上司は部下よりも精神が不安定?

最新の研究は、少しの精神異常はリーダーにとって有益であることを示唆しています。

 

 

 研究によると、リーダーは無情さや、大胆さ、そして支配する能力を備えることによってよりリーダーらしくなることが示唆されています。

 

精神が不安定で異常を来している人は、自分が力を得る為に他人を虐げてしまう傾向が強いことで知られていますね。この観点から言うと、CEOや政治家と犯罪者や暴力的な人との違いは、あからさまな反社会的行動を避ける能力の有無であると言えます。

 

だからこそ彼らは逮捕されることがないのですね。共感する能力のない人は、彼らの要求を通す為に乱暴に力を振るい、他人を傷付けるような自身の行動すら後悔することはありません。

 

 もしかすると、あなたやあなたの知り合いの周りには特に意地悪な性分で、他人の弱く低く見せようとすることに良心の呵責のない上司がいるかもしれません。どうやら彼らは他人を退けることばかりに気を掛けて、他人を傷付けたことなど意にも介さずに、他人の言動に目を光らせているようです。

 

 アラバマ大学のカレン・ランデイとその同僚による(2018)“悪の主君に使えるべきか?”という名の記事には、次の様に述べられています。精神異常者と同様に、モラルのコンパスを持ち合わせていない企業のリーダーは高く評価され過ぎている、と。そしてこの観念に基づいて発展した話は、“成功した精神異常者”に関した人気のある文献へと牽引するような興味を引くものでした。しかし、ランデイとその同僚達は、その話は重要な項目が抜けていると主張しています。

 

 

 彼女たちが主張するその見落とされている点とは、リーダーシップの発生とその効力の間の違いにあります。

 

精神的に病んでいる人たちは、他人を支配したいという欲望から素晴らしいリーダーになりたいと望みますが、彼らが全員悪い人であれば、きっと彼らはトップに立てるのでしょう。嫌な上司を思い出してみて下さい。

 

本当にそんな意地悪な人のために働きたいですか?

 

全力で彼らの野望を阻止したいと思いませんか?

 

休憩のコーヒーやランチタイムを見つけては、毎回内部告発者のシナリオを夢見て、同僚と策略を練ったりすることはありませんか?

 

だとしたら、ではどうやって個人が有能なリーダーになれるのでしょうか?

 

個々が頂点に上り詰めることが出来る方法は、上司を騙して上手く利用し出世させてもらうか、その上司を追い出すように弁護士をちらつかせながら恐喝するという悪意ある行動のどちらかしかありません。

 

 

 ランデイたちによると、以前の研究では十分に認知されていなかった重要な区別をきちんとする必要があると述べています。

 

まず始めに、精神が不安定な状態は簡単で単純なものではありません。精神異常を測るのにある一つの要素を用いることもありますが、研究者達は精神不安定者を多面的価値を持ったものであるという考え方をするように推奨しています。

 

その多面的な価値とは、内的支配(大胆さ)、衝動性(非抑制)、卑劣さや意地悪さ(共感能力の欠如)を指しています。

 

 その他の精神病に関連した方式は複数の想定性です。これは個人が他人好意を持ってもらえるよう振る舞うことで、他人に自ら道を明け渡させ、退けることに値します。

 

加えて、リーダーシップの発生を定義するのはとても困難です。ある人が重要な地位へと出世するかもしれませんが、それは2、3年しか持たないものかもしれません。もしかすると雇用主が彼にうんざりしてしまい、その出世した人は解雇になる前に辞職するかもしれませんよね。人々があなたに好感を持って、喜んであなたの為に働きたいと願うから、あなたは良いリーダーと呼べるのでしょうか?

 

それとも、あなたがしっかりとした企業理念や事業に関する考えがあるから、良いリーダーとなるのでしょうか?

 

例えば、あなたはあなたのボランティアグループに酷い扱いをしたとします。でもそのグループはきちんと募金を募ることが可能なのです。

 

 方法論や定義的問題とはまた別に、精神不安定者とそのリーダーシップとの関係には性別が何かしら作用しているのではないかとランデイたちは示唆しています。結局のところ、女性は重役に就くことが少ないという事実だけではなく、女性達はそのような重要な役職において必要な支配能力に優れていないということはよく知られています。女性は男性と同じ様に“邪悪な”振る舞いをすることは難しく、他人からそう受け取られることは難しいのです。

 

 

 出版の是非に関わらず、ランデイたちの研究基準に合った文献を参照した後、彼女達は92名の被験者を得ることに成功し、リーダーシップの発生、効果、“変化的”リーダーシップ、そして高い倫理基準に基づいて支持者を感化するタイプのリーダーシップに関連したデータを得ることが出来ました。研究グループは、精神異常とリーダーシップの関係を男女それぞれ調査するだけではなく、リーダーシップの質を予測するのに適切な精神の不安程度を計測するための可能性を調査にも熱心でした。

 

 

この膨大な量の研究データによると、研究チームはほんの少しの関連性を精神異常とリーダーシップの発生の関係に見つけることに成功し、同時に精神異常と効率性との関係を否定する要因を僅かに見つけました。予測がつくかもしれませんが、精神が安定していな人は変化的リーダーシップを測る値が低いことが分かりました。

 

面白いことに、地位が低い者が上司を評価する際、精神の不安定性と変化的リーダーシップの関係は、自分自身を評価するときよりも弱いことが分かりました。

 

しかし、性別という要素がこの調査に入り込むと、状況は大きく変わります。精神が不安定の男性はリーダーになれる一方で、女性はリーダーとして台頭することはありませんでした。同様に、有能性において精神不安定の男性は高く評価されたのに対し、女性は低く評価されました。

 

つまり、全体的に精神性とリーダーシップの関係はどうやらそのリーダーとなる人の性別に大いに関係している様です。最後に、ある程度の精神異常はリーダーにとって変化性を含むリーダーシップにおける全ての局面においてなにかしらの効果があることが分かりました。

 

 

 筆者は次のように結論付けています。多様な研究にわたる実験的精密な調査の元では、リーダー素質のある精神不安定者にはある種の恐怖が備わっていることが分かった、と。その効果は小さいながらも、“実験において潜在的に大事なもの(p.8)”であるとしています。しかし、多ければ多い程良いというものではなく、適度な精神の不安定性が、個々をリーダーにし、より効果的で変化的なものへと変えることができる様でした。一方で女性の場合は話が異なり、精神病的女性は性格の特色が職場に裏目に出てしまうようです。家庭において女性は精神の不安定性を反社会的と捉えずに態度に表すことがありますが、感情は邪魔なものと捉える職場においては感情の爆発として良く見られないようですね。

 

 

まとめ

 

精神の不安定性とリーダーシップの獲得との間には、単純単一な関係性や繋がりは見られないようでした。分かったのは、女性は男性と比べ、その精神不安定性を表わすと困難に直面することが多いことと、一方精神に異常を来している男性は、その精神不安定な状態は彼らを頂点に上り詰める後押しをしてくれているということでした。少し相手に良く接することは、自分が夢見るキャリアへと続くより長い道を選ぶということに等しいのかもしれませんね。

性的暴行者の治療法に関する会議からの5つの収穫とは?

会議はとても有益なものでしたが、1つの欠点を改善することが出来るでしょう。

 

 ブリティッシュコロンビア州バンクーバーにおいて、第37回目の例年会議が研究治療団体によって2018年10月に行われました。この年の“Better Together”の議題は、幼児性的虐待の回避の必要性と社会をより安全なものにするためにそれぞれがどうお互いにかかわり合い、頼っているのかを認識するための教育活動(この団体(ATSA)の中心的目標)に関してでした。

 

2018年 ATSA会議 –Better Together

出典:ATSA会議パンフレットから

 

 前回の私のATSA会議2017と同様に、この会議からの収穫を5つまとめたいと思います。ATSAの進歩の目玉でもある4点に加え、私の視点から見たATSAの成長の可能性がある点を述べています。この収穫はメンタルヘルスに関する職業にある方なら、臨床医、研究者、支持者誰にでも合う様に意図しています。

 

 

  • 言葉の重要性をATSAは認識続けている

 

 

児童性的暴行における言葉は素晴らしい進歩を遂げていて、人により敬意を示した呼び方を使う様な方向へ動き始めています。(例えば、人を前に持って来る言葉遣い:(今)People with disabilities/障害のある人。(昔)Disabled people/障害者、など)。メンタルヘルスにおける専門家たちが彼らの原稿の中で使われる言葉遣いに大きな変化がありました。一般的に、個々を“性犯罪者”と呼んでいたのから“性的に虐待を振るう傾向のある人”と変わったり、“小児性愛症者”から“思春期前の子供に魅力を感じる個々”というように使われる語彙が変わりました。

 

 

  • 子供に性的魅力を感じている者の全員が、行動に移すわけではない

 

 

上記の様に非難を避けた呼び名よりも更に注目すべきかもしれないのは、子供に魅力を感じつつも性的暴行を犯していない人(大抵後期青年や青少年)に焦点を当てる動きが続いていることかもしれません。実際に、思春期前の子供に興味を持つ人が性犯罪に走らないように防ぐ対策は明らかに進歩しています。これらの試みは個人に適した臨床サポートを与え、彼らの嗜好を認めさせ、犯罪に加担せずに人生を謳歌出来る方法を提案することにも注目しています。またこの試みは幼児に興味を持ちつつも子供を痛めつけたいわけではない人達に関する研究に焦点をあてているものでもあります。これはこの分野において開拓的なものであり、発展していくのに必要な一歩です。

 

  1. 専門家は汚名を感じている

 

児童性的暴行の防止と仲裁にあたる分野の専門家達は汚名を自らに感じているようです。児童性的虐待を阻止し、仲裁することは社会を安全にする為に必要不可欠なことだと考える人もいるかもしれません。ですが、その虐待を大きな枠で捉えてしまう人の中には、児童性的虐待に関連する研究をするメンタルヘルスの教授や研究者にすら烙印を押してしまう人もいます。メンタルヘルスを提供する会社を例に挙げれば、児童愛を感じる人に対する自身のサービスを宣伝することに対し、顧客を守るだけではなく、自分自身を守るという点において不安に思うと述べています。不名誉の印にも関わらず、ATSAは断固としてその姿勢を貫いています。

 

 

  • 性行為が全ての問題ではないということ

 

 

メンタルヘルスを提供する会社やそれに関連する事業に携わる読者の人は、児童性的虐待をする人の治療は性行為に限ったものではないということが、この記事や以前の会議において何度も繰り返されていた為ご存知かと思います。つまり、問題は性行為が全ての問題ではないということです。人は単一ではありません。例え望まれない性嗜好を子供に対して持っていても、彼らは私達と同じ様に別の関心があるのです。もしかすると彼らは健全な交際を望んでいるけれど、鬱や極度の不安を抱えているのかもしれません。個々人を視野から外してしまいがちですが、その一方で汚名を着せられた臨床表現(例、子供に対する嗜好)に気付くように努力することは、それ程難しいものではないかもしれません。この介入は全体観的方法論を保証するものとなります。

 

  1. 多国籍を考慮した研究法がATSAには必要

 

性的暴行者の治療に関わる団体は多国籍的視野を取り入れようとし続けていますが、この視点はそれ程広く取り入れられたり広まっている様子はありません。ただ、最近の2回のATSA会議(2017,2018)において多くの発言者が文化や性的虐待に影響する個々の相違性を取り上げていたことはとても奨励され、人種や倫理的相違、特異な文化グループとともに働くことについて討論会も開かれていました。しかし、多くの発言者が人種、民族性、その他に身元を特定する要素について言及しませんでした。その他にも言語や場所といった文化的考察(例えば、その人物が田舎と都会どちらに住んでいるのかという比較)は、臨床や研究において同様に大切です。進歩は進歩であって、ATSAメンバーの多国籍に関する懸念や功績は言及に値するものですが、この分野により一層の努力を捧げることがこの分野にとって有益となり、重ねて私達へ有益なものとなることでしょう。私達は社会をより安全なものへと作っていくことを目指していますが、それは多数ある個々の社会を改善することでもあります。

 

放火魔の心の中とは?どんな種類の人物が、放火をせざるを得なくなるのか?

カリフォルニアの山火事:

 

 

 カリフォルニアで起きた悲劇的な山火事の猛火が今年、数千もの家屋を破壊し、何十万もの土地を焼却し、たくさんの人を死に至らしめました。最近では、パラダイスの町全体が、いまだくすぶり続ける灰になり果てました。山火事の破壊的力の前では、誰であれ何であれ脆弱性が強調される中、今週のカリフォルニアの山火事で焼失した家屋の中には、マイリー・サイラス、ニール・ヤング、ジェラルド・バトラーらセレブリティーの家屋も含まれていました。現在起きているこの火災は、今もなお猛威を振るっていて、そのスピードはあまりに早く、火災の原因を知り、火災による破壊を十分に理解することができない状態ですが、カリフォルニアのこれらの火災のいくつかはわざと点火されたものでした。51歳の男が、南カリフォルニアのホーリー火災を起こした罪で告発されました。32歳の男は、カリフォルニアの5件の火事に関わっているとされました。では一体どんな種類の人物が、生命や財産を奪い、脅かし、破壊して、自然の美しさを火事によって壊滅させるような放火癖に負けてしまうのでしょうか?

 

 

 トランプ大統領は、これらの猛火の根本的原因は、環境政策にあるとカリフォルニアに非難の矛先を向けていますが、この問題はこの州に限ったことではありません。タイラーほかによると、2016年4月から2017年3月の間に、イングランドでは放火による火事が76,106件あり、1,027名の負傷者と47名の死者を出しました。経済的損失は、驚愕の17億英国ポンドでした。同研究では、アメリカで見積もりによると毎年261,330件の放火による火事が報告されており、約10憶の物的損害と、440名の死者を出したことがわかっています。

 

 

 放火は、復讐の道具や、別の何らかの狡猾で秘密裏の破壊的目的として用いられ、放火はさらに、何らかの精神疾患の1つの形として認識される、抗いがたい衝動の1つです。さらなる研究が必要ですが、放火は通常、はっきりとした障害の1つではなく、代わりに病理学に深く根差したものからくる、行動の1つとして考えられています。

 

 

 研究では、放火魔はほかの犯罪者と比較して、精神医学サービスに登録していた傾向が著しく多く、地域対照患者と比較して4倍も多い傾向にありました。中程度警戒司法精神衛生サービスに入院していた10パーセントから50パーセントの患者が、放火の犯罪歴がありました。10代の若者や成人早期の放火犯は、その後の人生で統合失調症であると予測されています。放火の行動は、青少年の動物虐待とも関連しています。そのほかの統計学的に重要な危険因子は、男性であることおよび性的虐待の被害者であることです。放火魔は、ほかの暴力的な犯罪者とは異なり、社会的にもっと孤立していて、物事の処理能力に欠けており、自殺率はほかの対照患者よりも著しく多いのです。女性は3分の1近くが意図的に放火を行うことが報告されていますが、女性の放火犯に関する精神病理学および犯罪の特徴については多く知られていません。最近の研究では、女性の放火犯は、男性の放火魔よりも鬱や薬物乱用、パーソナリティー障害と診断されることが多いです。

 

 

 放火犯は、はっきりとした心理学的特徴群をもつ、別々の犯罪者の一群であるようです。このことは、これらの人々を刑務所に収容することを目的とし、彼らが犯罪者になる前に特別な治療をする必要性があることを提案しています。さらに優れた研究が、効率よく治療を進めるために必要ですが、2018年のタイラーおよびその共同研究者らによって出版された、放火歴のある63名の男女の患者を対象とした小規模研究では、精神障害をもつ犯罪者を対象とした介入プログラムの効果を追求しました。実験の結果は、治療を行うことで著しく放火の衝動を減らしましたが、この小規模研究をさらに進め、確認するためにはさらなる研究が必要であることを示しました。

 

 

 ユトレヒト大学の犯罪学者、リディア・ダルフイセンによる、1800年から1950年までの西ヨーロッパの放火狂を調査した2018年レビューによると、放火魔に対する見方は時間をかけて変化しているようです。このデータは、犯罪者として見るのか、精神障害者として見るのか、前後に揺れる振り子を示しています。病気として見る場合、精神異常の形として放火魔を罰することは、倫理的ジレンマとなりますが、社会に恐怖を与える放火による最悪な破壊行為を減らすためには、もっと多くのことを成し遂げる必要があるのは疑いようもありません。
 現在の議論は、猛威を振るう山火事の数とその激しさは気候変動の影響だということに焦点を当てていますが、マッチに火をつけるかもしれない人の心を理解することにはあまり注意が払われていません。社会は、地球の気候を変える取り組みには手ごわい挑戦に直面していますが、カリフォルニアやそれ以外の場所を一掃する火事の、壊滅的な破壊を防ぐ方法を探すには、心理学的研究および優れた精神衛生サービスのさらなる支援が、猛火と闘うための効果的で簡単に到達できる方法を提供してくれそうです。