簡単な食生活の見直しが、アルツハイマー病のリスクを下げる? 

赤肉を避け、節度を守って飲酒することかアルツハイマーのリスクを下げます。

 

 

 

この記事は、アルツハイマーの補完、代替治療に焦点を当てていきますが、それはアルツハイマーがアメリカ全土の認知症の事案の約三分の二を占めるとても一般的な病気であるからです(プラスマンによる研究、2011年)。

 

 

 

今回のこの記事では食生活とアルツハイマーのリスクの関係性について述べています。今後の記事では習慣や自然栄養補助食品、認知症の補完的または代替的治療の証拠について考察していきます。

 

 

 

飽和脂肪や総カロリーが低い食生活と、適度な飲酒はアルツハイマー発症のリスクを下げる効果があります。

 

 

 

食生活は、アルツハイマー病において避けられるリスク要因として最も重要かもしれません。アルツハイマーのリスクを高める食品に含まれるのは、牛肉などの赤肉、大量に砂糖が使われているもの、高脂肪の乳製品などです。高脂肪、高カロリーの食生活を送っている人は、適度に脂肪を取ってカロリー管理をしている人に比べて、アルツハイマーが発症するリスクが著しく高いとされています。また、赤肉の過剰摂取は一般的にガン、糖尿病、肥満、腎臓疾患や脳卒中といった様々なリスクを高め、健康に大きな影響を与えます。

 

 

 

18の市町村に渡る研究における発見のメタ解析によると、通常の食事で100カロリー多く摂取する毎にアルツハイマーのリスクがはっきりと0.3%上昇することを結論付けていました(グラント、1997年)。毎日の脂肪摂取の平均は認知症発症のリスクと強い相互関係があることが分かっています。

 

 

 

またこの同様のメタ解析で明らかになったのは、特定の食習慣で唯一アルツハイマーのリスクを下げる効果を表わしたのは魚であったことも分かっています。

 

 

 

食生活とアルツハイマーのリスクの関係性は複雑で、赤肉摂取による酸化による負荷や、ハイコレステロールによるアテローム性動脈硬化、インシュリン分泌の以上調整によっておこる分子ダメージがおそらく関わっていると思われます。高カロリーで高脂肪な食事の摂取は、遊離基を傷付け、神経病理的な変化を脳に拡散させて次第にアルツハイマー病として表れるような形成が起こることを助長させます。

 

 

 

地中海式食生活の、確立した予防利益とは?

 

アルツハイマーの発症リスクを減らす食べ物には、野菜、穀物、魚や果物などが挙げられます。地中海式食習慣を取り入れている人は、高脂肪高カロリーの食事をする人と比べてアルツハイマー病の発症リスクが大雑把に言って約半分であることが分かっています。

 

 

 

また、日本の様に肉の摂取がとても少ない国の人々はアルツハイマーの発症リスクが更に低いことが発見されています(グラント、2016年)。魚はオメガ3脂肪酸の重要な源であり、認知症予防の有益で、深刻な認知機能損傷を避ける効果の根拠として挙げられます。

 

 

 

食生活を変えることはとても重要な予防戦略です!

 

最近の研究における発見によると、アルツハイマー発症のリスクを高めるのに関わる脳の変化は、認知低下の始まりの何年も前から始まっていることが分かっています。よって、積極的な食生活改善はアルツハイマー病を防ぎ、発症を遅らせる重要な方法であるのです(ロドリゲス・ヴィエイテズ、2016年)。

 

 

 

ホームレッスンを受けましょう!

 

赤肉や高カロリーの食事摂取を控えることはアルツハイマーを含め、ガンや糖尿病、その他の病気を発症するリスクを著しく下げてくれますし、地中海式の食生活に従い、適度な飲酒を心掛けることでアルツハイマーの発症リスクを軽減してくれます。

 

 

 

アルツハイマーにおける食生活の有力な証拠に対して、反応医学の時自治体医師達は、飽和脂肪やトランス脂肪の摂取を出来るだけ減らして、肉屋乳製品を新鮮な野菜や果物、穀物に置き換えることを推奨しています(バーナード、2014年)。

 

 

 

最後に、広く普及した赤肉消費は地球温暖化にも相互関係があります。その原因としては、広範囲に置ける牛飼育と、放出されるメタンガスの影響であるとされています。よって、肉の消費を抑えることによって地球温暖化のデータにも重要な影響を与えることになるかもしれませんね。

どれだけ多くの顔を覚えていますか?

顔を認識する記憶力はもしかすると無限かもしれません。

 

 人生において私達は顔の認識を記憶に頼っています。例えば、私達は小学校のクラスメイトを思い出したり、朝の出勤を共にするご近所さんやお気に入りのドラマの俳優の顔などを思い出せますよね。ですが、どれ程多くの顔を長期的記憶にしまっておくことが出来るのでしょうか?

 

 ヨーク大学の研究者はその数を把握しようと奮闘し、人々は平均約5000の顔を記憶していることを突き止めました。この数値は私達が認識する顔の数であって、私達が認識可能な上限の数値ではありません。

 

 “覚えられる顔の数には、もしかすると上限がないのかもしれません”、とこの研究の先導的筆者のロブ・ジェンキンスは述べています。この研究はロイヤルソサエティーBの進行と題された雑誌に敬されています。私達が認識出来る数千の顔の数は、私達の知的能力のほんの一部分でしかないのかもしれません。

 

 ジェンキンスとその同僚達は18歳から61歳までの被験者25人を集め、彼らに自分がはっきりと認識出来る顔のリストを作成してもらいました。研究者たちは被験者の記憶を刺激するのに、同僚、友達の家族、店員などのヒントを与えました。被験者は知っている有名人の顔も全てリストに記しています。

 

 そして次には、研究員は被験者にスライドショーで有名人の顔を見せて、被験者が事前に答えた有名人の顔の数と実際にスライドショーで認識した数との比を計算しました。(この実験は一般の人の顔では行われていません。というのも、有名ではない人の顔を集めるのは実現困難であるからです。)被験者が自分で作った有名人と一般人両方の顔のリストは、研究者が最終評価を下す手助けとなりました。

 

研究チームは、被験者の記憶には平均して約5000の顔がリスト化されていると結論付けました。その記憶容量は被験者によって大きく異なり、1000から10000という大きな差があるようです。この差はその被験者がどこで育ったかということに起因しているのかもしれません。ジェンキンスは被験者が田舎と都会どちらで育ったかということによって、テレビを始めとしたメディアへの接する割合の大きさが比例している為ではないかと推測しています。

 

 人々は小さく狭いコミュニティーから大きく連結しあう世界に移り住む様になったことで、顔を認識し覚える能力は重要になったようでした。“もし数百の顔を見分けられる認知装置を作り出したとしたら、それは数千の顔にも対応することが出来る装置であるかもしれない。しかし、私達が持ち合わせている記憶要領を拡張出来る様な方法を見つけ出さない限り、これは難しいことだろう。”とジェンキンスは述べています。

 

 

 私達が知っている顔のコレクションはとても素晴らしいものです。なぜなら、新しい顔を覚えるということはつまり、歳を重ねたり、話の場面によって異なる同じ顔立ちのものをある一つの顔として認識出来るからです。顔は、お化粧をしたり、髪を切ったり、5年月日が経ってば変わるものであり、部屋の明るさによって見え方も変わります。ジェンキンスによれば、“それぞれの顔を覚えるということはつまり、その人の多様性を覚えるということ”であるそうです。(忘れてはいけない重要な点は、一般的にほんの僅かな時間だけ見た顔を思い出すのは非常に難しいということだと彼は述べています。この欠損は、法や犯罪科学おける目撃証言などにおいてとても重要な点となります。)

 

 

 どれだけ多くの顔を認識できるのかを見極めることは、顔認識の弱点を理解することに値するとウィルマ・バインブリッジは述べています。彼女はメンタルヘルス国際機関の博士研究員であり、映像の認識と記憶に関する研究をしていて、認識出来る顔の多さはアルツハイマーを判定する目印となる可能性を持っているのではないかと示唆している人物です。

 

 バインブリッジによると、脳は対象記憶に関する大きな容量がありますが、顔を認識するのには特別な記憶過程があるということを根拠づける証拠がある、としています。人類は早い段階から顔の幾何学にさらされていきました。というのも、研究によると幼児は2つの並んだ点の下に1つ点がある画像(より顔を思わせる構図)を、1つの点の下に2つ点が並んだ画像よりも好むことを証明しています。また他の研究によれば、顔は視覚的に強い影響を持っていることを発見しています。この研究では、コンピューターゲームの参加者を対象に行われ、顔を含んだ画像と含んでない画像を見せた結果、顔がある画像の方がより記憶に残っていることが証明されています。

 

 

 進化における適応能力は特に人間の顔記憶の能力を説明することができます。また、感情や脅威のある顔は特により記憶に残るとし、ベインブリッジは次の様に言及しています。“知っている場所や知らない場所を把握することはそれ程大事なことではないかもしれませんね。だって、時間を掛けて歩き回ることが出来ますから。でも友達か敵か、即座に判断することはとても重要なことですね。”

「小脳」が次なる大ごとになる可能性がある、3つの理由とは? どんな要因によって、セレバラム(小脳)にスポットライトが当てられるのか?

 神経科学における報道価値のある傾向を追う、根拠に基づく取材を行うジャーナリストとして、私はセレバラム(ラテン語で「小脳」を意味する)の高まる人気に注目してきました。ここ数週間で、このよく見落とされる皮質下の脳領域は、専門的流行語の地位を急速に築き上げました。私には、「セレバラム」が、神経科学の難解な語彙から毎日使う用語に稀な飛躍を遂げた、「扁桃体」や「海馬」、「前頭前皮質」などのように、よく使う単語になりつつあるという予感がありました。

 

 

 過去10年間で、私は大脳と小脳の相互作用にスポットライトを当て、「小脳」という単語をよく使う単語にしようと(それほど大きな成功はありませんでしたが)試みてきました。下記のリストでは、「小脳」が神経科学において次なる大ごとになる転換点を作った可能性がある、と私が推測する、3つの重要な要素を提示しています。

 

 

 小脳がここ数週間でどのようにして「ホットな」話題になったのか、簡単な脱構築に入る前に、重要な注意事項があります。小脳に関する報道記事が急上昇する可能性がある3つの要因を表したこの短い意図的なリストは、メディアの傾向が、小脳研究の包括的回顧録以上に、神経科学にどのように作用するのかを表したさらに詳細な分析です。

 

 

ヒトの小脳における非運動機能が、神経科学の流行の話題であることを表す3つの理由

 

 

ジェレミー・シュマッハマンは、現代の小脳研究における優れた思想的リーダーである

 

 

何よりもまず、20世紀後半以来、ハーバード・メディカルスクール・マサチューセッツ総合病院のジェレミー・シュマッハマンは、パイオニア的研究者であり小脳の支持者でした。

 

 

1998年、彼は神経学者や神経科学者に、ヒトの小脳は運動機能にのみ働くという長年にわたる(しかし不正確な)考えに疑問を持ってもらうため、計画を軌道に乗せる画期的な論文を発表しました。

 

 

 シュマッハマンの革命的な『小脳性認知情動症候群』(1998年)や『思考の測定障害』(1998年)などの仮説は、20世紀後半の大変革でした。彼の研究仲間の間で当初は疑問が起こりましたが、21世紀初頭を通してシュマッハマンは、小脳が運動および非運動機能において重要な役割を果たしているということを、全世界の神経科学コミュニティーの否定派に徐々に納得させました。私の意見では、シュマッハマンの深い洞察と揺らがない忍耐は、「小脳」をよく使う言葉にした大切な原動力なのではないでしょうか。

 

 

 できれば2、3分かけて、小脳は筋肉の協調を微調整するのと同じように、私たちの思考や感情も微調整する可能性があることを仮定する、『思考の測定障害』の仮説(今では広く受け入れられていますが)を彼が立てたとき、開設された神経学コミュニティーから当初受けた反対を説明するジェレミー・シュマッハマンの動画を見てみてください。

 

 

脳科学の俗説を暴く:小脳は運動機能のみの脳領域ではない

 

 

最近ヒトの小脳が科学リポーターの関心を引いている2つ目の理由は、小脳が数世紀にもわたり誤解されてきたというものです。脳に関する長年にわたる考えが誤りだと証明されるとき、報道価値のある神経科学に基づいたお話が生み出されます。小脳が過小評価され、長きにわたり運動機能にしか作用しないと間違えて考えられてきたので、ヒトの小脳が実際は広範囲の非運動機能に関与しているという新しい発見は、当然メディアの騒ぎを生み出しました。

 

 

ヒトの小脳が運動機能にのみ作用するという脳科学の俗説を暴くための私の数十年にわたる試みの一部として、2018年10月20日、私は「サイコロジー・トゥデイ」のブログポストに、”Da Vinci Was Right: The Cerebellum Deserves More Recognition”(『ダ・ヴィンチは正しかった:小脳はさらなる認知機能を受けるに値する』)を書きました。この投稿は、レオナルド・ダ・ヴィンチが脳のワックス鋳造を行った1504年までさかのぼり、「小脳」という単語の起源をたどったものです。500年の間、ほとんどの神経科学者は、小脳は認知機能とは何の関係もなく、運動機能にしか関与していない、と強く信じて疑いませんでした。

 

 

10月23日の朝に、私は目を引き付ける見出しが付いた、セントルイスにあるワシントン大学メディカル・スクールのプレスリリースを見ました。見出しは「心の性質をコントロールする中枢部、長く無視されてきた脳領域で発見:小脳は思考と動きを確認し訂正する」というものでした。このタイトルが、私の目に飛び込んできました。この魅力的な新しい研究について読んだ後、アメリカ東部標準時間(EST)午前11時までに手に入れなければ輸入禁止になる、今度の論文のPDF版を手に入れるため、ワシントン大学メディア関係者の幹部にすぐメールしました。

 

 

この論文をすべてむさぼるように読んだ後、私はこの最先端の研究に関する自分のブログポスト、”Cerebellum Studies Challenge Ancient Notions About How We Think”(『小脳研究、思考方法に関する古い考えに挑戦』)の仕上げをするのにあまりに忙しく、輸入禁止が実行されてからすぐにこの新しい研究を報道した、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)のモーニングエディションを聴いていることができませんでした。NPRのお話の中心は、筆頭著者のスコット・マレクと、最終著者ニコ・ドーセンバッハのワシントン大学研究室の同僚たちによる、ジャーナル『ニューロン』に10月25日に発表された論文、”Spatial and Temporal Organization of the Individual Human Cerebellum”(『個々のヒトの小脳における、空間および時間的構造』)です。

 

 

社会改革主義者のジャーナリスト、ジェイコブ・リーズは、一般国民の意識に弾みをつけるのに失敗している一見すると人気のなさそうな話題に関して、報道することを決してあきらめない決意を表明したとき、「石工」のアナロジーを用いました。何年も科学を基本としたライターとしてやってきて、誰も小脳に関して興味を持たないとあきらめかけていたとき、リーズの言葉はこの話題について書き続けるため私を触発しました。彼はこう述べます。「何も助けになりそうにないとき、石工が岩にハンマーを打ち下ろすのを見に行きます。岩にひびがなかなか入らず、たぶん100回は打ち下ろしていたと思います。ですが101回目の打ち下ろしで岩は二つに割れ、ここで私は、一回の打ち下ろしがこのことを可能にしたのではなく、それまでのすべての打ち下ろしがこのことを可能にしたという事実を知るのです。」

 

 

「石工」のアナロジーを使って小脳に関して注目したことは、突如として神経科学の時代精神の一部になりました。小脳の数多くの謎を解決しようと、絶えず「ハンマーを打ち下ろし」ていた神経科学者たちが、明らかに世界中に数えきれないほどいたことに注目するのは重要です。これらの研究者たちは、ついにひびが入って開いた、小脳に関する公共の利益につながった「101回目の打ち下ろし」を引き起こした人たちです。とはいえ、マレクほか(2018年)による最新の論文が、国際ジャーナリストの好奇心を刺激した転換点に到達する、小脳に関するこれまでのすべてを引き起こした「101回目」の打ち下ろしであるようです。

 

 

ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)の、小脳研究に関する2つの報道

 

 

ここ2、3年で、NPRの科学デスク在籍のレポーター、ジョー・ハミルトンは、数百万のリスナーを獲得した、小脳に関する2つの報道を行いました。私が知っている限りでは、ハミルトンはヒトの小脳における非運動機能に関して絶えず報道していた、大規模な一般聴衆をもつ数少ないレポーターの一人です。NPRでの彼のモーニングエディションにおける報道は、ヒトの小脳が神経科学において次なる大ごとになる可能性がある、3番目の理由です。

 

 

 NPRの主力なニュースマガジン、「モーニングエディション」は、一週間で1,500万人近くのリスナーを獲得し、一週間の累積リスナーで見ると一番多く聴衆されたラジオ番組となっています。「小脳」に関して「モーニングエディション」が報道を行ったことは、とても大事なことです。

 

 

 ジョー・ハミルトンによる最初の小脳に関する報道、『ヒトの不完全な脳が、思考と感情における小脳の役割を明らかに』は、ジェレミー・シュマッハマンとのインタビューを取り挙げ、NPRの「モーニングエディション」2015年度版で、3月16日に放送されました。

 

 

 ジョー・ハミルトンによる2回目の小脳に関する報道、『過小評価された小脳が、脳科学者らから新たな尊敬を得る』には、ニコ・ドーセンバッハとスコット・マレクとともに、シュマッハマンとのインタビューが含まれています。この報道は、NPRの「モーニングエディション」2018年度版で、10月25日に放送されました。

 

 

 これらは、最新の小脳研究における最高の時期で、現状を揺り動かし続け、神経科学に基づくこれまでの体制を崩壊させ続けています。「思考をコントロールする中枢部」としてのヒトの小脳に関するGoogleアラートは、ここ2週間で私のスマートフォンに絶え間なく鳴り続けています。さまざまな意味で、マレクほかによるワシントン大学の論文(2018年)は、小脳を瞬間的なメディアのお気に入りにした転換点になりました。願わくは、小脳に関する人々の好奇心が、これからも続いてほしいものです。

15分未満で、あなたの記憶を改善する方法とは?

学習前の運動は記憶を改善します。

 

 

身体的な運動で認知(学習や記憶など)を改善することができる。

 

 

もしそうなら、運動するべきです。学習の前、中、または後、どこで運動をすべきでしょうか?

 

 

ミシシッピ大学のHaynes氏らの新しい研究によると、学習に先立つ短期間の運動は、短期記憶と長期記憶の両方を改善します。

 

 

これまでの研究は、身体活動が健康だけでなく認知も向上させることを示しています。例えば、高齢者を対象とした2010年の体系的レビューでは、検査された研究の71%が身体活動と認知(認知症発症の可能性を含む)との間に正の関係を示していました。

 

 

2013年のレビューでは、心血管運動が記憶を改善しました.

運動の時間的効果に関する以前の研究を基にして、Haynes氏らは、(学習課題に関連して)運動が記憶を最も良くすることができる時期を見出そうと試みました。

 

 

研究者は、対象内カウンターバランス設計を利用しました。この設計では、参加者はすべての研究条件にさらされています。しかし、条件を経験する順序は、参加者によって異なります。これは潜在的なバイアスを減らすために行われます。

 

 

サンプルは24人の大学生(18-35歳、平均= 21;女性67%、ヒスパニック系白人79%)で構成されています。参加者は、喫煙者、妊娠した人、最近脳震盪を起こした人、注意欠陥障害または学習障害と診断された人、または精神医学的な薬を服用していた場合は、除外されました。彼らは最近運動をしたり、コーヒーを飲んだり、マリファナ(またはその他の違法薬物)を使用した場合にも除外されました。

 

 

生徒は実験室へ1回-4回の訪問をするように頼まれました。これらには、身体活動が行われていないコントロールセッションが含まれていました。 3回のエクササイズセッションはメモリエンコーディングの前、中、後に行われます。

 

 

実験的操作は、トレッドミルで15分間歩くことから構成されています。参加者は、「クラスに遅れている場合と似た状況のペースを選択してください。したがって、ゆっくりと歩くことはありません。また決して走ることもしません」と言われた後、ペースを選んで、各人は同じペースで15分間歩きました。選択された速度は、平均して、3.4mphでした。

 

 

制御条件には運動は含まれず、記憶課題が完了する前まで、5分の休憩は必要でした。

 

 

3つの運動条件では、参加者はトレッドミル運動前、トレッドミル中、またはその後に学習タスクを行います。学習タスクは、短期および長期記憶のテストであるRey Auditory-Verbal Learning Test(RAVLT)であり、参加者に(複数回)読み込まれた15語の2つのリスト(List A / B)に、できるだけ多くの言葉を思い出そうとします。

 

 

すべての訪問で、RAVLTを完了した後、生徒は20分かけてThe Office(エピソード)を見ました。その後、彼らはRAVLTのリストAから単語を思い出そうとしました。

 

 

その結果、学習の改善はトライアルを通して示されました。この効果は、学習課題の前にトレッドミルを歩く状況が最も良かったのです。この状態はまた、最良の長期記憶性能と関連していました。

 

 

これらの知見は、認知課題を完了する前(中/後と比較して)に中等度および高強度の身体活動が学習にとってより有益であることを示した同じ著者による以前の研究(異なる研究デザインを用いたもの)と一致しています。

 

 

潜在的な取り組み

 

次回は、試験のために勉強したり、自分の作品に関連する新しい情報を覚えたり、好きな曲を覚えたりします。犬と散歩したり、芝生を刈るなど、中程度の身体活動を15分間行います。

 

 

それがあなたのトータル的な健康と福利に有益であるだけでなく、学習の向上と記憶の向上にもつながります。


自分の過去を、書き換えることができる?その方法とは?

新しい研究では、あなたの過去の思い出を再現するため、イメージ画像を使用しています。

 

 

いわゆる心につきまとう記憶は、何年もの間、人々を苦しめ、場合によってはうつ病の症状に発展することもあります。

 

 

あなたが友人を失ったり、事故にあったり、はたまた、あなたが愛した仕事から解雇された経験を思い出してみてください。

 

 

あなたは、その記憶を振り払うことはできません。診断可能な抑うつ障害を有する人々のために、過去のそれらの消えない記憶は、現在の自分自身の否定的な見解にのみ焦点があてられ、予測可能な将来に当てはめられます。

 

 

過去の否定的な思い出を何らかの形で意識して訂正することができたらどうでしょうか?

 

 

あなたは本来の出来事自体を変えることはできませんが、おそらく、あなたの幸福感のために、違ったやり方で、より適応性のある方法でそれらを捉えることができるのです。

 

 

ハンブルク・エッペンドルフ大学(ドイツ)のSteffen Moritz氏ら(2018)は、うつ病性の障害と診断された人々に対する「イメージスクリプト」の有効性をテストしました。Moritz氏と彼の同僚によると、「よりよい未来のために過去を変えたい人間の欲求」があります。

 

 

イメージの再スクリプト化では、あなた自身を “慰めたり防御したりする”努力の中で、あなたを過去の嫌な経験のところまで戻すときに、 “ハッピーエンディング”につながる “想像力によるマイナスの記憶を編集することができます”(74ページ)。

 

 

あなたは実際には、そのメモリを消去することはしませんが、元のメモリと競合し、その結果、その力を弱めるか、修正された方法でそれを保存します。肯定的な精神イメージを通して、あなたはあなたの人生について、よりコントロールできるようになり、無力ではなく、絶望的でないと感じることができます。

 

 

ドイツの研究者たちは、嫌な記憶を改める、ひいては否定するイメージの強力な能力は、あなたの記憶が知覚的であることに一部起因していると考えています。

 

 

言い換えれば、あなたは悪い出来事について考えるだけではなく、あなたの心の目でそれを見ることができます。

 

 

これらのイメージは、あなたが記憶に付け足した単語の影響を大きくするのに役立ちます。

 

 

イメージリスティング(「IR」と呼ばれる)は、心理療法で提供された場合に機能する治療アプローチです。

 

 

この研究で著者らは、うつ病と診断された人々を介入群または待機リスト対照群の1つに無作為に割り当てることによって、2つのバージョンのセルフヘルプマニュアルを効果的に比較した治療としています。

 

 

Moritz氏と彼の同僚は、大学の医療センターでの920人の患者サンプルの3つのグループのうち、1つに無作為に割り当てられた127人の患者の最終検体について、そのアプローチをテストすることができました。

 

 

介入マニュアルは、その範囲と介入の根拠を説明することから始まります(短いバージョンでは3369、長いバージョンでは4949ワード)。

 

 

介入自体に移る前に、参加者には、症状が解離に関連している場合、または心的外傷後のストレス障害に起因する場合に対面治療を求めることが勧められました。

 

 

次に、参加者は、 “これはパイプではありません”という言葉とともに、パイプのルネ・マグリテの有名な絵を見ます。つまり、パイプの塗装は実際にパイプそのものではありません。したがって、「現実と想像とを区別する必要があります」。

 

 

この魅力的な導入は、実際のオブジェクトとそれらのオブジェクトを表すイメージとの間に差異があることを示すものであり、次にメモリの誤謬に関する議論につながります。

 

 

偽の思い出の視覚的なバージョンの中で、ボールや毛布がない典型的なビーチシーンの写真を研究者は見せました。

 

 

しかし、この写真のアイテムを思い出すとき、ほとんどの人は、これら2つのものが共通して海辺に関連するオブジェクトだと誤って覚えています。

 

 

研究者たちは、あなたの知覚と記憶が実際に信頼できるかどうかに関して、これらの質問を植えつけた今、マニュアルにおいて、介入の核心に達したことになります。

 

 

過去の記憶の書き直しは、参加者が子供時代からの否定的な出来事を想像し、「その場に入り、若い自分を守り、慰める」という指示を受けた「時間旅行」の形で起こりました。

 

 

彼らは、事故が起こる前に防いだり、負の出来事を幸せなものにするよう言われます。

 

 

あるいは、別の例では、不安のためにシャットダウンするのではなく、引き続き話しをするよう言われます。

 

 

この想像上の旅では、彼らは架空の思いやりのある人物(ハリー・ポッターの人物など)になり、必要に応じて飛ぶこともできるようになりました。

 

 

この演習のポイントは、過去の新しいバージョンと改善されたバージョンを実際の不幸なバージョンのメモリに混在させることでした。

 

 

セルフヘルプマニュアルで最も魅力的な演習は、これらの想像上の改革をさらに進めました。

 

 

参加者は、醜いイメージ(著者が言ったような「ブロブ・フィッシュ」など)を想像し、そのイメージを美しく見せたり、誇りを感じるよう、段階的に変換するように指示されました。

 

 

変わっていく間、参加者は彼らの姿勢をまっすぐにして、より美しく感じられるように指示されました。

 

 

もう一つの変化には言葉が関係していました。参加者は、彼ら自身が「ばか」であるという負のラベルから始め、自分自身について良い気持ちになるようなものに変わるように言われました。

 

 

介入治療の最後の部分は、思考抑制に関する認知心理学からの知見を利用しました。おそらく、あなたは白いクマについて考えないように言われている「シロクマ」エクササイズについて聞いたことがあると思いますが、白いクマを考えることができないことに気が付くでしょう。

 

 

彼らの否定的なイメージや考えを止める代わりに、参加者は彼らをより幸せで楽しいものに変身させるよう奨励されました。

 

 

著者らは、3つの実験群を比較すると、IR法は実際には6週間の期間にわたって、うつ症状を軽減するのに成功しましたが、長い形で与えられた場合にのみ成功していることを見付け出しました。

 

 

さらに、介入は不安を緩和するのに役立つものではなく、抑うつ症状がより強く、変わりたいと言っていた人、さらには積極的に介入に参加した人々に効果的でした。

 

 

著者らは、「私たちは過去を変えることはできない」が、IR手法は、過去の出来事との否定的な関係から自分自身を解き放つ方法を見つけることができると示しました。

 

 

標準的な認知行動療法は、感情を変えるための人々の思考の変化に焦点を当てており、IR方法は、口頭ではなく視覚に焦点を合わせたもので、このアプローチにも適合したのでしょう。

 

 

要約すると、あなたが後悔や悲しみを感じさせる過去の出来事のイメージを通して、次の機会に自分のイメージを掘り下げたとき、この革新的なやりかたは必要なものかもしれません。

 

 

あなた自身とあなたの過去についてのあなたの仮定だけでなく、視覚的な記憶にも挑戦してみてください。あなたはより充実した未来に向かうことでしょう。