心配性と鬱に効く、自然治療とは?リラックスして、再充電、再びみんなと繋がれる、自然な方法を見つけましょう

「携帯の通知を切って、聞きたくないニュースを一日や二日無視してみたら」と言うのは簡単かもしれませんが、実際はそんな風に上手くいかないものです。

 

多くの人は携帯を仕事や子供たちとも連絡に使っていたり、彼らにとって大事な人達と連絡を取り合う為にソーシャルメディアを使っている人もいます。単に携帯をオフにすることが出来ずに、多くの人はストレスを和らげる為にドラッグに走ってしまうのです。

 

ドラッグはあなたを憂鬱な状態から抜け出させてくれますが、その後にはあなたが夜ゆっくり眠れる様に落ち着かせてくれる人が必要になるかもしれません。ドラッグはあなたの不安を抑えられるかもしれませんが、あなたを疲れさせて、必要なエネルギーが湧かずに日常生活に支障が出るようになります。

 

多くの人にとってドラッグは神からの授かり物のようなもので、脳内の不安定状態を調整する手助けとなるものですが、他の多くの人にとって、ドラッグはより多くの問題を起こし、更には抱えている問題を悪化させてしまうものなのです。

 

 

もし調子が良くなく、不安が日常生活を妨げ、やるべきことに集中することさえ困難になったとしても、絶望しないで下さい。あなたの精神や心を和らげ、より効果的に集中出来る様にあなたが出来る自然な方法は数多くあります。

 

この記事は同毒療法でも、鍼療法でもありませんし、大きな製薬業界から選ぶ代替薬品などではありません。この記事で取り上げるのは、あなたがあなた自身の中に生まれながらにあるパワーを利用し、あなたの思考や身体を今までと違う方法でどのように使うのかを学ぶことについてです。

 

 

これらの多くのテクニックは、自己催眠の方法に基づいています。もしあなたが催眠術を聞いたことがない、又は催眠療法士に会ったことがない場合は、催眠とは新しい方法で異なる思考部分を活用する自然なアプローチであると考えて下さい。

 

 

あなたの意識によって言い逃れを強制されたり悪い習慣を繰り返す(これは通常、自分の最大の関心事とはなりません)代わりに、催眠療法はあなたの潜在意識にあるものを解放する手伝いをしてくれます。この自然の治療者である潜在意識は、あなたが意識するまではずっと舞台裏に留まっていることが多いのです。

 

 

そのプロセスを始める為には、数分間の静かな時間を作ることが大切で、それは出来るだけ毎日することが理想です。最適な時間帯は朝、一日が始まる前です。多くの人は仕事や家族の為にとても早く起きているので、無理してこれを夜中3時に起きる様な努力はしないで下さい。もちろん他の時間帯でも効果はきちんとあります。重要なのは、あなたが全く邪魔されることなく集中出来る時間を確保するということです。

 

 

まずは快適に座れる場所を探しましょう。背もたれがあり、足がしっかり地面につくことを確認して下さい。足や腕を組んではいけません。足は地面にリラックスした状態でついて、手は膝の上か椅子の肘掛けに置いて下さい。目は開けたままで、ゆっくり深呼吸することから始めましょう。呼吸を意識して、空気が身体に入り、お腹を満たし、身体から出て行くのを想像してみて下さい。息を吸うときは綺麗でフレッシュな空気が入ってくるのを想像し、出て行く空気は身体の不純物やネガティブさ、ストレスを含んだものであると考えてみましょう。

 

1〜2分は呼吸を意識することだけに集中して下さい。

 

次は、3回ゆっくりと落ち着いた息を吸って吐き出します。息は鼻から吸って、口から出す様にして下さい。そして3回目の時には目を閉じる様にしましょう。

 

ただ座って、深呼吸だけします。あなたの身体に意識を向けてみましょう。そうするとあなたがどのように椅子に座っているのか分かる様になります。快適で、しっかりと支えられている状態であることを確認して下さい。もっと腕をリラックスさせてみましょう…そして椅子に身体をもっと深くあずけてみましょう。身体的により快適でリラックスした状態になれるようにして下さい。

 

 

一度とてもリラックスすると、あなたの頭に溢れている考えに気付く様になります。頭は静かな状態を好まないので、いつも何か考えること掘り出します。

 

夜、横になっても眠れずにいて、思考がコントロール出来なくなった経験がある人なら誰でも、この状態がどの様なものなのか分かると思います。思考に意識を傾けるものの、執着しないように注意して下さい。考えがあなたの頭に浮かぶのは許しつつ、優しく押し返す様にしてみましょう。私はここで箒を思い浮かべるのが気に入っています。考えを端から掃き出してしまうような状態をイメージしてみましょう。

 

 

穏やかに座り、呼吸し続けられる様になったら(2〜5分掛かるかもしれません)、マントラ(繰り返し唱えられる言葉)を自分に言い聞かせてみましょう。

 

「私は穏やかに感じています。とても平和な状態にいます。私は自分に起こること全てに対処することが出来ます」というのは例の一つです。心が安らかになるものであればどんな言葉でも構いませんが、あなたが正しいと思える内容にしましょう。

 

もしあなたが「私は大金持ち」と言い聞かせても自分が本当にそうではない場合、脳はその考えを拒否してしまいます。表現法/語法はあなたによって信じられるものでなければいけません。マントラをしっかり1分間何度も繰り返しましょう。「私はリラックスしています。私は思考をコントロール出来るし、私に安らぎをもたらしてくれるものに集中するよう選び取っていきます」というのはまたもう一つの例です。

 

 

もしこれを毎日行えば、このリラックスした状態をよりしっかりと実感出来る様になるでしょう。出来れば一日一回以上行うのが理想ですが、まずはきちんと初めて続けていく為に一日一回から始めてみましょう。

 

 

練習すればするほど、ストレスや不安を感じた際にも働く強さがつくようになるでしょう。新しく、より穏やかなあなたが少しずつ形成されて、心配性だったあなたをゆっくりでも確実に置き換えられるようになるでしょう。

 

 

孤独を感じる?歌うことが楽しい治療法に?地位社会の合唱団に参加することで、孤独感を減らし人生に対する熱意を高める可能性がある?

 2つの新しい研究が、グループで歌うことの心理学的および全体的健康利益にスポットライトを当てています。約3,250万人の米国の大人が、ある種の合唱団の中で定期的に歌を歌っているにもかかわらず、地域社会で歌うことは、デジタル機器の電源を切り、ほかの人とつながり、孤独感や社会から孤立を感じることを減らすよく見落とされる方法の一つです。この新しい研究は、地域社会で歌うことが人のメンタルヘルスを改善する有効な介入であることを示す、多くの根拠を付け加えました。

 

 

 

 アイオワ州立大学の研究者たちによる新しい予備研究からの予備調査結果によると、グループで歌う1時間は、いわゆる「ストレスホルモン」であるコルチゾールを著しく減少させ、パーキンソン病に苦しむ患者の悲しみや不安の感覚の減少に関係性がありました。歌うことはさらに、パーキンソン患者の運動機能や動きの流動性を改善するようです。これらの今までに類を見ない調査結果は、アイオワ州立大学通信社により、11月8日に報告されました。

 

 

 

 この研究は、3名のISUチームにより実行されました。3名はそれぞれ、音楽セラピストであり運動学部の准教授のエリザベス・ステグモラー、人間発達・家族学の准教授、エリザベス・「バーディー」・シャークリフ、運動学と心理学の大学院生、アンドリュー・ザマンです。

 

 

 

 本研究のために、このアイオワ州立大学の3人組は、ステグモラー率いる現在進行中の療法的歌唱グループのメンバーである、17名の研究参加者を採用しました。特に、この研究者たちは、1時間の歌唱セッションの後で、コルチゾールのバイオマーカーがグループメンバーの間で著しく下がったことを発見しました。

 

 

 

 「コルチゾールが減少する理由の一部は、歌唱参加者はポジティブに感じ、グループのほかのメンバーと歌う活動でストレスを感じることが少ないからであると思われます。このことは、私たちが愛情ホルモンのオキシトシンに注目できることを示しています」とシャークリフは発言しています。「私たちはさらに、心拍数や心拍変動に注目し、これらは歌を歌った後、被験者がどれくらい落ち着き、生理学的にリラックスするか、私たちに教えてくれます。」

 

 

 

 これらの初期成果は有望ですが、さらなる研究が、これらの心理学的および生理学的利益を触発する正確なメカニズムを特定するために必要です。この分野の研究者たちは現在、血液のサンプルを分析し、オキシトシンの増加レベルおよび別の要因が、定期的にグループで歌を歌う、パーキンソン病を患う人たちのムードや動きを改善することに関連しているのかどうか、突き止めようとしています。

 

 

 

 以下のTedXの講義では、ステグモラーは音楽療法における脳の利益について議論しています。

 

 

 

一緒に歌う年配の大人は、孤独を感じることが少なく、生きている幸せを多く感じる

 

 

 

 グループで歌う利点に関する2つ目の新しい研究『さまざまな年配の大人の間で幸福感を高める、地域社会の合唱団の介入:ボイシーズ・トライアルのコミュニティーからの結果』が、『老年学のジャーナル:シリーズB』により11月9日に発表されました。この研究の目的は、「人種および民族的に多様な年配の大人の健康、幸福、およびヘルスケアにかかる費用に関する、地域合唱団の介入効果をテストすること」でした。

 

 

 

 コミュニティー・オブ・ボイシーズ/コミュニダード・デ・ボケズは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者たちによって率いられた、多文化研究の協力であり、地域社会の合唱団で歌うことが、費用効率が良く、さまざまな背景を持つ年配の大人に関して生活の質を改善する、アートベースの社会的介入であるのかどうか、調査する過程にあります。合唱団の各12組のコミュニティーが、プロの聖歌隊指揮者および伴奏者たちによって率いられ、各場所の人口統計に合わせて文化的に調整されました。これらの宗教とは関係のない合唱団は、幅広い歌唱力をもつ人にふさわしく、合唱メンバーが委縮してしまわないように、専門的技能を和らげるのに十分な、ただ挑戦してみようという「流れ」を意図的に作り出すよう計画されました。

 

 

 

 2015年米国国勢調査局の報告によると、米国国民総計の約15パーセント(5,000万人)は、3年前で65歳かそれ以上の年齢になりました。65歳以上の人口統計は、特に社会的孤立を感じたり、孤独を感じたりすることに対して弱く、これらは鬱や病弱な結果に関連しています。

 

 

 

 「私たちの現在の健康および社会的システムは、年配の大人の急速に増え続ける人口を支援する助けとなる準備ができていません」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校看護学校の副学部長および教授である、筆頭著者ジュリーン・ジョンソンは声明の中で述べています。近年では、ジョンソンは、年配の大人が幸福感を得るために合唱団で歌うことのよく見落とされる利点にスポットライトを当てるため、根拠に基づいた研究に自身を捧げました。「孤独や社会的孤立を体験する高い割合があり、鬱もまた比較的高い割合です。年配の大人が地域社会に参加し続け、つながり続ける助けとなるため、新しいアプローチを発展させる必要性があります」と彼女は述べている。

 

 

 

 90分間の地域社会での合唱セッションは、市民の気楽なパフォーマンスのための、特定のリサイタルを練習することを目的としていました。6カ月間の研究で、それぞれの歌手は、心理学的心の状態と全体的感情の幸福感を自己申告しました。これらのアンケートを査定した後、研究者たちは地域社会の合唱団で歌った年配の大人は、社会的孤立の知覚を体験することが著しく少なく、「人生の興味」を体験することが著しく多い、という結果を発見しました。

 

 

 

 著者は以下のように結論付けています。「私たちの発見は、さまざまな年配の大人の間で、孤独を減少させ、人生の興味を上昇させる、地域社会の合唱団の採用を支持しています。さらなる努力が、合唱団への参加が年配の大人の間で幸福の側面を改善し、健康格差を減少させるメカニズムを調査するのに必要ですし、これには、長期の潜在的取り組みも含まれます。」

 

 

 

 一緒に歌うことは、さまざまな職業および地位の人々が共に集まって楽しむための、最も古くからある楽しい方法の一つです。地域社会の合唱団で歌うことは、どのように私たちの全体の幸福とメンタルヘルスの利益となるのか、正確に知るにはさらに研究が必要ですが、最新の研究は、誰かと歌うことは、私たちを孤独にし分かつバリアを破るための、薬のいらない完璧な治療法になる可能性があることを、思い出させてくれるものとして働いています。

自分とパートナーの楽しみは半々に?

与える、受けとるのバランスをとりましょう。

 

 

あなたは長い一日を過ごしていました。

 

 

あなたがしたい事といえば、テレビの前で無為に過ごしてから寝るだけです。

 

 

あなたのパートナーは、あなたと横に座って、寄り添っています。そして、いつもロマンスの気分になっているときにそうするように、触れ始めます。ではあなたは何をしますか?

 

 

  1. あなたには今夜はそういう気分がないが、もう一度その機会を作ってほしいことを正直に伝えます。

 

 

  1. あなたがそういう気分になっていなくても、同じようにしてあげます。あなたはすでにあなたがそれを楽しむことはないことを知っています – ただあなたの心にはあまりにも多くの事があるからです。

 

 

 

  1. あなたが気分になっていなくても、同じようにしてあげます。あなたの気分を誰かが知っているでしょう、おそらくあなたのパートナーはあなたを興奮させることができ、そして、あなたはすべてが終わった後には、きっと楽しかったということになるでしょう。

 

 

どんな反応が正しいか疑問に思っているならば、それらのどれもがすべての状況において絶対に正しいとは理解してはいけません。

 

 

しかし、あなたが現在選択していることは、特にこれらの回答の1つがあなたにとって習慣になっている場合、あなたの関係の大元に影響を与える可能性があります。

 

 

答え「A」は、パートナーのニーズよりも自分のニーズを優先していることを意味します。

 

 

時にはこれが必要です。あなたのニーズに常に気を配っているなら、パートナーはあなたを理解してくれるでしょう。

 

 

しかし、常にあなたのパートナーのニーズよりも前にあなたのニーズを優先させる場合、あなたの関係は困ったことになります。

 

 

あなたのパートナーが、関係に満足していないときは、少なくともこの先が長くないでしょう。

 

 

答え「B」は、あなた自身を犠牲にして、パートナーのニーズを満たすことを意味します。

 

 

あなたのパートナーのために時々、自分を犠牲にすることは良いことです。

 

 

パートナーは望むものを手に入れ、あなたは彼らが満足していることを知って嬉しいと思うことができます。

 

 

しかし、それが通常化しつつあることになっているならば、あなたの関係は問題になります。あなたは常にあなたが与えるが、決して受け取らない関係では幸せにはなりません。そしてあなたのパートナーもそれほど幸せではありません。

 

 

答「C」は、パートナーのニーズを満たす意思があることを意味しますが、自分のニーズにも見えます。

 

 

研究は、この中間のアプローチが、あなたとあなたのパートナーの長期的な関係の満足度を高める可能性が高いことを示唆しています。

 

 

トロント大学の心理学者Emily Impett氏と彼女の同僚は、社会的および個人的な関係について最近の記事で、あなたのパートナーの性的ニーズを自分のものよりも優先させることのコストと利点を探りました。

 

 

研究のために、彼らは少なくとも2年間、排他的であった122組のカップルを募集しました。

 

 

参加者の年齢は19歳から67歳の範囲で、カップル歴は2年から48年でした。約半数は結婚し、残りの半分は同居していました。

 

 

21日間の各日、各パートナーは調査にとって、リンクした電子メールを受け取り、就寝前にそれを完了するように指示されました。

 

 

最初に、彼らは、関係の満足度、ポジティブおよびネガティブな気分、性的欲求を探求する一連の質問に答えました。

 

 

これに続いて、「今日あなたのパートナーとセックスしましたか?」という簡単なイエス/ノーの質問が続きました。この場合は、研究をした21日間で平均3.5回、つまり一週間に1回強でした。しかしながら回答では、0(3週間まったくなし!)から17(ほとんど毎日!)がありました。

 

 

 

次に、この研究の重要な質問が来ました。

 

 

具体的には、研究者たちは、性的な共同体の強さと不快な性的な交わりというものを見ていました。

 

 

簡単な言葉で言えば、性的共同体力とは、あなた自身のことを念頭に置きながら、パートナーのニーズを満たすための努力を意味します。 (これは上記の「C」の回答になります)。性的共同体力は「性交渉中に私のパートナーのニーズを満たすことが私にとって最優先事項だった」などの回答によって測定されました。

 

 

逆に言いかえれば、性交渉はあなたのパートナーのニーズを満たすことと関連していますが、自分のニーズは満たされていません。 (これは上記の 「B」の回答になります)。性交中は、性的にはパートナーのニーズと矛盾すると自分のニーズを満たすことができませんでした。

 

 

最後に、研究者は以下を測定しました:

 

 

ポジティブなパートナーに焦点を当てた性的手がかりです:質問には、「性行為中、私のパートナーは私のニーズに反応しました」などの項目が含まれていました。

 

 

パートナーに焦点を当てた性的な手がかりは、性的な共同体の強さ、性的行為などです。

 

 

負の自己中心性の性的手がかりについてです:質問には、「性行為中に、煩わしい考えが出てきて集中しなくなった」などの項目が含まれていました。

 

ネガティブな自己中心性の性的手がかりは、不満足な性的行為、すなわち性的行為からの分離感を示唆しています。

 

 

性的満足度:「あなたのパートナーとのあなたの性行為はどの程度満足していましたか」などの質問が含まれています。これらの項目は、性的な関係ではなく、特定の性的体験に対する満足度を測定したものです。

 

 

最初の結果は、すべての良い恋人、夫婦がすでに知っていることを示しました。

 

 

あなたのパートナーを喜ばせることは、楽しみの半分です。言い換えれば、あなたのパートナーのニーズを満たすために努力し、あなたのパートナーがあなたのニーズを満たすために努力すると、どちらも性的満足と満足感が増します。

 

 

したがって、あなたのパートナーのニーズに焦点を当て、お互いに信頼し合い、お互いに返し合うこと、それは少なくとも健全で親密な関係についての鍵の1つです。

 

 

しかし、2番目の結果は研究者を驚かせました。

 

 

彼らは、疎外された性交渉が、その夫婦カップルの双方のメンバーの性的および関係満足度の低下につながることが結果に出てくると予想していました。言い換えれば、あなたがそれを楽しむことなく動くだけであれば、あなたのパートナーは何かが不足していると感じて不満を感じるでしょう。しかし、これはまさに彼らが見つけたパターンではなかったのです。

 

 

慣れ親しんだパートナーのニーズを満たし、自分のニーズが満たされないようにすると、性的な関係など、関係のすべての側面に満足することは少なくなります。

 

しかし、あなたのパートナーは必ずしも不幸ではありません。お互いのニーズを相互に満たすカップルのメンバーと同様に、彼らは支えられている感を経験はしません。

 

代わりに、彼らは満足感の変化も報告しません。要するに、あなたのパートナーのニーズの為に常に自分を犠牲にしてしまうと、あなたは悲惨にも、あなたのパートナーはあなたの犠牲をそれほど高く評価しないでしょう。

 

 

研究者は以前の研究から、パートナーのために自分のニーズを定期的に犠牲にする人々は、自尊心が低いことに苦しんでいることに気付いていました。

 

 

彼らはしばしば、自分のニーズが満たされていないと感じる、または極度の犠牲を払わなければ価値がないと感じると報告されています。

 

 

この考え方は個人にとって、多大な害を及ぼすものであり、相手方にもあまり良いことはありません。

 

 

確かに、自尊心は石のように固いわけではないというのが現実です。

 

 

あなたのニーズが満たされていないと感じたら、なぜあなたはそのように感じるのかについての自己を振り返る必要があります。

 

 

おそらくあなた自身で、または自己助力の文献の助けを借りて、これを行うことができますが、信頼できる友人、牧師、またはカウンセラーは、自己の成長を追求する上で重要な味方です。

 

 

健全な関係には、常に与えると受け取るが含まれます。

 

 

私たちのパートナーのための私たちの愛は、彼らのニーズを満たすために犠牲を払って成長します。

 

 

しかし、やや自分本位であることも良いことです。私たち自身のニーズも満たす必要があります。

 

 

あなたのパートナーに必要なものを知らせることを恐れないでください。あなたは関係性の上で満足するに値し、そしてあなたのパートナーは同様にまたより幸せになることでしょう。

“もしも、こうだったらなら…”の心理学 正しい過去の振り返り方とは?

時間を追って行けば、または「反証的な」思考では、結果が混在する可能性があります。

 

 

時に振り返る作業をすれば、物事がどう改善されたかを我々は考えます。

 

 

  • 私が高校のとき、演劇で、そのパートをやっていたら、アイビーリーグの学校で素晴らしい演劇プログラムに入ったでしょう…

 

 

  • 私のボーイフレンドが違う学校に転校したならば…それか私はまだ彼と一緒だった場合、私の人生はずっと良かっただろうと思う…

 

 

  • 私が20代のころ、この仕事の代わりに他の仕事をしたかったと思います。ただ、20代のころはそう思いませんでしたが、もしそうだったなら、私の人生は100%改善されたはず。

 

 

この思考を、私たちは “上向き”の反作用的な思考と呼びますが、同時にその時、あなたは、落ち込んでいる可能性があります。

 

 

私たちが振り返るときには、私たちの状況が悪化している可能性があると考えているのです。

 

 

逆に、

 

 

  • 振り返ってみると、私は中等教育を専攻しました。私は高校生を教えることが大好きで、毎夏に旅行するのが大好きです。振り返ってみると、これは私にとって完璧な仕事でした!

 

 

  • 夫と別れてハロルドと一緒になったことに毎日、私は感謝しています。離婚はストレスがあり、物事はしばらくトリッキーでしたが、私がそこにとどまっていたなら、私は悲惨な状況になっていました。

 

 

  • 私は20代にいたときに気まぐれにカリフォルニアに移住することを選んだことをとてもうれしく思います!当時、それは狂った考えのように思えました。今、私は素晴らしい家族と素晴らしい仕事をしています。そして、私は週に5日サーフィンをします。今までの最高の決定でした!

 

 

私たちはこれを「下向き」の逆説的思考と呼びます。実際にはかなり盛り上がるかもしれません。

 

 

下向きの思考の利点として様々な研究により、下向きの逆説的思考は、上向きの逆説的思考と比較して、心理的健康とより関連している傾向があることが分かっています。

 

 

下向きの事実上の思考が否定的な感情につながる場合、人々は生産的な行動をとるよう動機づけられます。そして、逆説的な思考が正の感情につながるとき、人々はある程度の人生の満足を感じるのです。

 

 

反事実的思考を探求した最近の研究で、ローレン・ステューダー(2016)は、心理学における私たちの大学院プログラムの卒業生は、親密な関係にある下向きの反事実的思考が相対的に正の関係があることがわかりました、たとえば関係の満足度になります(a result that parallels a past finding from my own research team’s work; see Geher et al., 2005)。

 

 

興味深いことに、女性が男性よりも特有の下向きの事実に基づく考え方になる可能性が高いことを発見しました。

 

 

言い換えれば、過去の関係を最善のものにできるのは女性が男性より多かったのです。ですので男性はこのような考え方に慣れていないようです。

 

 

 

上向きの反事実思考の利益とコスト

 

 

上向きの事実に基づく考え方には、いくつかの利点があります。あなたが試験のために勉強しなかった場合、次回に試験が予定されているときに、この事実をよく考えるかもしれません。そして、次回に効果的に勉強するための動機となりえます。

 

 

これは、上向きの事実上の思考はしばしば悲観的なスタイルに関連していると言いました。そして、比較的低いレベルの満足になることが分かっています。

 

 

だから、あなたが何か混乱させたことを考え直すことは、本当に人生の幸福と満足のための素晴らしい方程式とはなりません。

 

 

ひとつの方向

 

 

反芻はうつ病の特徴である。

 

 

反芻は、心理的な生活の中で、逆の事実上の思考をすることができます。このような思考が、「私は本当に台無しになった」心理によって特徴づけられ、自分の毎日の心理に浸透するようになると、否定が続きます。

 

 

あなたがこのような上向きの事実を考えていて、このトラップを自分で見つけたら、本当にそのトラップから抜け出し、前進するための措置を講じるべきです。

 

 

一日の終わりに、あなたが何年も前にやったことは、過去は過去であり、時間は一方向にしか動きません。そのうち、私たちは確信できるようになるのです。

 

 

 

ボトムライン

 

 

ある程度、あなたの人生は、あなたが作った選択肢の合計である、と考えることができるようになります。もちろん、いくつかの選択肢が他の選択肢よりも優れていることはあります。

 

 

過去の決定を振り返ること(つまり、反論的思考に従事する)は、人間にとっては自然なことです。

 

 

そして、上記のように、すべてが悪いわけではありません。

 

 

あなたが過去にいろいろなことをして生活していて、もっとうまくやったかもしれないひとつの事柄に集中しているのなら、未来はもっと難しいことになっているかもしれません。

 

 

結局のところ、これは一方通行なのです。そして、この旅路は、比較的、簡潔なものなのです。


自撮りの投稿は、有害になる?

若い女性にとって、自撮りを投稿することで自信が低下し、不安が増えます。

 

 

2015年には、ソーシャルメディアの利用に関する統計がインターネット上で注目を集めました。

 

 

「サメに襲われて死ぬ人よりも多くの人々が自尊心を失って死んでしまった」というものです。

 

 

あえて言うならば、自尊心やサメの攻撃で死ぬ人はほとんどいません。

 

 

ソーシャルメディアの利用が精神的な衛生に重大な障害をもたらす可能性があることを示唆しているのです。新しい研究では、気分や自信を低下させる活動として自撮りに注目をしています。

 

 

ソーシャルメディアの利用は、うつ病、不安、身体的な不満や、および外見への関心の高まりにつながっていると考えられています。

 

 

ソーシャルメディアの影響はかなり広いものですが、若い女性(ソーシャルメディアの最も多いユーザー)が特に苦労しているようなのです。

 

 

より頻回にわたるソーシャルメディアの利用と、精神的衛生の低下との関連を示す研究の多くが相関しています。

 

 

そして、私の生徒は相関についてこう言うことでしょう:相関は因果関係に等しくありません。

 

 

言い換えれば、ソーシャルメディアの利用が否定的な結果と相関しているという理由だけで、それらの結果を引き起こしているというわけではありません。

 

 

うつ病、不安、貧しい身体的イメージなどが、ソーシャルメディアの利用を促進する可能性があります。あなたが落ち込んでいると感じたら、悲しみの気持ちを和らげるためにオンラインで人とつながりたいと思うかもしれません。

 

 

あなたが貧しい体のイメージに苦労している場合、あなたはあなたの見た目について他人からの肯定的なフィードバックを得るために、魅力的な写真を投稿しようとするかもしれません。

 

 

ソーシャルメディアの利用による因果関係を本当に理解したい場合は、参加者をランダムに割り当てる必要があります。

 

 

ジャーナルボディイメージに掲載された最近の研究では、このタイプの実験デザインを使用して、ソーシャルメディア活動の最も非難された形の1つ、つまり自撮り記事について掲載しています。

 

 

 

 

まず、いくつかの背景は、しばしばインプレッション管理と呼ばれるものの形式として自撮りで使用されます。

 

 

見たいと思うように他の人に影響を与えようとしているときはいつでも、印象管理になるのです。

 

 

そして誰もがインプレッション管理に従事しています。インプレッション管理においては、ソーシャルメディアへの投稿は1つの方法に過ぎません。

 

 

若い女性とのインタビューで、インプレッション管理はソーシャルメディアを使用する主な理由の1つであることが明らかになりました。

 

 

確かに、若い女性はソーシャルメディアをこのように使用する唯一のグループではありません。

 

 

しかし、他の人口統計グループよりも自分自身の写真を投稿しているのです。

 

 

英国の16歳から25歳までの女性に対する最近の調査の1つとして、多くの人が1週間に数時間、自撮りを取ったり、編集したり、投稿したりしていることが分かりました。

 

 

そこで、手元の研究に戻ってみましょう。この研究では、ヨーク大学の研究者が率いる16歳から29歳のカナダ人女性113人が参加しました。

 

 

研究者は彼らにiPadを与えました。参加者は気分の尺度を完成させ、彼ら自身についてどのように感じたのか。

 

 

各女性は3つの異なる条件のうち1つをランダムに割り当てられました。 「手を触れられていない自閉症」状態では、研究者は女性に顔の写真を1枚撮り、FacebookまたはInstagramのプロフィールに投稿するよう頼みました。

 

 

「リタッチの自撮り」状態では、女性は望むだけ多くの写真を撮ることができ、写真を投稿する前に写真を変更するための写真編集アプリが表示されました。

 

 

そして、女性は旅行場所に関するiPadのニュース記事を読んで、写真を撮ったり、ソーシャルメディアアカウントにログインしたりすることはありませんでした。

 

 

結果として、女性がイメージをリタッチすることが許されたかどうかは問題ではありませんでした。セルフポスティンググループの両方においては、不安の増加および信頼性の低下を示しました。

 

 

彼女らはまた、自撮りを投稿した後、魅力的ではないと感じました。いくつかの変数(うつ病のような)はセルフ・ポスティングの影響を受けていないようなのですが、測定された変数のどれもセルフ・ポスティングの肯定的な心理的影響の証拠を示すことはありませんでした。

 

 

これらの発見はどう解釈したらよいのでしょうか?

 

 

まず、若い女性(または誰か)がソーシャルメディアのために恥知らずにならないことが不可欠です。

 

 

女性にそのような絶えず精査されているような世界に住むように依頼するのは公正ではありません。

 

 

さらに、女性の中には、自信を持ってポーズを取ったり、編集したり、掲示したりするプロセスがあるかもしれません。

 

 

しかし、私たちが取り組んでいる活動の多くは、現時点で楽しいように思えるかもしれませんが、私たちの精神的衛生に悪影響を及ぼす可能性があるという事実を考慮する必要があります。

 

 

そのため、特に、食べ物の懸念や不安、うつ病に脆弱な若い女性の場合には、自撮りを制限することを推奨します。

ミッドライフクライシス(中年の危機)は、考える必要無し?

まず、人生の中盤、新しい幸せの基準は、基準自体が存在していないとする理由を示しています。

 

 

 

あなたは間違いなく、中年における危機的な状況と、大人の幸福観に関する大規模な研究について聞いたことがあるでしょう。

 

 

中年以降の人格を研究する心理学者は、生涯の中盤期において、幸福観が低下し、不幸観がピークになる、いわゆるU字型曲線について、エコノミストとは異なる結論を導いています。

 

 

この議論の多くは、水と油のようであり、エコノミストは単一項目の幸福評価を見ており、心理学者はより深い適応と性格を見て、人が40歳(研究に応じて45歳、または50歳)に達すると、突然、健康が崩れるかどうかに注視しています。

 

 

更なる批判は、(「幸福曲線」を唱えた)ジョナサン・ラウシュが認めたように、危機の存在が彼に「彼の憂鬱を見つけるのを助けた」のだと述べています。

 

 

あなたの不幸は、単なる「事」であって、あなたの人生にとって唯一のものではないということを証明できたことは、良いことです。

 

 

他の場所で議論されているものに惑わされずに、大人の新しい幸福観について見てみましょう。

 

 

ウェルカムセンターカルチャーアンドエンヴァイロメンツアンドヘルス(エクセター大学)が主催する「ミッドライフカンバセーション」と題した会議で、中年の危機に関する社会的通念について話すように求められました。

 

 

私はここ数年、重要な文献を掘り下げることにしていました。そしてU字型の幸福曲線を描いています。

 

 

ヘルシンキ大学のSeppo Laaksonen(2016年)は、関連性の高い基礎をカバーするU字型曲線概念の批判的な意見を提示しました。

 

 

Laaksonen氏は、他の研究者は曲線を再現できないと指摘し、分析に特定のコントロールが組み込まれている場合、コントロールが適切である場合、そしてそうでない場合に分けました。

 

 

フィンランドの研究者は、これらの質問をテストに当てはめるために、米国と英国で実施された大規模調査、年齢と幸福観の関係に影響をおよぼすような操作についての統計テストを行いました。

 

 

年齢と幸福観の関係には、操作が存在してはならないと主張する正当な理由があります。この関係を操作することで、高齢化に伴う条件が、高齢者の生活経験に与える影響を抑制してしまうのです。

 

 

健康や夫婦間の状態を幸福観に影響を及ぼす要因として取り除いたとしても、65歳以上であったり、健康状態が悪い、または配偶者やパートナーがいないということが、幸福観を判断する材料となりえる事実は変わりません。

 

 

同様に、収入を操作するということは、払うお金がない高齢者は、不幸せではないにせよ、お金を持つ人よりは不幸せであるということが強調されていることになります。

 

 

Laaksonen氏は、10歳から曲線は下降し、50代まで安定してぶら下がっている曲線があるかもしれないと結論づけていますが、それは、(1)幸福を減らす要因を制御し、(2) 「落下」は40歳未満から50歳をはるかに超えて変化する可能性がある、という二つの見地から成り立っています。中年の危機が特定の年齢や年齢層に結びついていると思われる場合は、我々が求めるものではないでしょう。

 

 

なんらかの理由で、Laaksonen氏や幸福曲線を描いた多くの人々からの証拠があるにもかかわらず、この考えは依然として持続しており、実際には、ほぼ世間に受け止められています。

 

 

幸福曲線をGoogleですばやく検索すると、途方もない中年危機に瀕した漫画や、そのような悲惨な中高年を対象とした商品の広告が出てきます。

 

 

中年の危機のチェックリストには、「あなたはバンジージャンプをやろうと思っていますか?」、「真剣にタトゥーを考えていますか?」というイメージがあるのです。更なるイメージは「落ち着きましょう、中年だけのものです」というテーマです。

 

 

中年のキッチン用の料理本と「中年のビールの危機」を生き残るためのブログなどもあります。リストは続々と続き、すべてを取り込むことは不可能ですが、あなた自身で試してみることはできます。

 

 

文献に戻ると、Laaksonen氏よりも古い研究では、U字型曲線の問題が強く取り上げられています。実際、ワーウィック大学(英国)のU字型曲線の著者の1人が私に送ったものです。

 

 

そこでは未発表の原稿のデータが提供されています。

 

 

「現代人は中年期に精神的な苦しみを感じていますか?」これは、大規模な調査分析の中での「全体的に、あなたの人生に今どのくらい満足していますか」という質問に0点から10点で回答したものが基盤になっているものです。

 

 

曲線は落下を本当に意味していますが、ここでは見当たりません。

 

 

スケールは、範囲全体の切り捨てられたセクションを表します。

 

 

「落下」には7.2から7.8の差が含まれます。

 

 

著者が主張しているように、大きなサンプルサイズは、この発見が統計的有意性を確実に達成するため、統計分析はこの論文では提供されていません。

 

 

しかしながら、私がそれを受け取った形式からグラフを描画すると、曲線はかろうじて識別できるほどのぐらつきのある線に変わります。

 

 

クロスナショナル・データの他の書評は、U字型現象の普遍性にさらなる疑問を投げかけています。

 

 

ロンドン大学のAndrew Steptoe氏の2015年のランセット記事では、世界のいくつかの大きく異なる地域で、年齢別の幸福観を調べています。

 

 

このようなU字は、高所得の英語圏の国々でしか観察されませんでした。

 

 

これは中年の危機について研究するものの間で長い間言われてきた、裕福な人だけが中年の不安に耽るという考えを支持するものです。

 

 

しかし、所得格差が強調され、低賃金労働者が自らと非常に裕福な人を否定的に比較するように導いているため、高収入国では中高年期の危機が長く続く可能性もあるのです。

 

 

また、以前の縦断的研究(Harvey et al 2018)によれば、仕事のマネージメントが低く、仕事の緊張感が高い人が、中年期に悪影響を受ける可能性が最も高い人々です。

 

 

考慮すべき最後のポイントは、誰が人生の後半において調査の質問に答えることができるかということに関係しています。明らかに、長生きしないような人、質問に答えられない人生を送っている人もいるのです。

 

 

研究者がテストを行えるのは生きている人だけです。彼らの一生は、幸せであったかもしれませんし、うつでもなかったかもしれません。

 

 

データ分析が生きている人のみに基づく場合、現れた結果は完全に異なる可能性もあります。落下の代わりに、あなたは直線であったり、上向きなものさえ見ることになるかもしれません。

 

 

この問題がライフスパンよりも、別のことから来ていると考える研究者の世界においては、ほとんど考慮されていないのです。

 

 

要約すると、中年の危機の研究者、あるいはU字型の曲線でさえ、彼らの道をつくることは非常に少ないチャンスであり、私たちが戦ってきたこれらのコンセプトは途中で崩壊してしまうかもしれません。

 

 

事実として、この社会的通念を受け入れる必要がある場合には、複数の役割のために複数の要求を抱えている人々に害を及ぼす可能性があります。

 

 

また、すべてのストレスフルな人を助けるためにも進むことが賢明かもしれないからです。その自己実現的預言という見方をメディアから遠ざけることも意味をなすかもしれません。

 

 

一度、U字型の曲線が一般化されてしまうと、人々は社会に沿うように、Uの低い点にいることを認めてしまいます。大規模な研究の場合においての100万人の中の一人のNというのは、印象的ですが、それはあなたの人生の何十年にもわたり達成する必要がある一つのNなのです。