なぜ境界線がないと、燃え尽き症候群を引き起こすのか?仕事の境界線をなくすと、生産性の低下や燃え尽き症候群のリスクを高める?

様々な種類のリーダー(中間管理職からトップの管理者まで)をコーチし、ストレスの軽減やワークライフバランスの向上、効率的生産を助けてきました。

 

 

時は流れ、問題の本質を探ると、核心が見えてきました。同僚やクライアントとの境界線の低下が、貴重な時間や労力を奪い、生産性や効率性の壁となっていました。

 

 

もしこれが起こったとしたら、妨害をされて仕事をコントロールできなくなります。ストレスは最大になります。

 

 

仕事のストレスは、燃え尽き症候群を引き起こします。境界線の低下が作業負荷、優先事項、抱えきれないほどの負担をもたらします。良いニュースもあります。境界線への対策を一度行うと、ストレスレベルは下がるでしょう。よりフォーカスし、物事を終えるために時間と労力をよりかけるようになります。こうすることで、自信を高め、どんな恐怖も調整し、盾となります。

 

 

問題の本質を照らすかもしれないいくつかの考えをご紹介します。境界線を作ることを手助けし、不必要な混乱を減らし、素晴らしい仕事ができます。

 

 

 

1、重要な仕事をする時間を分け、守る

 

最初に、何をするべきなのか考えましょう。私がコーチしている多くのリーダーは、たくさんの邪魔が入ると文句を言っています。チームや企業の他の人からの妨害が入るので、ハイレベルな考えや計画に割く時間があまりありません。

 

 

何をすべきか、何時間それをするかを考えましょう。スケジュールのいつに入り込むかを決めて、それを実行しましょう。

 

 

そうする方法はいろいろあります。あるクライアントは「邪魔しないでください」というサインで、ドアを閉めると言っていました。その時間は、eメールやオフィスチャットシステムをログオフします。彼女は、1日の仕事時間のある時間は他にとっておき、チームにも知らせています。緊急以外は、邪魔なしで作業します。

 

 

もちろん彼女のやり方を進めるべきでしょう。同僚はドアをノックするかもしれません。電話するかもしれません。緊急ではない時に。深刻に話すべきです。境界線が欲しい時は、真剣に話してください。丁寧に、しかし、そうする必要があることをはっきり言いましょう。そして理由も教えましょう。

 

 

他の人がそのリクエストをリスペクトしない場合、私のクライアントは、重要な仕事をするためにどこかへ行きます。時折、すべきことをします。これは、平静さや生産性のためだけではありません。企業や従業員のためでもあるのです。

 

 

2、非現実的な期待をしない

 

心配性な人ですか?ハイレベルな仕事をしていますか?ベストをこなしていますか?他の人から頼れる人だと思われている人でしょうか?これは良いことです。真面目な性格は仕事の成功の鍵となります。トップリーダーは、真面目な人々の傾向があります。

 

 

残念なことに、真面目さは悪い部分もあります。境界線の原因ともなります。

 

 

真面目さが仕事のスタンダードになっていますか?必要でしょうか?

 

 

あるケースでは、ある管理者がクライアントに「訓練を受けた」と期待しているので、即座に反応することができます。週末でもです。バケーションの時もです。成功の一旦をになっていますが、持続することはできません。彼は危険にも境界線を作ることができなかったのです。そのため、悪いことが起こりました。

 

 

他人に反応するのに時間をかけるようにしました。適切なことをするようにオファーしました。しかし、トップをやめたわけではありません。週末は、携帯の電源を切り、手の届かないところにおき、月曜の朝までは取らないようにしました。休暇中は、自動返信機能を使用しました。

 

 

世界は終わったわけではありません。事実、他のポジティブな変化と組み合わせました(飲み会を減らす、睡眠をよく取る、リラックスする何かをする)数ヶ月後には、新しい人物になりました。仕事をより楽しめるようになったのです。

 

 

これはあなたのシチュエーションに似ているかもしれません。賢く小さな変化を始めることを推奨します。境界線を作る機会を探してください。見つけることができます!探し始めましょう!

 

 

3、個人的に必要なものやそれに従って行動しましょう

 

 

あなたは内向的ですか?外交的ですか?

 

 

外交的な人は、人と一緒にいることでエネルギーをもらえます。パーティーやソーシャルイベントが好きです。いろんなことを話すことが好きです。境界線のない会社を好みます。

 

 

内向的は、社交性に欠きます。一人の時間を好みます。開けた会社なんて悪夢です。燃え尽き症候群のリスクが高まります。

 

 

社交性にストレスをかかえるクライアントがいました。彼女は、過重労働をかかえていましたが、ストレスの根源を見つけ、コントロールするようにしました。

 

 

「同僚が絶えずデスクにやってくるの」と彼女は話しました。「話をして、コーヒーやランチに誘うの。ゴシップや文句が好きなのよ。本当に疲れるわ。」

 

 

彼女は内向的でしたが、気づいていませんでした。彼女のコーヒーやランチ「休憩」は、仕事よりも重荷になっていました!彼女は、境界線を作る必要があり、そのため、休憩を息抜きの時間にすることができたのです。

 

 

最初にコーヒー休憩の時間を確保しました。彼女は、誘いを断り、その答えに納得しない人がいたら、散歩に出かけました。そうすると、誰も彼女を見つけることができません。次に、火曜日に「グループランチ日」を設定しました。他の日は、一人でランチを食べるのです。

 

 

また、通勤時間を解放時間にするようにしました。「機内モード」にします。Eメールをチェックする必要もないし、電話も来ません。その代わり、ソフトな音楽やリラックスのできる音楽を聴きます。こうすることで、帰宅してすぐにリラックスする時間にあてなくてよくなりました。リラックスして帰宅できるからです!

 

 

仕事で何がストレスか詳しく調査することをお勧めします。何をしているのか、本当に必要ではないし、疲れることは何ですか?どのように人の期待に応えることができますか?どのように境界線を作り実行できますか?

 

 

たくさんのコントロールできることがあると思います。それに気づき、新しく取り入れて、変化を起こしてください。ストレスも少なく変化を助けることができます。

決断する際に有効な方法とは?重要な決断をする前にあなたの目的を理解しましょう

意思決定が苦手ですか?

 

毎日重要な決断をするよう求められていますか?

 

もし深みにはまってしまっていると感じていたり、間違った方向へ向かってしまっている様に感じるのであれば、意思決定のプロセスを見直す必要があります。決断は「Yes」「No」と簡単にいえるようなものではありません。特にあなたが素晴らしい結果を出すことを期待されている時の決断はそんなに簡単なものではないのです。

 

 

一般のアメリカ人は約35,000回の決断を毎日行っています。例えば朝食に何を食べるか、いつ仕事に行くか、どれ程頻繁にメールをチェックするか、次はどのプロジェクトに取り組むべきか、といった内容です。親や起業家、クリエイター、リーダー、どの立場にしても、自分が毎日行う判断がどれ程重要なものであるかを間違った判断をするまで気付かないかもしれませんね。でもそれはあなただけではありません。

 

 

しかし残念ながら、平凡でありふれた決断しかあなたは取って来れなかったでしょう。意思決定プロセスにアプローチする最善の方法の一つは目的というレンズを通すことです。あなたが目的を意識し、マインドフルネスによって促進されたメタ認知を毎日持っていれば、あなたは賢い選択をする為の準備がより出来るようになるでしょう。

 

 

目的を理解する

 

目標のある状態は、より素晴らしい方向性へと導き、自身に価値を置き、より意味のある人生へと繋がっていくことを私達は知っていますが、いったいどうやって自分の目的を明らかにすれば良いのでしょうか?

 

目的を知っていると、あなたの目標に合った判断やプロジェクト、機会に対して正しい返答が出来ます。これは使命主義の型にも当てはまります。

 

 

この大きな質問を、目標主導の意思決定の手始めとして自身に聞いてみて下さい

 

自分を動かすモチベーションとは何だろうか?

自分の長期にわたる目標とは何か?

今までの中で、自分の人生をより良くした判断とは何だったか?

自分が一番成功する環境とはどんなものだろうか?

 

 

一度自分の目標を確立してしまえば、どんな日でもその目標を自分に思い出させましょう。大小関わらず意思決定をする際には、その決定があなたの個人的、そして職業的目標両方に繋がるものであるかを確認して下さい。

 

知識ある判断をする

 

Netflixが今の様な大きなNetflixとなる前、Blockbuster(ブロックバスター社)はNetflixを買収する機会がありました(この機会はBlockbusterが最新技術分野において成功し続ける可能性がありました)が、Blockbusterはこの機会を見逃しました。

 

Blockbusterはその判断に伴う結果を予想していたのでしょうか?

 

明らかにしていなかったでしょう。

 

彼らはその機会を断ったことを後悔しているのでしょうか?

 

果たしてそれは重要なことですか?

 

 

CEOは重要な決断をする必要がありましたが、その時NetflixはDVDデリバリーサービスを行う会社で、そのサービスはBlockbusterの目的とは一致しませんでした。

 

更には、Netflixは資金不足になりつつあった為、彼はその話を断ったのです。彼は、彼が持つ情報を元に知識ある判断をしたのであり、可能性や感情を元に判断したわけではありません。これはリーダーに求められる能力です。

 

 

ホセイン・アースハム博士(ボルチモア大学のライト特別名誉教授兼ションズ・ホプキンス・キャレー・ビジネススクールの指導教授)は、意思決定の趣旨に関する学説を次の様に書いています:

 

 

ビジネスにおける意思決定はほぼ常に不確定性を伴います。もちろん、より多くの情報を決断者が持っている程、その決断は良いものになるというのは明らかです。決断をまるでギャンブルの様に扱うのは決断理論の基礎です。つまりこれは、可能性に対して明らかな結果の価値を取引する必要があるということです。

 

 

この学説はBlockbusterが辿る可能性のあったサクセスストーリーには矛盾するものの、その時のCEOジョン・アンティオコは学説に基づいた知識ある判断をしたことを物語っています。大抵最善の選択をするためには、目的と共に必ず進む必要があり、過去に起こったことや未来に起こりうることは無視する必要があります。

 

 

あなたが知っていると思うことを手放す

 

ジョシュア・ロースハンは最近のNew Yorkerにチャールズ・ダーウィンについて書いていて、彼がエマ・ウェッジウッドにプロポーズするかどうか決めた方法についても書いています。我々の多くがしたことがあるように、ダーウィンは良い点と悪い点をリスト化しました。このリストはポジティブな点と問題となる点の両方になるでしょう。

 

 

アンティオコと同様に、ダーウィンは良い判断をするために事実を並べましたが、良い点悪い点のリストは事実によって作られており、その事実は異なる重さ/重要さを含んでいます。

 

よってこの戦略は限られていて、特に重要な判断や判断を即座にする必要がある場合(例えば、地下鉄で妊婦に席を譲ったり、会議で突然意見を求められた時や論争点を述べるべきか判断する時)には限界があります。

 

 

大抵、最も重要な判断をする必要がある場合、自分自身の基準を用いる必要があります。あなたにとって上手くいく方法でも、他人には上手くいかないものかもしれません。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは、あなたがもつ目標はあなた自身専用の特別なものであって、あなたを次の目的地へと導く北極星のようなものであるからです。

 

 

ウォートン経営教授シーガル・バーセイドはアンドリュー・C・ハフェンブラックとゾーイ・キニアス(両者はINSEADの組織行動部門に属している)と共に、意思決定における熟考の影響についての論文“熟考/瞑想を通すことで起こる脱バイアス効果:マインドフルネスとサンクコスト(埋没費用)傾向”を執筆し、心理科学雑誌に掲載されました。

 

 

この研究によると、この研究専用に作られた15分間におよぶ呼吸に集中する瞑想音声を聞いた人は、その音声を聞いていない人に比べて、サンクコスト傾向(我々が持つ、既に費用や犠牲を払ったものに対して投資し続ける傾向)に抵抗する可能性が高いことを彼らは発見しています。

 

もしかするとあなたは何ヶ月もの間時間とお金を、悪い結果をもたらすプロジェクトや、あなたが設けた期待を実現しようとしてきたプロジェクトに注いできたかもしれません。そのプロジェクトを引き続き続けていくべきでしょうか?より多くの時間を費やすべきですか?それとも、次に移るべきでしょうか?

 

 

この研究の結果を考えてみましょう。瞑想した人は過去に目を向ける傾向が少ない為に負の感情を経験することが少ないことを踏まえると、彼らはよりクリアな思考でより今必要な決断をすることが出来るのです。

 

持ち帰って欲しいアイディアは、特に重要な決断をする際は意思決定から来る感情を無視出来る様に努めるということです。もし怒りや過去のトラウマ、心配を取り除くことが出来れば、あなたはより知識ある決断を出来る余裕を自分に作ってあげることが出来るでしょう。

 

 

リーダーとして、あなたは数多くの重要な決断を毎日求められているでしょう。あなたの会社やビジネス、あなたのクリエイティブな試みに関する目標を決めるのはあなた次第であり、それを頭に留め、目標を目指して毎日他の者を先導するのもあなたにかかっています。

 

 

フォード社の会長であるビル・フォードは、ハーバード・ビジネスレビューにて、毎日の瞑想のおかげでとても辛かった日々を乗り越え、より思いやりのある決断をすることが出来たことを明かしています。15分間オフィスやインターネットから遠ざかることで、自分の目標と再び繋がる為の時間とスペースを作ることが出来ます。

 

 

即座の決断はいつも簡単に出来ることではありませんが(あなたの感情が高ぶっている際はとても簡単かもしれませんが)、毎日の考え方を作り変えれば、意思決定の過程に入る準備をより整えることが出来るでしょう。

ただ立ち止まって、深呼吸、考えることの重要性とは?

走らず、でも固まらないで。ただ立ち止まって、深呼吸してみましょう。
今現在に意識を向けることが、私達の中にある賢い選択へと導いてくれます。

 

 

近年(もしかすると今までずっと)、人生とはシーソーの様に上がったり、下がったりよくするものです。私達は自分の世界、中と外と綱引きをしている様なものです。

 

 

こっちかあっちか?今か後か?これか、それともあれか?

そして最も危険なのは私達か、相手かという選択肢です。

 

 

しかし、どちらかを選ぶ二択式以外にもっと良い選択肢があるのです。それは“両方を取る”という選択肢や“どちらがより優れているか”という判断もあります。

 

 

ですが、どうやってより良く、正しい選択肢を見つけることが出来るのでしょうか?

 

 

まずは“留まる、立ち止まる”という観念を意識し、実践してみましょう。ここ、今、身体を意識し、今までの全ての経験と共に立ち止まってみましょう。そして、理想という空想ではなく、物事のあるままを捉えて留まるのです。

 

 

私達はグランドキャニオンの端に立っているとしましょう(グランドキャニオンではなくても、思い浮かべられるどんな端でも構いません、想像を膨らませてみて下さい)。

 

 

深呼吸して、頭をクリアにして、目の前にある現実を受入れましょう。また深呼吸して、この現実とはいったい何かを考え、感じ、意識してみて下さい。決して向こう側に渡る為の橋や、谷底に続くような滑り台を想像してはいけません。ただこの想像を楽しんでみて下さい、きっと面白いはずです。

 

 

橋も滑り台もない場所、では何をしたらいいのか。ゆっくり深呼吸して下さい、きっとあなたも色んな衝動に気が付くはずです。私の中には谷底へ向けて走り出したい衝動や、あまりにも強烈過ぎて逃げ出したいと思う衝動など、沢山の選択肢に気付きます。

 

 

しっかりと考慮することとは、現実を受け入れ、深い所にある自分の目的を確かめ、全ての選択肢を考えては自身の確固たる知識が何をするべきなのか選ぶことです。

 

 

私達を導くコンパスであり、星である一番の推測に辿り着く為にはしばらくの間、またはもしかするとほんの数秒間しっかりと立ち止まる必要があります。

 

 

見過ごされた衝動、外的基準、恐怖、欲望、慣習、怒り、否定、回避といったものは、人生において決して良い習慣ではありません。しっかりと呼吸をして、受け入れ、自身を信じ、可能な選択肢の中から選ぶことこそが、一番の良い習慣と言えます。

 

 

どんな場合においても、私達の興味、気持ち、モラル、強い憧れにより近いものを選ぶ為には、どうやって長い間立ち止まればいいのでしょうか?

 

 

意気消沈する程長い間、ニュースに耳を傾けるべきでしょうか?

 

それとも苦痛から逃れる為にすぐにテレビを消すべきなのでしょうか?妥協点は?

 

全てをいとわず相手に全てを受け渡し、自身を捧げるべきでしょうか?

 

 

それとも全てを拒絶して安全を手に入れる代わりに自身に枷を付けるべきでしょうか?

 

衝動に抗わず、例えリスクがあっても目標を手に入れようとするべきでしょうか?

 

それとも安全でいる為に無意識にその目標から遠ざかっていくのでしょうか?

 

自身の二択が起こる場所に気付いてみて下さい。その場所とは、外的世界と自身の内にある内的世界の間であり、対立する二つの間で揺れたり、より安全を提供してくれる方を支持するような場所のことです。そしてそれは普段意識する自分やそれと関わる深い自身才能を失う状況のことです。

 

 

どんな状況であっても、あなたが選ぶ選択肢は正しいか間違いか、という単純な判断が出来るものでは決してありません。

 

 

しかし、私達の選択肢の選び方は、私達をより深い幸福へと導いてくれるものでもあります。無意識的反動によるものではなく、しっかりと熟考した上で選んだ選択肢であれば、例え私達が“間違った”選択肢を選び途方に暮れても、私達はより簡単に自身を許せるでしょう。

 

 

間違った方向を選んでしまっても、私達は自身を許し、準備が出来たらすぐにより良い判断が出来る様に方向転換が出来ることを知っておきましょう。

 

 

実際に真実を見つける為に長く留まる方法は数多くあります。立ち止まって、集中して、深呼吸してみましょう。選ぶ準備が出来たのなら選択しましょう。準備がまだなら、選んではいけません。

 

 

目的に関して私達は穏やかに熟考し、時には正しいと思うものを見つけるまで長い間かかることもあります。一方で素早い判断が必要な時には光のような速度で考えます。しかし、それは原始的な戦闘反応などではなく、きちんと考え抜かれた人間的反応です。こうして立ち止まって、私達は意識を研ぎ澄まし、現実を認知し、自身の内にある知識としっかりと繋がることによって、選択し、それに向かって行動する準備が出来ました。

 

 

The Act of Will(意志による行動)という健全な選択肢を選ぶ方法に関して書かれた本の筆者であるロベルト•アサギオリ博士は以下の様に述べています。

 

「自身に静かに耳を傾け、正しい言葉をゆっくりと聞き取ることで、私は信頼出来る指標に従うようになります。この道を辿るべきだろうか?今するべきか、それともまた別の機会を待つべきか?といった具合にね。」

 

 

どの道を選ぶべきかをあなたがきちんと分かると信じることが大切であり、その後の旅路に備えて立ち止まって考えることは時間を掛けるに値する行為であることを忘れないで下さい。

チームからもっと良い答えを引き出したい? 新しい研究が、チームのブレインストーミングを高める方法を示す?

チームのクリエイティブな問題解決に関する新しい科学的研究が、私の大好きなイノベーション研究者の一人、ロニ・ライター・パルモンと彼女の研究仲間、ヴィグネッシュ・ムルガヴェルによって先週、発表されました。 

 

この研究では、65チームがクリエイティブなソリューションを必要とするシナリオを提示されました。チームの半分が、よくある行動をとり、「ソリューショニアリング」にすぐ飛びつき、問題を解決することにすぐさま焦点を当てました。もう半分は反対に、質問し、問いただし、問題を描写する(この分野の学問ではこれを、「問題構築」と言います)のに時間をかけ、その後でクリエイティブなプロセスのアイデア創造段階に移行しました。この二つのグループのブレインストーミングの結果はこのとき、チームが慎重な問題構築に従事したり、問題を解決することにすぐさま飛びついたりしたかどうかまったくわからない、この問題に関して「ブラインド」な評価者によって判定されました。 

 

この研究により、いくつか興味深い発見が得られました。 

 

ブレインストーミングの前にこの問題について考えたチームは、(ほんの少しだけ)もっとオリジナルなアイデア、ひょっとすると最も重要なアイデアを生み出したと判定されました。このチームは導き出したソリューションにさらに満足し、葛藤を感じることも少なかったのです。 

 

このことは、パフォーマンスが高いチームのリーダーシップに関して、重要な意味合いを持ちます。 

 

問題に直面したとき、ブレインストーミングにすぐさま飛びつかないようにしましょう。これはまるで、JFDIアプローチ(ビジネスにおけるよくある方法で、単に文句を言わずにさっさとやる、ということですが)を取る進行のように感じられることはわかりますが、これはお粗末な選択です。まずは、問題、機会、課題についてはっきりさせるために、2、3分使いましょう。なぜ私たちはブレインストーミングをしているのでしょうか?本当に問題なのは何でしょうか?この場で実際に何が起きているのでしょうか? 

 

この研究では、ソリューションのオリジナリティーに関するわずかな上昇(もちろん、必要とされたソリューションですが)しか指摘していませんが、リーダーに関してここで勝ち得たことは、質問に質問で返すことに時間をかければ、高い満足感が得られ、葛藤が少なくなる、ということです。 

 

外挿法によると、問題構築に従事するチームは、ソリューションの「後ろに回り」、問題構築を信じて、ソリューションを実践に移すやる気があると思われます。さらに、次の実験の機会には、このチームは問題解決の過程を楽しみ、チームでの問題解決に従事する傾向を示すと思われます。 

 

要するに、チームからもっと優れたクリエイティブな答えを引き出したいのであれば、その前段階として、質問に質問することにもっと時間を使いましょう。