り?このことは、望ましい形質は望ましいが、極端なレベルではないことを示唆しています。

 

 

著者らは、異常な知性を持つ人々が強い対人関係のスキルを持つことはあまりないと推測していますが、これを支持する一貫した証拠はなく、それは非常に知的な人々についての(誤った)固定概念を表すかもしれないのです。

 

 

その特性は知性のために観察されましたが、他の特性がこのパターンを共有するかもしれないと推測する理由があります。

 

 

そうでなければ望ましくない任意の数の特性の過剰量がその人の魅力を失うかもしれないということです。

 

 

注目すべきは、人口の小さなサブサンプルは、他から伝えられた高い知能によって、かなりの性的興奮を報告することです。

 

 

こうした知性を一番の魅力に考える人々は、平均的な知性の人々によって消されてしまい、知的で刺激的な会話に興奮し、高い知能を潜在的なパートナーの必要な特性として評価します。

 

 

Gignac氏ら(2018)は、彼ら知性を一番の魅力に考える人々のアンケートのスコアは、IQスコアの99パーセンタイルであると記述された個人を惹きつける相関があることを見出しました。

離婚を回避し、パートナーと仲良くやっていく方法とは?

あなたは、パートナーと仲良くしっかりやっていくパターンなどはありますか?

 

 

もしなければ、これは、あなただけの責任ではありません。調査によると、成人の60%が離婚、再婚を経験しているのです。驚きではありません。それは映画やテレビででてくるような物語なのです。

 

 

しかし、そのパターンがあなたの精神的衛生にどのように影響するかについて考えたことはありますか?

 

 

または、人間関係の種類やパートナーがあなた自身に何をもたらしているのでしょうか?

 

 

持続的で肯定的な関係を築くこと、あなた自身とあなたのパートナーの精神的衛生を支えることについて何を知っておく必要がありますか?

 

 

ミズーリ大学の新しい研究は、これらの質問にいくつかの光を当てています。

 

 

それは前後関係のパターンが精神的衛生に悪影響を及ぼしていることが分かります。

 

 

具体的には、現在の関係者の500人以上のデータから、このようなパターンが不安やうつの増加に関連していることが分かりました。

 

 

さらに、研究者は、離婚と再婚パターンは、より高い虐待率、より低いレベルのコミュニケーション、およびより貧しいコミュニケーションと関連していることを見出しました。

 

 

この研究は「家族関係」に掲載されています。

 

 

この研究の主著者であるKale Monkは、このパターンで自分自身を認識している人々は、家族関係において何をしているのかを把握する必要があることを知っています。

 

 

しかし、そうすることは、とても難しく恐ろしいことでもあります。パターンを破って、永続的な関係を作り出すことは、もう一つの大きな課題なのです。

 

 

この研究の著者は、なぜ、どのようにして家族関係が崩壊するのかを調べ、永続的にうまくいくようにするためには、関係のポジティブさに焦点を当てるべきであるというアドバイスをしています。

 

 

もちろん、家族関係が有毒になっておらず、本質的に不健全でないことを前提としています。

 

 

問題なのは、著者のアドバイスに従うことは、行うよりも言うが易しなのです。

 

 

しかし、持続可能で肯定的なつながりの可能性を高めることができる自己認識とパートナーと関わるためのいくつかの方法があります。

 

 

例えば:

 

  1. 以前の関係で行ったことを見直して学びます。あなたの何がパートナーを魅了させているのでしょうか?何が別れにつながったのか – または再び結びついたのか?あなたは何を学んだのでしょうか?私はこれを「人間関係の発見」と呼んでいます。

 

  1. 人間関係の中で “自分自身を忘れる”ことを実践します。関係の中で、あなたはサービスされる必要がある第3のエンティティであることを認識することを意味します。すなわち、違った視点で、いろいろなニーズを探してみる方法なのです。

 

  1. お互いに素直であることを学びましょう。自分自身、そして、あなたのパートナーの希望、恐怖、脆弱な部分を受け入れてください。あなたがそれをすることを約束するならば、あなたは親密さと持続的な成長のための種を植えていることになります – そうすることで時間とともに強くなるものなのです。




ミッドライフクライシス(中年の危機)は、考える必要無し?

まず、人生の中盤、新しい幸せの基準は、基準自体が存在していないとする理由を示しています。

 

 

 

あなたは間違いなく、中年における危機的な状況と、大人の幸福観に関する大規模な研究について聞いたことがあるでしょう。

 

 

中年以降の人格を研究する心理学者は、生涯の中盤期において、幸福観が低下し、不幸観がピークになる、いわゆるU字型曲線について、エコノミストとは異なる結論を導いています。

 

 

この議論の多くは、水と油のようであり、エコノミストは単一項目の幸福評価を見ており、心理学者はより深い適応と性格を見て、人が40歳(研究に応じて45歳、または50歳)に達すると、突然、健康が崩れるかどうかに注視しています。

 

 

更なる批判は、(「幸福曲線」を唱えた)ジョナサン・ラウシュが認めたように、危機の存在が彼に「彼の憂鬱を見つけるのを助けた」のだと述べています。

 

 

あなたの不幸は、単なる「事」であって、あなたの人生にとって唯一のものではないということを証明できたことは、良いことです。

 

 

他の場所で議論されているものに惑わされずに、大人の新しい幸福観について見てみましょう。

 

 

ウェルカムセンターカルチャーアンドエンヴァイロメンツアンドヘルス(エクセター大学)が主催する「ミッドライフカンバセーション」と題した会議で、中年の危機に関する社会的通念について話すように求められました。

 

 

私はここ数年、重要な文献を掘り下げることにしていました。そしてU字型の幸福曲線を描いています。

 

 

ヘルシンキ大学のSeppo Laaksonen(2016年)は、関連性の高い基礎をカバーするU字型曲線概念の批判的な意見を提示しました。

 

 

Laaksonen氏は、他の研究者は曲線を再現できないと指摘し、分析に特定のコントロールが組み込まれている場合、コントロールが適切である場合、そしてそうでない場合に分けました。

 

 

フィンランドの研究者は、これらの質問をテストに当てはめるために、米国と英国で実施された大規模調査、年齢と幸福観の関係に影響をおよぼすような操作についての統計テストを行いました。

 

 

年齢と幸福観の関係には、操作が存在してはならないと主張する正当な理由があります。この関係を操作することで、高齢化に伴う条件が、高齢者の生活経験に与える影響を抑制してしまうのです。

 

 

健康や夫婦間の状態を幸福観に影響を及ぼす要因として取り除いたとしても、65歳以上であったり、健康状態が悪い、または配偶者やパートナーがいないということが、幸福観を判断する材料となりえる事実は変わりません。

 

 

同様に、収入を操作するということは、払うお金がない高齢者は、不幸せではないにせよ、お金を持つ人よりは不幸せであるということが強調されていることになります。

 

 

Laaksonen氏は、10歳から曲線は下降し、50代まで安定してぶら下がっている曲線があるかもしれないと結論づけていますが、それは、(1)幸福を減らす要因を制御し、(2) 「落下」は40歳未満から50歳をはるかに超えて変化する可能性がある、という二つの見地から成り立っています。中年の危機が特定の年齢や年齢層に結びついていると思われる場合は、我々が求めるものではないでしょう。

 

 

なんらかの理由で、Laaksonen氏や幸福曲線を描いた多くの人々からの証拠があるにもかかわらず、この考えは依然として持続しており、実際には、ほぼ世間に受け止められています。

 

 

幸福曲線をGoogleですばやく検索すると、途方もない中年危機に瀕した漫画や、そのような悲惨な中高年を対象とした商品の広告が出てきます。

 

 

中年の危機のチェックリストには、「あなたはバンジージャンプをやろうと思っていますか?」、「真剣にタトゥーを考えていますか?」というイメージがあるのです。更なるイメージは「落ち着きましょう、中年だけのものです」というテーマです。

 

 

中年のキッチン用の料理本と「中年のビールの危機」を生き残るためのブログなどもあります。リストは続々と続き、すべてを取り込むことは不可能ですが、あなた自身で試してみることはできます。

 

 

文献に戻ると、Laaksonen氏よりも古い研究では、U字型曲線の問題が強く取り上げられています。実際、ワーウィック大学(英国)のU字型曲線の著者の1人が私に送ったものです。

 

 

そこでは未発表の原稿のデータが提供されています。

 

 

「現代人は中年期に精神的な苦しみを感じていますか?」これは、大規模な調査分析の中での「全体的に、あなたの人生に今どのくらい満足していますか」という質問に0点から10点で回答したものが基盤になっているものです。

 

 

曲線は落下を本当に意味していますが、ここでは見当たりません。

 

 

スケールは、範囲全体の切り捨てられたセクションを表します。

 

 

「落下」には7.2から7.8の差が含まれます。

 

 

著者が主張しているように、大きなサンプルサイズは、この発見が統計的有意性を確実に達成するため、統計分析はこの論文では提供されていません。

 

 

しかしながら、私がそれを受け取った形式からグラフを描画すると、曲線はかろうじて識別できるほどのぐらつきのある線に変わります。

 

 

クロスナショナル・データの他の書評は、U字型現象の普遍性にさらなる疑問を投げかけています。

 

 

ロンドン大学のAndrew Steptoe氏の2015年のランセット記事では、世界のいくつかの大きく異なる地域で、年齢別の幸福観を調べています。

 

 

このようなU字は、高所得の英語圏の国々でしか観察されませんでした。

 

 

これは中年の危機について研究するものの間で長い間言われてきた、裕福な人だけが中年の不安に耽るという考えを支持するものです。

 

 

しかし、所得格差が強調され、低賃金労働者が自らと非常に裕福な人を否定的に比較するように導いているため、高収入国では中高年期の危機が長く続く可能性もあるのです。

 

 

また、以前の縦断的研究(Harvey et al 2018)によれば、仕事のマネージメントが低く、仕事の緊張感が高い人が、中年期に悪影響を受ける可能性が最も高い人々です。

 

 

考慮すべき最後のポイントは、誰が人生の後半において調査の質問に答えることができるかということに関係しています。明らかに、長生きしないような人、質問に答えられない人生を送っている人もいるのです。

 

 

研究者がテストを行えるのは生きている人だけです。彼らの一生は、幸せであったかもしれませんし、うつでもなかったかもしれません。

 

 

データ分析が生きている人のみに基づく場合、現れた結果は完全に異なる可能性もあります。落下の代わりに、あなたは直線であったり、上向きなものさえ見ることになるかもしれません。

 

 

この問題がライフスパンよりも、別のことから来ていると考える研究者の世界においては、ほとんど考慮されていないのです。

 

 

要約すると、中年の危機の研究者、あるいはU字型の曲線でさえ、彼らの道をつくることは非常に少ないチャンスであり、私たちが戦ってきたこれらのコンセプトは途中で崩壊してしまうかもしれません。

 

 

事実として、この社会的通念を受け入れる必要がある場合には、複数の役割のために複数の要求を抱えている人々に害を及ぼす可能性があります。

 

 

また、すべてのストレスフルな人を助けるためにも進むことが賢明かもしれないからです。その自己実現的預言という見方をメディアから遠ざけることも意味をなすかもしれません。

 

 

一度、U字型の曲線が一般化されてしまうと、人々は社会に沿うように、Uの低い点にいることを認めてしまいます。大規模な研究の場合においての100万人の中の一人のNというのは、印象的ですが、それはあなたの人生の何十年にもわたり達成する必要がある一つのNなのです。


女性と男性ではオンラインデートの目的が違うのか? 生物学的性とデートについての驚くべき新研究がよく知られた俗説の誤りを指摘する

「セックスは自然の一部。私は自然と共に生きているの。」-マリリン・モンロー

 

男性はカジュアルなセックスの方に興味があり、女性は真剣な交際の方に興味があるというのはよく知られたことですよね。ハラム、デバッカー、フィッシャー、ウォルレイブ(2018)によると、先行研究のデータは明快です。「女性に比べ、男性が性的多様性とカジュアルセックスを好み、パートナーを増やしたがる傾向は立証されて」います。私たちはこれが進化だと教えられました。男性はできるだけ多くの子孫を残そうとし、それにより、自分勝手な遺伝子がより遠く、広範囲へ広がる可能性を高めます。そして、女性は自分の子孫が生き残る可能性を最大限に高めるために、配偶者を側に置きたがります。女性は男性よりも妊娠や子育てに遥かに多くのエネルギーを費やしているため、当然(推察すれば)オンラインデートについては、女性は長期間の恋愛を求め、男性はそれほど求めていません。しかしもし(生物学的)性だけが決定的な要素ではないとしたらどうでしょう。

 

 

 

セックスとデートについて、男性と女性は本当に生まれながら違った考えを持っているのか?

 

もし女性が、最適な配偶者を選ぶために、可能な限り多くの配偶者候補を試すように進化しているとしたらどうでしょう。もし男性が、種を保つために妊娠したか弱い配偶者と自分の子孫を守る傾向が強まるよう進化している、としたらどうでしょう。私たちが性差についての仮定を立てる際には注意が必要です。なぜなら、私たちは社会で確実だと思われている考え方を正当化するために理由を作り上げているかもしれないからです。ひょっとすると、配偶者選択において観察されている差の多くは文化的要因によるものであったり、主に遺伝学上のものと推定されるものであったりしませんか?ゲノムには他の要因がプログラムされているかもしれませんが、我々は何がどれなのか分類を始めたばかりです。そして性はこれ以上のものではないのです。

 

 

 

「性的流浪性」とは何か?

 

オンラインデート嗜好の高まりの原因となっているであろう、現代の配偶者選択における認識不足ではありながら極めて重要な側面をより深く見ていくために、ハラムと同僚たちは重要な工夫をしながら先行研究を再検証しました。先の研究者たちがした方にオンラインデートの微妙な違いを検証することに加え、彼らは性別や年齢、オンラインデートの動機などの通常の調査対象に「性的流浪性」を追加しました。「性的開放性」(シンプソン、ガンジスタッド1991)は、キンゼイの研究を拡大した概念で、「真剣な交際や親密さを含むか含まないかの性的な出会いを求める個人の傾向」を意味します。

 

 

性的流浪性は「性的開放性表(SOI)」を使って測定されます。SOIは、性的態度と行動傾向を「限定的」(親密で真剣な交際関係の中でしかセックスをしない傾向)から「非限定的」(あまり真剣でなく、親密さもない中で性的関係を持つ)の範囲を持つ一次元上に落とし込みます。研究者たちは、性的流浪性がオンラインデートの動機を決めるのかどうか、そしてもしそうならば、こうした性に関する態度や行動が生物学的性に加えてどの程度働いているのかということについて疑問を持ちました。

 

 

 

今回の研究

 

今回の研究では、ハラムと同僚たちは254人の集団を調査しました。そのうち57.9%は女性で、異性愛者であり、平均年齢は30歳でした。彼らは皆、人と出会うためにオンラインデートサイトやアプリを使ったことがあり、研究当時、約三分の一が真剣な交際や結婚をしている状態にあり、55%以上がシングルでした。彼らはオンラインデートの経験や、性的開放性、オンラインデートの動機、交際状態についての調査項目に答えました。参加者のオンラインデートの動機を理解するために、研究者たちは「ティンダーのモチベーション尺度」(サムターら2017)を使いました。この尺度は出会い系アプリやウェブサイトを使う6つの基本的な理由(愛あるいは長期間の恋愛、カジュアルセックス、コミュニケーションの容易さ、自尊感情の承認、興奮やスリル、流行に乗ること)を推定するものです。

 

 

 

研究者たちは何を発見したか?

 

まず第一に、ネット上の出会いのためにどんな種類のプラットフォームを使っているかということについては性差がありました。女性はデートアプリを使う傾向がある一方、男性はウェブサイトを使う傾向がありました。これは不思議なことです。女性は真剣な交際に関心を持っていると考えられているにも関わらず、デートアプリはカジュアルセックスと結びつきやすいものだと思われているからです。当然研究者たちは、非限定的な性的流浪性をもつ人たちが、オンラインデートを愛情よりもカジュアルセックスのために使用しており、限定的な性的流浪性を持つ人たちは、親密さや真剣な交際を求めていることを発見しました。さらに、年齢が上がるとともに、オンラインデートを興奮や自己承認のためではなく、コミュニケーションの容易さのために愛情とカジュアルセックスの両方を目的として使うようになることもわかりました。彼らはまた、年齢が上の参加者たちほど、オンラインアプリよりもウェブサイトを使う傾向があることも発見しました。これについては、アプリがより優勢にって身近なものになり、現在ウェブサイトよりもアプリを使っている若者たちが年をとるにつれて変わっていくものでしょう。

 

 

しかし、オンラインデートを使う際のモチベーションを決めることにおける生物学的性と性的流浪性についての疑問の方はどうでしょうか。研究者たちは初め、モデルの中に性的流浪性を含めずにデータを扱っていました。彼らは、予想通り男性はより多くのパートナーを求め、女性は真剣な交際を求めていたことから、生物学的性が、人がオンラインデートに求めているものについての統計的に重要な予測因子になっていることを発見しました。しかし、ここに落とし穴があります。統計的モデルに性的流浪性を含めてデータを扱った時には、性差がなくなったのです。性的流浪性のみが(参加者が男性か女性かとは関係なく)オンラインデートの使用動機を予測するものだったのです。

 

 

 

そちらかこちらか?

 

持ち帰るべきメッセージは、男性の方がナンパのためにオンラインデートを使うことが多く、女性は特別な人と出会うためにオンラインデートを使っていることが多いけれども、その理由というのは生物学的性によって生まれつき異なっているようなものではないということです。

 

 

もし性的開放性が決定的な要因だったら面白いと思いませんか?非限定的な女性と非限定的な男性が生物学的な性別に関わらずオンラインデートのプラットフォームを軽い出会いのために使い、その一方で、性的流浪性において限定的な女性と男性が永続的で独占的な愛を求めて使っています。さらに研究を進め、これらの発見を再現するかあるいはそれに反論したり、性自認や性規範の変化、直にデートをするモチベーションなどの重要な因子について調査する必要があります。

 

 

他の疑問も浮かびます。もし男性が非限定的な政敵開放性を持つ割合が高く、そのためにカジュアルセックスを求める気持ちが強くなっているとしたらどうでしょう。どの程度までが本当に遺伝子的、進化的なもので、どの程度までが後天性の社会的、環境的、文化的要因なのでしょう。生物学と同時に、社会学的に理解され、世代間で伝えられる要因(どのように遺伝子が解釈されるかということについて、親や祖父母の世代から伝えられた配偶者選択と子育てについてのエピジェネティック効果の可能性を含め)が現代の交際関係を理解するのに重要です。

 

 

慣習として、性の二進法とジェンダーの変容、流動的で多次元的になること、なぜ関係を求めるのかということを理解するために生物学的な性のみを見ることというのは非常に誤解を招きやすく、不正確なものです。ジェンダーや生物学的性を超越する性的流浪性のような要因を見ることで、私たちは交際や配偶者選択の動機をより正しく理解することができます。今度デートをしようと思った時には、この実験をやってみてください。相手が何を求めているのかということについて性の機能から推測するのではなく、性的開放性について考えてみてください。そして会話にも出してみてください。


夫の感じが悪くなったと思いますか?

あなたはおそらく正しいでしょう。そして多分あなたもそうなっているのです。

 

多くの人が、自分のパートナーは変わってしまったと感じています。彼らは自分のパートナーが、結婚する前にはもっとずっと優しくて思いやりのある人だったことを覚えているのです。彼らは今ずっと優しくなく、思いやりにも欠けているという不満を言います。

 

 

パートナーは本当に変わってしまったのでしょうか?あるいは変わったのはあなたの認識の方でしょうか?あなたが変わってしまったのでしょうか?二人とも変わってしまったのでしょうか?たくさんの可能性があります。どれが正解か知ることは困難です。あるいは、その原因は一つだけではないのかもしれません。または、外的要因があなた方二人に影響したのかもしれません。これら全てが当てはまるのかもしれません。

 

 

ハーヴィル・ヘンドリックスは、彼の革新的な本”Getting the Love You Want”の中で結婚にはいくつかの段階が存在していると指摘しています。最初のステージ「ロマンティック・ラブ」では、優しさや光が見えます。最高の気分で、人生は素晴らしいと感じ、お互いの良いところを引き出そうとします。2番目のステージ「権力争い」はそんなに良いものではありません。気分が悪くなり、人生は大変だと感じ、お互いの悪いところを引き出すようになります。

 

 

ヘンドリックスは、権力争いは全ての関係性において避けることができないものだとしています。良い結婚へのゴールは、権力争いから抜け出し、「本当の愛」へと移行することです。

 

 

ジョージア大学の研究チームがこの理論を裏付けています。。

 

 

彼らの研究は結婚当初に起きる大きな性格の変化を提示しています。最も目立った変化は、夫と妻が好意的でなくなるということです。

 

 

これはヘンドリックスの理論とぴったり一致します。

 

ジョージアのグループは、169組の異性同士の新婚夫婦の初めの18ヶ月を調査しました。彼らは大きな性格の変化を発見しました。良いものもあれば、悪いものもありました。

 

 

もちろんこれらの変化は「平均」です。全ての人があらゆる方向に変化したわけではありませんが、全てのカップルを合わせ考えてみると、平均的な変化が見えてきました。

 

 

良い面では

 

(1) 夫が誠実になる、そして

(2) 妻が心配したり、落ち込んだり、怒ったりすることが減る

 

 

夫はより一生懸命働くようになり、責任感が強まります。これは理解できます。彼らは新しい役目を引き受けるのです。妻は気が楽になり、より安定した愛情を持ち、感情の起伏に耐えられるようになります。

 

 

 

しかし、あまり良くない面では

 

(1) 夫は外交的でなくなり、そして最悪なことに、

(2) 夫も妻も好意的でなくなります。

 

 

外交的でなくなるのはわかります。夫たちは家で過ごす時間が長くなり、社会的に交際する時間が減ります。

 

 

しかし、感じの良さが減るというのは本当に残念な発見です。みなさんそうでないといいと思いませんか?

 

 

しかしこれは現実味を帯びています。多くの人がこれを経験しています。交際期間の良い行いが消えていき、昔の悪い癖が復活してきます。ハーヴィル・ヘンドリックスはこれを「ロマンティック・ラブ」から「権力争い」への避けられない変化だと言うでしょう。

 

 

私は、カップルが「愛のサイクル」から外れ、「恐怖のサイクル」に入り込んだ時にこうなると思います。「愛のサイクル」は心地よさを生み出します。「恐怖のサイクル」はその逆を作り出します。

 

 

この研究は、このようなことがほとんどの人に起こると言っています。そしてそれは最初の18ヶ月間の中で始まります。

 

 

しかし、だからと言ってそれを逆転させることができないというわけではありません。できます。すべきです。きっと、そうしてよかったと思うでしょう。


恋愛はLGBTの若者たちの精神の健康を守れるか?

新しい研究はそれが可能だと示唆している?

 

近年社会の受容度が増してきているとはいえ、レズビアンやゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の人たちは未だに自らの性的嗜好により偏見や差別、不当な扱いを経験しています。LGBTの若者たちに対しては、友人からのいじめや家族からの拒絶がよく起こっています。当然、これは精神的苦痛やうつ病のような精神健康上の問題を引き起こします。

 

 

諸々のことが相まって、私はLGBTの若者たちにポジティブな精神状態を持たせるような方法を見つけることに興味を持ちました。そして『異常心理学ジャーナル』に掲載された最近の研究で、恋愛(つまり、恋愛関係にあること)はLGBTの若者たちを、彼らが不当な扱いを受けることによって生じる精神への悪影響から守る一つの手段となり得るということを発見しました。

 

 

この論文では、私(と同僚のクリスティーナ・ダイアー、マイケル・ニューカム)はノースウェスタン大学の性的マイノリティの健康と幸福のための機関所長であるブライアン・ムスタンスキが行なったプロジェクトQ2のデータを使いました。プロジェクトQ2では、248人のLGBTの若者が16歳から20歳の時から5年間に渡って8項目のインタビューを受けました。そのインタビューでは、若者たちは恋愛関係を持っているかどうか、LGBTであることによってどのくらい不当な扱いを受けたか、どのくらい精神的苦痛を感じているかということを報告しました。

 

 

 

我々は2つの重要なことを発見しました。

 

まず、レズビアンとゲイの若者は、恋愛関係にある時には、シングルの時よりも精神的苦痛を感じていません。これは特に黒人とラテン系の若者に顕著でした。白人以外のLGBTの人たちは性的にも民族的にもマイノリティであることから相当苦労しているため、これはとても重要なことです。しかし、これはバイセクシャルの若者には当てはまりませんでした。(詳しくは後述)

 

 

次に、この研究が対象として全ての若者にとって、恋愛関係にあることはLGBT関連の不当な扱いによる精神への悪影響を軽減するということです。これについてはもう少し説明させてください。若者がシングルの時には、性的嗜好のせいで起こるいじめや脅し、暴力が多くなればなるほど、彼らの苦しみも増す傾向があります。しかし、誰かとお付き合いをしている時には、不当な扱いはもはや精神的苦痛に繋がらないのです。

 

 

これらの結果はワクワクするものです。なぜなら恋愛関係がたくさんのLGBTの若者を精神的苦痛から救うことができることを示唆しているからです。誰かとお付き合いすることはゲイとレズビアンの若者たちの精神的幸福を促進するだけでなく、いじめやその他の不当な扱いによる悪影響を緩和し得るのです。我々はこの緩和作用がどのように生じているのかについては詳しく調査していませんが、若者たちは何か悪いことが起こった時にパートナーから慰めてもらったり、社会的なサポートを得ることができると考えられます。

 

 

この研究結果は、一般的に知られている、結婚が異性愛者の大人に与える好影響と一致します。結婚することは人を健康で幸せにする傾向があります。しかし、この研究が行われる前には、ゲイやレズビアンの人が恋愛から同じような利益を得ることができるかどうか定かではありませんでした。特に同性間の関係では、異性間の結婚と同じようには経済面、法律面の利益を得ることができず、他者からの理解も得づらいからです。また、この発見は歴史的にずっと不健全だと言われてきたLGBT交際についての否定的な考えを払拭する助けになります。

 

 

一つ注意しなければならないことは、恋愛の恩恵はバイセクシャルの若者には見られなかったということです。実際、バイセクシャルの参加者たちは、シングルの時よりも恋愛をしている時の方が苦しみが(減るのではなく)増していました。なぜこのようなことが起きるのかは定かではありませんが、バイセクシャルの人たちについては、異性愛者からもゲイやレズビアンの人たちからもバイセクシャルは「本当の」性的嗜好ではないと言われたり、一時的な状態でしかないと言われたりすることと関係があるのかもしれません。時には恋愛関係に発展することでこれが悪化することもあり得ます。なぜなら、皆(パートナーも含めて)その人のパートナーの性別により、バイセクシャルの人は今は異性愛者だとかゲイやレズビアンだと見られるためです。また、バイセクシャルの人たちは、一人のパートナーに尽くすことができず、性的にふしだらだと言われるようなネガティブな固定観念にも向き合っています。誰かとお付き合いを始めると、このような固定観念をさらに感じるようになるのでしょう。

 

 

しかし、全体としては、この研究結果は恋愛関係がゲイやレズビアンの若者たちにとって好ましい経験であり、性的マイノリティであることに関連するストレスに対処する助けになっているということを示しています。私の意見では、これは私たちがLGBTの若者の間で健全な関係を持つことを推奨するための行動力を育て、支えていくべきだということを意味していると思います。LGBTの若者たちの間での交際を推奨するための努力(例えばゲイ・プロむのようにLGBTに焦点を当てたソーシャルイベントを計画することなど)と、健全な関係を築くためのスキルを教えることは、彼らが直面している精神健康上の問題を減らす期待ができます。


1 2 3