オープンワークスペースはやめたほうが良い?データでは、明らかに論理的な結果あり

これを研究とは思わないかもしれません。仕切られたボックスではないオフィスを作るように雇用主を説得しました。結局のところ、はるか昔から、意欲的な従業員は、オフィス、特にコーナーオフィスを真髄の結論としています。そして、キューブファーム内のノイズとプライバシーの欠如(スピンメイザーが「オープンワークスペース」と黙って呼んだもの)がコラボレーションの増加の恩恵を上回っていることは、不可解な常識のようです。結局、オフィスで壁に囲まれていても、電話やeメールやSNS、ドアがあります。

 

 

しかし、壁のあるオフィスを作るように雇用主に訴える研究があります。そして多くの雇用主は、未だできていません。そのような雇用主は、四角形の箱に魅了されます。それは、低コストで従業員を管理しやすいからです。

 

 

それに、たとえ平等であることに苦しんでいても、労働者と上司が同じであることを好む人事と平等主義活動家が、「ヒエラルキー、フラマナイト、エガライト、リバティでダウン!ボス、あるいは少なくとも彼らの事務所でオフにします」それか、イデオロギーのバランスで、より保守的な忠告があります。「壁を壊せ!」そのようなオフィスがあっても、ヒエラルキーの象徴は、人々や提案者を喜ばすでしょう。

 

 

収益性を重視したピッチに合わせるために、活動家はオフィスを平等主義の農場に置き換えることでコラボレーションが促進できるという概念を売り込みました。これはグループ入力の相乗効果です。活動家は、コラボレーションの努力は、より費用がかかり、時間がかかり、いわゆるチームの全員が容認できる最下位の分母を決定を導く一方で、多くの場合、所有権の自尊心を損ねることに言及する可能性はあまりありませんでした。勤勉に働く個人でした。

 

 

様々な種類の職人は、立方体農場を受け入れたいと思いました。なぜなら、雇用主はフーズボールのテーブルのようなスタートアップカルチャーのお店であり、朝にはレッドブル、そして晩御飯にはクラフトビールを買いました。

 

 

しかし、研究はやってきました。

 

 

シドニー大学での研究では、303のオフィスビルで42,764の観察を行いました。すべての費用は、無料かもしれないものを見つけました。プライベートオフィスは結局のところ高い満足度を記録し、オープンワークスペースは低かったのです。大きな不満は、オープンワークスペースのノイズです。さらに驚くことには、やりとりのしやすさに満足度は、プライベートオフィスよりもオープンワークスペースでは高くありませんでした。

 

 

数ヶ月前に、ハーバード大学の研究で、オープンワークスペースでは顔を合わせる時間が70%減少しました。それは人の注目を避けようと多くの人がしているからだと思います。ジョージタウンの専門家やDeep Work Cal Newportの作者は、「これらの数字を具体的にするために、会社のオフィスが再設計される前の15日間で、参加者は1日1人あたり平均5.8時間の対面式の対話を蓄積しました」オープンレイアウトに変化した後、1.7時間でした。これは驚くことに、1日のコラボレーションは4時間少なくなっています。

 

 

調査対象企業の従業員は、幹部にとって失礼なことに、オープンワークスペースの導入後、自社のパフォーマンス管理システムで定義されている生産性が低下したと報告しました。

 

 

さらに多くの研究はこちらです。

 

 

クイーンズランド大学の調査によると、オープンワークスペースでの作業は、「高レベルのストレス、葛藤、高血圧、そしてスタッフの離職率の上昇を引き起こします」

 

 

企業精神科医の調査では、次のように述べられています。「囲まれた民間のオフィスは、室内環境品質のほとんどの側面、特に音響、プライバシー、およびプロキシミクスによいてオープンプランのレイアウトより明らかに優れています。「プロキシミクス」とは、人が快適に感じるために必要なスペースの量のことです。「インタラクションのしやすさ」が向上したことによる利点は、ノイズの増加とプライバシーの低下によるペナルティよりも小さかったです。

 

 

事実、プライバシーの問題があります。みんなが、ニーズとウォントを持っています。例えば、仕事時間に個人的な電話をかけるなど、近くに同僚がいるとそうすることはできません。

 

 

そうにもかかわらず、オフィスへの移動が遅くなるほうにかけています。雇用主は、長期的な効率の低下と従業員の満足度よりも、キューブファームの見やすい短期間のコスト削減に重点を置いています。また、労働者や上司の象徴が同じことを好みます。

 

 

しかしいくつかの点では、研究が立派な騒音とプライバシーの欠如のために従業員の満足度と生産性が低下すること、そしてよりよい仕事を得ることができる従業員はより多くの環境を得るために去ります。そして、オフィスへの傾向天井まで届く立方体の壁が少なくなると加速し、作業者が自分の考えを聞くことができるようになります。そして、彼らが共同作業をすることを選択した時、単に起き、電話、eメール、またはテキストを受け取ることができます。無数にコミュニケーションをとる方法があります。

 

 

なぜ境界線がないと、燃え尽き症候群を引き起こすのか?仕事の境界線をなくすと、生産性の低下や燃え尽き症候群のリスクを高める?

様々な種類のリーダー(中間管理職からトップの管理者まで)をコーチし、ストレスの軽減やワークライフバランスの向上、効率的生産を助けてきました。

 

 

時は流れ、問題の本質を探ると、核心が見えてきました。同僚やクライアントとの境界線の低下が、貴重な時間や労力を奪い、生産性や効率性の壁となっていました。

 

 

もしこれが起こったとしたら、妨害をされて仕事をコントロールできなくなります。ストレスは最大になります。

 

 

仕事のストレスは、燃え尽き症候群を引き起こします。境界線の低下が作業負荷、優先事項、抱えきれないほどの負担をもたらします。良いニュースもあります。境界線への対策を一度行うと、ストレスレベルは下がるでしょう。よりフォーカスし、物事を終えるために時間と労力をよりかけるようになります。こうすることで、自信を高め、どんな恐怖も調整し、盾となります。

 

 

問題の本質を照らすかもしれないいくつかの考えをご紹介します。境界線を作ることを手助けし、不必要な混乱を減らし、素晴らしい仕事ができます。

 

 

 

1、重要な仕事をする時間を分け、守る

 

最初に、何をするべきなのか考えましょう。私がコーチしている多くのリーダーは、たくさんの邪魔が入ると文句を言っています。チームや企業の他の人からの妨害が入るので、ハイレベルな考えや計画に割く時間があまりありません。

 

 

何をすべきか、何時間それをするかを考えましょう。スケジュールのいつに入り込むかを決めて、それを実行しましょう。

 

 

そうする方法はいろいろあります。あるクライアントは「邪魔しないでください」というサインで、ドアを閉めると言っていました。その時間は、eメールやオフィスチャットシステムをログオフします。彼女は、1日の仕事時間のある時間は他にとっておき、チームにも知らせています。緊急以外は、邪魔なしで作業します。

 

 

もちろん彼女のやり方を進めるべきでしょう。同僚はドアをノックするかもしれません。電話するかもしれません。緊急ではない時に。深刻に話すべきです。境界線が欲しい時は、真剣に話してください。丁寧に、しかし、そうする必要があることをはっきり言いましょう。そして理由も教えましょう。

 

 

他の人がそのリクエストをリスペクトしない場合、私のクライアントは、重要な仕事をするためにどこかへ行きます。時折、すべきことをします。これは、平静さや生産性のためだけではありません。企業や従業員のためでもあるのです。

 

 

2、非現実的な期待をしない

 

心配性な人ですか?ハイレベルな仕事をしていますか?ベストをこなしていますか?他の人から頼れる人だと思われている人でしょうか?これは良いことです。真面目な性格は仕事の成功の鍵となります。トップリーダーは、真面目な人々の傾向があります。

 

 

残念なことに、真面目さは悪い部分もあります。境界線の原因ともなります。

 

 

真面目さが仕事のスタンダードになっていますか?必要でしょうか?

 

 

あるケースでは、ある管理者がクライアントに「訓練を受けた」と期待しているので、即座に反応することができます。週末でもです。バケーションの時もです。成功の一旦をになっていますが、持続することはできません。彼は危険にも境界線を作ることができなかったのです。そのため、悪いことが起こりました。

 

 

他人に反応するのに時間をかけるようにしました。適切なことをするようにオファーしました。しかし、トップをやめたわけではありません。週末は、携帯の電源を切り、手の届かないところにおき、月曜の朝までは取らないようにしました。休暇中は、自動返信機能を使用しました。

 

 

世界は終わったわけではありません。事実、他のポジティブな変化と組み合わせました(飲み会を減らす、睡眠をよく取る、リラックスする何かをする)数ヶ月後には、新しい人物になりました。仕事をより楽しめるようになったのです。

 

 

これはあなたのシチュエーションに似ているかもしれません。賢く小さな変化を始めることを推奨します。境界線を作る機会を探してください。見つけることができます!探し始めましょう!

 

 

3、個人的に必要なものやそれに従って行動しましょう

 

 

あなたは内向的ですか?外交的ですか?

 

 

外交的な人は、人と一緒にいることでエネルギーをもらえます。パーティーやソーシャルイベントが好きです。いろんなことを話すことが好きです。境界線のない会社を好みます。

 

 

内向的は、社交性に欠きます。一人の時間を好みます。開けた会社なんて悪夢です。燃え尽き症候群のリスクが高まります。

 

 

社交性にストレスをかかえるクライアントがいました。彼女は、過重労働をかかえていましたが、ストレスの根源を見つけ、コントロールするようにしました。

 

 

「同僚が絶えずデスクにやってくるの」と彼女は話しました。「話をして、コーヒーやランチに誘うの。ゴシップや文句が好きなのよ。本当に疲れるわ。」

 

 

彼女は内向的でしたが、気づいていませんでした。彼女のコーヒーやランチ「休憩」は、仕事よりも重荷になっていました!彼女は、境界線を作る必要があり、そのため、休憩を息抜きの時間にすることができたのです。

 

 

最初にコーヒー休憩の時間を確保しました。彼女は、誘いを断り、その答えに納得しない人がいたら、散歩に出かけました。そうすると、誰も彼女を見つけることができません。次に、火曜日に「グループランチ日」を設定しました。他の日は、一人でランチを食べるのです。

 

 

また、通勤時間を解放時間にするようにしました。「機内モード」にします。Eメールをチェックする必要もないし、電話も来ません。その代わり、ソフトな音楽やリラックスのできる音楽を聴きます。こうすることで、帰宅してすぐにリラックスする時間にあてなくてよくなりました。リラックスして帰宅できるからです!

 

 

仕事で何がストレスか詳しく調査することをお勧めします。何をしているのか、本当に必要ではないし、疲れることは何ですか?どのように人の期待に応えることができますか?どのように境界線を作り実行できますか?

 

 

たくさんのコントロールできることがあると思います。それに気づき、新しく取り入れて、変化を起こしてください。ストレスも少なく変化を助けることができます。

決断する際に有効な方法とは?重要な決断をする前にあなたの目的を理解しましょう

意思決定が苦手ですか?

 

毎日重要な決断をするよう求められていますか?

 

もし深みにはまってしまっていると感じていたり、間違った方向へ向かってしまっている様に感じるのであれば、意思決定のプロセスを見直す必要があります。決断は「Yes」「No」と簡単にいえるようなものではありません。特にあなたが素晴らしい結果を出すことを期待されている時の決断はそんなに簡単なものではないのです。

 

 

一般のアメリカ人は約35,000回の決断を毎日行っています。例えば朝食に何を食べるか、いつ仕事に行くか、どれ程頻繁にメールをチェックするか、次はどのプロジェクトに取り組むべきか、といった内容です。親や起業家、クリエイター、リーダー、どの立場にしても、自分が毎日行う判断がどれ程重要なものであるかを間違った判断をするまで気付かないかもしれませんね。でもそれはあなただけではありません。

 

 

しかし残念ながら、平凡でありふれた決断しかあなたは取って来れなかったでしょう。意思決定プロセスにアプローチする最善の方法の一つは目的というレンズを通すことです。あなたが目的を意識し、マインドフルネスによって促進されたメタ認知を毎日持っていれば、あなたは賢い選択をする為の準備がより出来るようになるでしょう。

 

 

目的を理解する

 

目標のある状態は、より素晴らしい方向性へと導き、自身に価値を置き、より意味のある人生へと繋がっていくことを私達は知っていますが、いったいどうやって自分の目的を明らかにすれば良いのでしょうか?

 

目的を知っていると、あなたの目標に合った判断やプロジェクト、機会に対して正しい返答が出来ます。これは使命主義の型にも当てはまります。

 

 

この大きな質問を、目標主導の意思決定の手始めとして自身に聞いてみて下さい

 

自分を動かすモチベーションとは何だろうか?

自分の長期にわたる目標とは何か?

今までの中で、自分の人生をより良くした判断とは何だったか?

自分が一番成功する環境とはどんなものだろうか?

 

 

一度自分の目標を確立してしまえば、どんな日でもその目標を自分に思い出させましょう。大小関わらず意思決定をする際には、その決定があなたの個人的、そして職業的目標両方に繋がるものであるかを確認して下さい。

 

知識ある判断をする

 

Netflixが今の様な大きなNetflixとなる前、Blockbuster(ブロックバスター社)はNetflixを買収する機会がありました(この機会はBlockbusterが最新技術分野において成功し続ける可能性がありました)が、Blockbusterはこの機会を見逃しました。

 

Blockbusterはその判断に伴う結果を予想していたのでしょうか?

 

明らかにしていなかったでしょう。

 

彼らはその機会を断ったことを後悔しているのでしょうか?

 

果たしてそれは重要なことですか?

 

 

CEOは重要な決断をする必要がありましたが、その時NetflixはDVDデリバリーサービスを行う会社で、そのサービスはBlockbusterの目的とは一致しませんでした。

 

更には、Netflixは資金不足になりつつあった為、彼はその話を断ったのです。彼は、彼が持つ情報を元に知識ある判断をしたのであり、可能性や感情を元に判断したわけではありません。これはリーダーに求められる能力です。

 

 

ホセイン・アースハム博士(ボルチモア大学のライト特別名誉教授兼ションズ・ホプキンス・キャレー・ビジネススクールの指導教授)は、意思決定の趣旨に関する学説を次の様に書いています:

 

 

ビジネスにおける意思決定はほぼ常に不確定性を伴います。もちろん、より多くの情報を決断者が持っている程、その決断は良いものになるというのは明らかです。決断をまるでギャンブルの様に扱うのは決断理論の基礎です。つまりこれは、可能性に対して明らかな結果の価値を取引する必要があるということです。

 

 

この学説はBlockbusterが辿る可能性のあったサクセスストーリーには矛盾するものの、その時のCEOジョン・アンティオコは学説に基づいた知識ある判断をしたことを物語っています。大抵最善の選択をするためには、目的と共に必ず進む必要があり、過去に起こったことや未来に起こりうることは無視する必要があります。

 

 

あなたが知っていると思うことを手放す

 

ジョシュア・ロースハンは最近のNew Yorkerにチャールズ・ダーウィンについて書いていて、彼がエマ・ウェッジウッドにプロポーズするかどうか決めた方法についても書いています。我々の多くがしたことがあるように、ダーウィンは良い点と悪い点をリスト化しました。このリストはポジティブな点と問題となる点の両方になるでしょう。

 

 

アンティオコと同様に、ダーウィンは良い判断をするために事実を並べましたが、良い点悪い点のリストは事実によって作られており、その事実は異なる重さ/重要さを含んでいます。

 

よってこの戦略は限られていて、特に重要な判断や判断を即座にする必要がある場合(例えば、地下鉄で妊婦に席を譲ったり、会議で突然意見を求められた時や論争点を述べるべきか判断する時)には限界があります。

 

 

大抵、最も重要な判断をする必要がある場合、自分自身の基準を用いる必要があります。あなたにとって上手くいく方法でも、他人には上手くいかないものかもしれません。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは、あなたがもつ目標はあなた自身専用の特別なものであって、あなたを次の目的地へと導く北極星のようなものであるからです。

 

 

ウォートン経営教授シーガル・バーセイドはアンドリュー・C・ハフェンブラックとゾーイ・キニアス(両者はINSEADの組織行動部門に属している)と共に、意思決定における熟考の影響についての論文“熟考/瞑想を通すことで起こる脱バイアス効果:マインドフルネスとサンクコスト(埋没費用)傾向”を執筆し、心理科学雑誌に掲載されました。

 

 

この研究によると、この研究専用に作られた15分間におよぶ呼吸に集中する瞑想音声を聞いた人は、その音声を聞いていない人に比べて、サンクコスト傾向(我々が持つ、既に費用や犠牲を払ったものに対して投資し続ける傾向)に抵抗する可能性が高いことを彼らは発見しています。

 

もしかするとあなたは何ヶ月もの間時間とお金を、悪い結果をもたらすプロジェクトや、あなたが設けた期待を実現しようとしてきたプロジェクトに注いできたかもしれません。そのプロジェクトを引き続き続けていくべきでしょうか?より多くの時間を費やすべきですか?それとも、次に移るべきでしょうか?

 

 

この研究の結果を考えてみましょう。瞑想した人は過去に目を向ける傾向が少ない為に負の感情を経験することが少ないことを踏まえると、彼らはよりクリアな思考でより今必要な決断をすることが出来るのです。

 

持ち帰って欲しいアイディアは、特に重要な決断をする際は意思決定から来る感情を無視出来る様に努めるということです。もし怒りや過去のトラウマ、心配を取り除くことが出来れば、あなたはより知識ある決断を出来る余裕を自分に作ってあげることが出来るでしょう。

 

 

リーダーとして、あなたは数多くの重要な決断を毎日求められているでしょう。あなたの会社やビジネス、あなたのクリエイティブな試みに関する目標を決めるのはあなた次第であり、それを頭に留め、目標を目指して毎日他の者を先導するのもあなたにかかっています。

 

 

フォード社の会長であるビル・フォードは、ハーバード・ビジネスレビューにて、毎日の瞑想のおかげでとても辛かった日々を乗り越え、より思いやりのある決断をすることが出来たことを明かしています。15分間オフィスやインターネットから遠ざかることで、自分の目標と再び繋がる為の時間とスペースを作ることが出来ます。

 

 

即座の決断はいつも簡単に出来ることではありませんが(あなたの感情が高ぶっている際はとても簡単かもしれませんが)、毎日の考え方を作り変えれば、意思決定の過程に入る準備をより整えることが出来るでしょう。

あなたのことを必要だと思っていない人とどう向き合うか?

相手が自分で全て出来ると思い込んでいる時どうすれば良いのか、新しい研究がその方法を教えてくれています。

 

 

もしかすると職場や近い存在の中に“自分は万能で何でも出来る”と考えていると思われる人がいるかもしれません。

 

大事な仕事に対して自分も努力を共有すると合意したのに、その相手はその仕事を奪い取ってあなたを待たずに完成させてしまうと感じた経験があるかもしれません。これは単なる自己中心的な性質の表れなのでしょうか?

 

でも、その相手は大抵気心が合う相手であるし、評価や権力を追い求める様な相手ではないことから、その自己中的な考えは単純に当てはまらない様に思えます。もしかすると、その相手は自分を万能だと思っているというよりもむしろ、一人で仕事をすることに慣れていて、一人の方が気が楽だと考えているのかもしれません。

 

あなたにとって問題なのは、彼らにより、自分が“二番手”という役柄に追いやられてしまうという感情と、重要な場面に携わる機会が全く訪れなくなってしまうということです。

 

 

言い方によっては、あなたの為に何でもしてくれるパートナーや同僚のおかげで、あなたは別のことに時間を使える様になるとも言えます。

 

 

しかし実際のところ、あなたは自分の考えを結果の為に提供したいと考えています。もしこれが仕事に関係するタスクであったら、その相手がいつも仕事を片付けることに気を良くしないかもしれません。もし手に負えない相手と付き合っていたら、あなたは頭のどこかで家周りを世話してくれる誰かがいるというのは良いことかもと考えるかもしれません。

 

でもこれらの場合も同様で、やはりあなたはもっと自分でやりたいと思っているのではないでしょうか。

 

例えば、家庭にある育ち過ぎてしまった鉢植えの植物たちを植え替えることをパートナーと話していたら、仕事から帰宅後、全てがきれいに新しい鉢植えに入っていたらどうでしょうか。あなたがやりたかった方法と違ったとしても、もう手遅れなのです。

 

 

自分で勝手に物事をやってしまう人達よりも更に最悪なのは、相手があなたの考えを求めておきながら、あなたの考えを考慮せず、そのまま自分で仕事を終えてしまう人達です。

 

後々彼らは、全て自分でしなければいけなかったとあなたを責めるでしょう。この時にはあなたは、相手が純粋な“個人プレイ派”というよりも“犠牲者ぶる人”の方が適切だと思う様になっているかもしれません。自分が良いと思って進んでこのような行動を取る人を、誰が責められるでしょうか?

 

 

このような問題が一般的であるのと同様に、通常、心理学は全てにおいて個人プレイをしたいと思う人達の原因や結果をはっきりと研究していません。驚く方もいるかもしれませんね。

 

しかし、ベルゲン大学の心理学者、セシル・ショウ・アンドレアセンとその同僚による新しい研究(2019年)では、その問題に対する答えが示されていました。

 

このノルウェー人の筆者は“仕事中毒の人”に注目し、なぜ人々は求められている義務以上の努力をしなければいけないという必要性を感じ、更になぜ全てを自分一人でしなければいけないと思うのかということについて研究しました。

 

ここで一点明確にすると、研究チームは仕事中毒を「仕事に対する多大な傾注/打ち込み、長い勤務時間、求められている以上に働く、仕事に対する抑えのきかない執着」と定義しています。

 

 

“全てをしなければいけない”という感情は、あなたの過度に働く傾向に確かに関係しています。このノルウェーの著者が考える仕事中毒の一因となる性格は、ナルシシズム、完璧主義、心理学的タイプA(競争意識が強く、働き者)、そしてある種の神経症といった個人プレイ主義の心的傾向です。

 

また仕事環境が仕事中毒をより強める可能性があります。

 

例えば、多くを求められる厳しい仕事や個人の生産性によって報酬が決まるタイプの仕事では、仕事中毒の傾向が強くなります。その他には上司の指導方針なども仕事中毒に関係があるとされ、特に上司が部下に対して虐待的な態度を取るかということが関連している様です。

 

 

アンドレアセン達は職場の要因から起こる仕事中毒の指標を理解する為に、合計9つの仮説を実験し、手始めにノルウェー政府によって登録された労働者から無作為に5,000人のサンプルを集めました(このノルウェー政府のデータは国内全ての労働者の統計を記録しています)。

 

その中で約3分の1の人がアンケートに全て答え、結果として約1,608名の参加者が集まりました。彼らの平均年齢は45歳で、その中の3分の1は何かしらの管理職に就いていました。

 

仕事に対する中毒性は、以下の7つの項目によって測られました

 

“核心となる中毒症状”の突出、耐性、気分調整、再発、撤回、葛藤、課題。職場環境の指標として、仕事の需要性と統制、不明確または対立する仕事役割という問題面、悪い関心の対象となること(いじめ、仲間はずれ等)を含んでいます。指導方針、個人の特質、直属の上司の暴力的態度は、仕事中毒を決定付ける方程式において最終項目となりました。

 

 

このノルウェー労働者のサンプルでは、労働中毒と定義された人は約7%でした。

 

しかし、全ての参加者において仕事中毒の尺度となったポイントは、好ましくない職場環境に関連しているということが分かり、また筆者は、「仕事中毒者は現実逃避、没頭性、個人的目標達成によって駆り立てられている」という可能性があるということを指摘しています。

 

仕事中毒者は「不快なストレスから逃れるため」に仕事に没頭してしまうのです。

 

低い仕事統制が高いストレスの前兆とする以前の研究とは異なり、仕事中毒の人は自分に責任を感じる際、より多くの仕事をすることでより多くストレスを抱えることになることがこのサンプルによって明らかになりました。

 

有害な職場環境は仕事中毒性の一因となりますが、「他人と交流、打ち解け合い、親密になることの難しさ」のせいで仕事中毒の人が気付かずにそういった職場環境を作ってしまっているのかもしれません。虐待的指導方法は従業員の労働中毒的態度へほとんど影響が無い様に思われました。

 

しかしその一方で部下に自分の判断で仕事を進める様放置した上司の方が、仕事中毒を助長させる可能性が高いことが分かりました。

 

 

仕事中毒者と個人プレイ主義者のメンタルの関係性に戻ると、人々は仕事を完成する必要がある際に明確な指示が得られない場合、彼らの様な方法を取り込む様になるということをノルウェーの研究は示しています。

 

中毒性による類推はこの点においてとても興味深いです。個人主義になりそうな人は恋愛かキャリアいずれかの初期段階で、成功する為には誰よりも勝る必要があると感じるのではないでしょうか。またはもしかすると気付かないうちに彼らは必要以上に努力し、そうすれば報酬が得られることを知り、特に力を注いだ対象から評価をもらえた時にその気持ちを強く感じることでしょう。

 

特に彼らの両親や先生が、評価や愛情、感謝といったものを得る為には個人が自分でそれを手に入れることが出来ることを証明する必要があるという信念を増進させた場合、そうした行動が人生の早い段階で形成され始める可能性はあります。

 

 

アンドレアセン達は労働中毒に関連する個人の特色を測らなかった為、彼らは重要な一因を見過ごしてしまったかもしれません。彼らは仕事中毒者の心的傾向の変化の28%しか説明出来なかったという可能性があります。

 

更に、彼らは職場の最高地位を占める労働者、つまり雇い主や社長を調査しませんでした。

 

彼らは管理する能力に頼った役職であるからこそ、彼らこそが個人主義的考えを持っている可能性が高いかもしれません。彼らの仕事や対応は多くの能力を必要とするだけではなく、投資者に吟味され、彼らの判断が良い結果を招いた際に報われます。関係性においては、“最高経営責任者”というものはなく、長い間個人で全てをこなし、生きてきた結果としてこうした関係に落ち着いたのかもしれません。

 

 

まとめ

あなたを必要としない人達を対処するには、彼らがあなたにどのような気持ちにさせるかを正直に話せる瞬間を見つけてみましょう。

 

彼らがあなたを招き入れることに対して報酬を与えることによって、彼らの全てを自分でしようとする“中毒的”習慣を断ち切りましょう。

 

相手の支持を仰ぎ続けて怒りに煮えたぎることはより悪化した状況を生むだけです。

 

家庭、職場いずれにしても関係性を向上し満たすコツはあなたと相手両方にとってとても重要な課題やタスクにおいての協力にあります。

上司は部下よりも精神が不安定?

最新の研究は、少しの精神異常はリーダーにとって有益であることを示唆しています。

 

 

 研究によると、リーダーは無情さや、大胆さ、そして支配する能力を備えることによってよりリーダーらしくなることが示唆されています。

 

精神が不安定で異常を来している人は、自分が力を得る為に他人を虐げてしまう傾向が強いことで知られていますね。この観点から言うと、CEOや政治家と犯罪者や暴力的な人との違いは、あからさまな反社会的行動を避ける能力の有無であると言えます。

 

だからこそ彼らは逮捕されることがないのですね。共感する能力のない人は、彼らの要求を通す為に乱暴に力を振るい、他人を傷付けるような自身の行動すら後悔することはありません。

 

 もしかすると、あなたやあなたの知り合いの周りには特に意地悪な性分で、他人の弱く低く見せようとすることに良心の呵責のない上司がいるかもしれません。どうやら彼らは他人を退けることばかりに気を掛けて、他人を傷付けたことなど意にも介さずに、他人の言動に目を光らせているようです。

 

 アラバマ大学のカレン・ランデイとその同僚による(2018)“悪の主君に使えるべきか?”という名の記事には、次の様に述べられています。精神異常者と同様に、モラルのコンパスを持ち合わせていない企業のリーダーは高く評価され過ぎている、と。そしてこの観念に基づいて発展した話は、“成功した精神異常者”に関した人気のある文献へと牽引するような興味を引くものでした。しかし、ランデイとその同僚達は、その話は重要な項目が抜けていると主張しています。

 

 

 彼女たちが主張するその見落とされている点とは、リーダーシップの発生とその効力の間の違いにあります。

 

精神的に病んでいる人たちは、他人を支配したいという欲望から素晴らしいリーダーになりたいと望みますが、彼らが全員悪い人であれば、きっと彼らはトップに立てるのでしょう。嫌な上司を思い出してみて下さい。

 

本当にそんな意地悪な人のために働きたいですか?

 

全力で彼らの野望を阻止したいと思いませんか?

 

休憩のコーヒーやランチタイムを見つけては、毎回内部告発者のシナリオを夢見て、同僚と策略を練ったりすることはありませんか?

 

だとしたら、ではどうやって個人が有能なリーダーになれるのでしょうか?

 

個々が頂点に上り詰めることが出来る方法は、上司を騙して上手く利用し出世させてもらうか、その上司を追い出すように弁護士をちらつかせながら恐喝するという悪意ある行動のどちらかしかありません。

 

 

 ランデイたちによると、以前の研究では十分に認知されていなかった重要な区別をきちんとする必要があると述べています。

 

まず始めに、精神が不安定な状態は簡単で単純なものではありません。精神異常を測るのにある一つの要素を用いることもありますが、研究者達は精神不安定者を多面的価値を持ったものであるという考え方をするように推奨しています。

 

その多面的な価値とは、内的支配(大胆さ)、衝動性(非抑制)、卑劣さや意地悪さ(共感能力の欠如)を指しています。

 

 その他の精神病に関連した方式は複数の想定性です。これは個人が他人好意を持ってもらえるよう振る舞うことで、他人に自ら道を明け渡させ、退けることに値します。

 

加えて、リーダーシップの発生を定義するのはとても困難です。ある人が重要な地位へと出世するかもしれませんが、それは2、3年しか持たないものかもしれません。もしかすると雇用主が彼にうんざりしてしまい、その出世した人は解雇になる前に辞職するかもしれませんよね。人々があなたに好感を持って、喜んであなたの為に働きたいと願うから、あなたは良いリーダーと呼べるのでしょうか?

 

それとも、あなたがしっかりとした企業理念や事業に関する考えがあるから、良いリーダーとなるのでしょうか?

 

例えば、あなたはあなたのボランティアグループに酷い扱いをしたとします。でもそのグループはきちんと募金を募ることが可能なのです。

 

 方法論や定義的問題とはまた別に、精神不安定者とそのリーダーシップとの関係には性別が何かしら作用しているのではないかとランデイたちは示唆しています。結局のところ、女性は重役に就くことが少ないという事実だけではなく、女性達はそのような重要な役職において必要な支配能力に優れていないということはよく知られています。女性は男性と同じ様に“邪悪な”振る舞いをすることは難しく、他人からそう受け取られることは難しいのです。

 

 

 出版の是非に関わらず、ランデイたちの研究基準に合った文献を参照した後、彼女達は92名の被験者を得ることに成功し、リーダーシップの発生、効果、“変化的”リーダーシップ、そして高い倫理基準に基づいて支持者を感化するタイプのリーダーシップに関連したデータを得ることが出来ました。研究グループは、精神異常とリーダーシップの関係を男女それぞれ調査するだけではなく、リーダーシップの質を予測するのに適切な精神の不安程度を計測するための可能性を調査にも熱心でした。

 

 

この膨大な量の研究データによると、研究チームはほんの少しの関連性を精神異常とリーダーシップの発生の関係に見つけることに成功し、同時に精神異常と効率性との関係を否定する要因を僅かに見つけました。予測がつくかもしれませんが、精神が安定していな人は変化的リーダーシップを測る値が低いことが分かりました。

 

面白いことに、地位が低い者が上司を評価する際、精神の不安定性と変化的リーダーシップの関係は、自分自身を評価するときよりも弱いことが分かりました。

 

しかし、性別という要素がこの調査に入り込むと、状況は大きく変わります。精神が不安定の男性はリーダーになれる一方で、女性はリーダーとして台頭することはありませんでした。同様に、有能性において精神不安定の男性は高く評価されたのに対し、女性は低く評価されました。

 

つまり、全体的に精神性とリーダーシップの関係はどうやらそのリーダーとなる人の性別に大いに関係している様です。最後に、ある程度の精神異常はリーダーにとって変化性を含むリーダーシップにおける全ての局面においてなにかしらの効果があることが分かりました。

 

 

 筆者は次のように結論付けています。多様な研究にわたる実験的精密な調査の元では、リーダー素質のある精神不安定者にはある種の恐怖が備わっていることが分かった、と。その効果は小さいながらも、“実験において潜在的に大事なもの(p.8)”であるとしています。しかし、多ければ多い程良いというものではなく、適度な精神の不安定性が、個々をリーダーにし、より効果的で変化的なものへと変えることができる様でした。一方で女性の場合は話が異なり、精神病的女性は性格の特色が職場に裏目に出てしまうようです。家庭において女性は精神の不安定性を反社会的と捉えずに態度に表すことがありますが、感情は邪魔なものと捉える職場においては感情の爆発として良く見られないようですね。

 

 

まとめ

 

精神の不安定性とリーダーシップの獲得との間には、単純単一な関係性や繋がりは見られないようでした。分かったのは、女性は男性と比べ、その精神不安定性を表わすと困難に直面することが多いことと、一方精神に異常を来している男性は、その精神不安定な状態は彼らを頂点に上り詰める後押しをしてくれているということでした。少し相手に良く接することは、自分が夢見るキャリアへと続くより長い道を選ぶということに等しいのかもしれませんね。

チームからもっと良い答えを引き出したい? 新しい研究が、チームのブレインストーミングを高める方法を示す?

チームのクリエイティブな問題解決に関する新しい科学的研究が、私の大好きなイノベーション研究者の一人、ロニ・ライター・パルモンと彼女の研究仲間、ヴィグネッシュ・ムルガヴェルによって先週、発表されました。 

 

この研究では、65チームがクリエイティブなソリューションを必要とするシナリオを提示されました。チームの半分が、よくある行動をとり、「ソリューショニアリング」にすぐ飛びつき、問題を解決することにすぐさま焦点を当てました。もう半分は反対に、質問し、問いただし、問題を描写する(この分野の学問ではこれを、「問題構築」と言います)のに時間をかけ、その後でクリエイティブなプロセスのアイデア創造段階に移行しました。この二つのグループのブレインストーミングの結果はこのとき、チームが慎重な問題構築に従事したり、問題を解決することにすぐさま飛びついたりしたかどうかまったくわからない、この問題に関して「ブラインド」な評価者によって判定されました。 

 

この研究により、いくつか興味深い発見が得られました。 

 

ブレインストーミングの前にこの問題について考えたチームは、(ほんの少しだけ)もっとオリジナルなアイデア、ひょっとすると最も重要なアイデアを生み出したと判定されました。このチームは導き出したソリューションにさらに満足し、葛藤を感じることも少なかったのです。 

 

このことは、パフォーマンスが高いチームのリーダーシップに関して、重要な意味合いを持ちます。 

 

問題に直面したとき、ブレインストーミングにすぐさま飛びつかないようにしましょう。これはまるで、JFDIアプローチ(ビジネスにおけるよくある方法で、単に文句を言わずにさっさとやる、ということですが)を取る進行のように感じられることはわかりますが、これはお粗末な選択です。まずは、問題、機会、課題についてはっきりさせるために、2、3分使いましょう。なぜ私たちはブレインストーミングをしているのでしょうか?本当に問題なのは何でしょうか?この場で実際に何が起きているのでしょうか? 

 

この研究では、ソリューションのオリジナリティーに関するわずかな上昇(もちろん、必要とされたソリューションですが)しか指摘していませんが、リーダーに関してここで勝ち得たことは、質問に質問で返すことに時間をかければ、高い満足感が得られ、葛藤が少なくなる、ということです。 

 

外挿法によると、問題構築に従事するチームは、ソリューションの「後ろに回り」、問題構築を信じて、ソリューションを実践に移すやる気があると思われます。さらに、次の実験の機会には、このチームは問題解決の過程を楽しみ、チームでの問題解決に従事する傾向を示すと思われます。 

 

要するに、チームからもっと優れたクリエイティブな答えを引き出したいのであれば、その前段階として、質問に質問することにもっと時間を使いましょう。

“もしも、こうだったらなら…”の心理学 正しい過去の振り返り方とは?

時間を追って行けば、または「反証的な」思考では、結果が混在する可能性があります。

 

 

時に振り返る作業をすれば、物事がどう改善されたかを我々は考えます。

 

 

  • 私が高校のとき、演劇で、そのパートをやっていたら、アイビーリーグの学校で素晴らしい演劇プログラムに入ったでしょう…

 

 

  • 私のボーイフレンドが違う学校に転校したならば…それか私はまだ彼と一緒だった場合、私の人生はずっと良かっただろうと思う…

 

 

  • 私が20代のころ、この仕事の代わりに他の仕事をしたかったと思います。ただ、20代のころはそう思いませんでしたが、もしそうだったなら、私の人生は100%改善されたはず。

 

 

この思考を、私たちは “上向き”の反作用的な思考と呼びますが、同時にその時、あなたは、落ち込んでいる可能性があります。

 

 

私たちが振り返るときには、私たちの状況が悪化している可能性があると考えているのです。

 

 

逆に、

 

 

  • 振り返ってみると、私は中等教育を専攻しました。私は高校生を教えることが大好きで、毎夏に旅行するのが大好きです。振り返ってみると、これは私にとって完璧な仕事でした!

 

 

  • 夫と別れてハロルドと一緒になったことに毎日、私は感謝しています。離婚はストレスがあり、物事はしばらくトリッキーでしたが、私がそこにとどまっていたなら、私は悲惨な状況になっていました。

 

 

  • 私は20代にいたときに気まぐれにカリフォルニアに移住することを選んだことをとてもうれしく思います!当時、それは狂った考えのように思えました。今、私は素晴らしい家族と素晴らしい仕事をしています。そして、私は週に5日サーフィンをします。今までの最高の決定でした!

 

 

私たちはこれを「下向き」の逆説的思考と呼びます。実際にはかなり盛り上がるかもしれません。

 

 

下向きの思考の利点として様々な研究により、下向きの逆説的思考は、上向きの逆説的思考と比較して、心理的健康とより関連している傾向があることが分かっています。

 

 

下向きの事実上の思考が否定的な感情につながる場合、人々は生産的な行動をとるよう動機づけられます。そして、逆説的な思考が正の感情につながるとき、人々はある程度の人生の満足を感じるのです。

 

 

反事実的思考を探求した最近の研究で、ローレン・ステューダー(2016)は、心理学における私たちの大学院プログラムの卒業生は、親密な関係にある下向きの反事実的思考が相対的に正の関係があることがわかりました、たとえば関係の満足度になります(a result that parallels a past finding from my own research team’s work; see Geher et al., 2005)。

 

 

興味深いことに、女性が男性よりも特有の下向きの事実に基づく考え方になる可能性が高いことを発見しました。

 

 

言い換えれば、過去の関係を最善のものにできるのは女性が男性より多かったのです。ですので男性はこのような考え方に慣れていないようです。

 

 

 

上向きの反事実思考の利益とコスト

 

 

上向きの事実に基づく考え方には、いくつかの利点があります。あなたが試験のために勉強しなかった場合、次回に試験が予定されているときに、この事実をよく考えるかもしれません。そして、次回に効果的に勉強するための動機となりえます。

 

 

これは、上向きの事実上の思考はしばしば悲観的なスタイルに関連していると言いました。そして、比較的低いレベルの満足になることが分かっています。

 

 

だから、あなたが何か混乱させたことを考え直すことは、本当に人生の幸福と満足のための素晴らしい方程式とはなりません。

 

 

ひとつの方向

 

 

反芻はうつ病の特徴である。

 

 

反芻は、心理的な生活の中で、逆の事実上の思考をすることができます。このような思考が、「私は本当に台無しになった」心理によって特徴づけられ、自分の毎日の心理に浸透するようになると、否定が続きます。

 

 

あなたがこのような上向きの事実を考えていて、このトラップを自分で見つけたら、本当にそのトラップから抜け出し、前進するための措置を講じるべきです。

 

 

一日の終わりに、あなたが何年も前にやったことは、過去は過去であり、時間は一方向にしか動きません。そのうち、私たちは確信できるようになるのです。

 

 

 

ボトムライン

 

 

ある程度、あなたの人生は、あなたが作った選択肢の合計である、と考えることができるようになります。もちろん、いくつかの選択肢が他の選択肢よりも優れていることはあります。

 

 

過去の決定を振り返ること(つまり、反論的思考に従事する)は、人間にとっては自然なことです。

 

 

そして、上記のように、すべてが悪いわけではありません。

 

 

あなたが過去にいろいろなことをして生活していて、もっとうまくやったかもしれないひとつの事柄に集中しているのなら、未来はもっと難しいことになっているかもしれません。

 

 

結局のところ、これは一方通行なのです。そして、この旅路は、比較的、簡潔なものなのです。


あなたは自分が思っているよりも、もっと自分をコントロールできる?

自我消耗は自制能力に対する不十分な(そして悲観的な)見方をさせる

 

あなたが新しいダイエットを始めてから1週間が経ちました。これまでの食事は全て雛鳥の胸肉とふやけた野菜でした。さあ、金曜の夜になりました。あなたの仲間が、ビールとナチョスを食べに出かけよう!とあなたを誘惑しています。あなたは精神的な疲れから誘惑に耐えきれず、アルコールを飲み、思う存分食べました。ダイエットの決意に反したという罪悪感を和らげるため、次の日あなたはダイエットにおいて時折チートデイを設定することがなぜ大切なのか、ということを解説しているブログの投稿に「出会い」ます。

 

 

これは誰もが聞き覚えのあるお話でしょう。精神的に消耗して疲れ果てている時に、辛いコントロールを絶え間なくし続けることがどれだけ難しいかということはご存知だと思います。科学的にもそう言われています。セルフコントロールが必要な仕事をすることは、実際にその後の仕事のパフォーマンスを悪くするのです。月曜から木曜までのダイエット中のセルフコントロールは、自制力タンクを空にし、金曜日の(ナチョスの)誘惑をかわすことを非常に困難にしました。

 

 

研究者たちはこの現象を「自我消耗」と呼んでいます。そしてそれは自制力とセルフコントロールの心理学的基盤について研究している人たちにとってホットな話題なのです。

 

 

 

自我消耗とセルフコントロール理論

 

自我消耗という概念は、心理学者たちが「セルフコントロールの強度モデル」と呼ぶものに由来しています。そのモデルにおいては、セルフコントロールに供給されるエネルギー量はあらかじめ決まっていて、有限であり、そのエネルギー量によってセルフコントロールの質が変わるとされています。強度モデルの支持者たちは、セルフコントロールを有限資源として見ており、困難な目標を追求する時に少しずつ削っていっても大丈夫なように貯蔵しておかなければならないと考えています。強度モデルを使えば、なぜ我々はビールとナチョスによるチートデイやネットフリックスの一気見をしてしまうのかということを説明できると考えられています。

 

しかし、現在我々は、個人的な努力体験の方がセルフコントロールの効いた行動に大きく関わってくるということを発見しつつあります。つまり、私たちが何かを努力が必要なことだと「見る」ときにはセルフコントロールがうまくいかなくなってしまうのです。もしそれが本当ならば、強力な対処法があります。それは、ものの見方を変えるだけで、もっとうまく自分をコントロールできるようになるということです。

 

 

 

セルフコントロールの素人理論

 

私たちはしばしば自分の身の回りの世界を理解するために、何かしらの理論を思いつくことがあります。科学者たちはそれを「素人理論」と呼びます。それが私たちの個人の見解に基づく不確実な証拠や、個人的な経験や観察に基づいていて造られるものだからです。

 

 

当然、私たちはセルフコントロールについても素人理論を持っています。調査によると、セルフコントロールの本質と可鍛性については個人個人が異なった見方を持っているようです。研究結果は、困難な課題に対する私たちの反応の根底には、個人的な経験が存在していることも示唆しています。セルフコントロールは有限資源だという素人理論を持っている人は、誘惑に負けやすくなるのです。

 

 

加えて、カナダのウォータールー大学の心理学者のグループは、パーソナルナラティブがセルフコントロールの効いた行動をとる能力に対してどのように働くのか、ということについて調査しました。3つの関連した研究の中で、彼らは努力についての個人的認識がどのようにセルフコントロールについての素人理論に影響を及ぼし、さらにその素人理論が実生活の中でどのように私たちの能力を形作っていくのかということについて調査しようとしました。

 

 

 

研究とその結果

 

最初の研究は、セルフコントロールについての過去の経験が、どのように私たちのセルフコントロールに対する考え方を形作ってきたのか、ということについて調査しました。研究者たちは参加者の一方のグループに、セルフコントロールが簡単にできた時のことを思い出すように求めました。もう一方のグループには、かなり苦労して何かを継続した時のことを報告するよう求めました。その後参加者全員がセルフコントロールについての素人理論をテストするための質問(例:セルフコントロールは有限資源だと思うか など)に答えました。

 

 

2つ目の研究は、参加者に努力が必要な課題かそれほど大変ではない課題かのどちらかをこなしてもらった後で素人理論を評価することにより、先の研究からさらに一歩踏み込んだ調査となりました。努力が必要な課題というのは、ある文章を読み、その文中の全ての「e」とスペースを削除し、「a」を「A」に変えるというものでした。それほど大変でない課題というのは、ある文章を一語一語書き直していくだけのものでした。それぞれの課題をこなした後には、セルフコントロールの素人理論について研究1で聞いたのと同じ質問に答えてもらいました。

 

 

最後に、3つ目の研究では日常的な努力の経験が、その人の持つセルフコントロールについての素人理論にどのような影響を与えるかということを調査しました。それぞれの参加者は2週間連続で毎日骨の折れる課題をこなすよう求められました。その後研究者たちは、参加者たちの努力に対する認識とセルフコントロールの素人理論について、前と同じように測定しました。

 

 

 

セルフコントロール心理学の「新しい学校」

 

これらの研究結果が私たちに教えていることは、自我消耗のコンセプトが理論値まで達していないということです。研究結果によると、私たちの自我は私たちが消耗されると思った場合にのみ消耗されるようです。これにより、セルフコントロールにをより柔軟で楽観的なものだと見ることができるようになります。

 

 

それどころか、最新の研究結果は、セルフコントロール能力が成長していくものだということを裏付けています。セルフコントロール力を高めるためには、ある課題を大変ではないと「見る」ために自分の精神状態を変えることから始めましょう。確かに、研究では、課題を面白くて有益なものだと捉えることで、私たちが感じる大変さを軽減できるということが示されました。この研究者チームは、この結果がセルフコントロールが有限資源であるという見方を弱め、将来何かに挑戦する際に役に立つ可能性があるとしています。

 

 

このような新しい見方をすることで、セルフコントロール能力についてはマインドセットを変えることで改善する余地があるということがわかります。そしてセルフコントロールは完全に前もって決められたものである(そして有限である)という絶望的な考え方を緩和することができるようになります。

 

 

来るべき夏に向けてこれらの研究結果を心に留め、あなたが目標としている誰もが憧れるビーチ向きの体は、考え方を変えることで達成可能だということを覚えていてください。そして、自我は消耗されるものだという考えを超越してください。あなたのセルフコントロール燃料タンクは空にはならないはずです。


より良い決断をするための5つの秘訣とは?

熟考 v.s. 直感 どう使い分けるべきか?

 

 

 

あらゆる情報を持ち、論理的に考えることができるような状況にある時、人はどのように意思決定をしているのでしょうか?

 

 

このことについては、これまで様々な経済学者たちが論理的な説明を加えてきました。

 

 

とはいえ、日常生活の中で「完璧な情報」を持っていることはほとんどなく、意思決定にはその時の感情が影響することもしばしば。

 

 

決断をする際には感情を抑える必要があり、感情に流された曖昧で危うい決断を繰り返していくうちに、さらに偏った決断をするようになってしまう可能性もあります。

 

 

そのため、こうした不確実で危うい選択がどのようになされているのか?

ということを説明するために行動経済学では、心理学の理論や様々な調査を利用しています。

 

 

行動経済学と心理学を組み合わせることで、どうすれば普段の生活の中でより良い決定ができるようになり、他の人の選択についても「突っ込みを入れる」ことができるようになるのか?ということについて理解することができるでしょう。

 

 

このような考え方を理解して使えるようになるためには、まず理解すべきことは、私たちは「選択や決断をする際にいつも同じような考え方をしているわけではないかもしれない」ということです。素早く、かつ無意識のうちに物事を決めることもあれば、じっくり慎重に考え事をすることもあります。どちらの考え方にもメリットとデメリットがあるのです。

 

 

 

早く考える VS ゆっくり考える

 

 

行動経済学者のダニエル・カーネマンは自らの著書”Thinking, Fast and Slow”(『ファスト&スロー』)の中で細部に至るまでよく考えることの良さを論じています。とりわけ彼は「2つの認知システム」という枠組みを使っています。カーネマン(2011)は次のように説明します。

 

「システム1はほとんど労力を必要とせず、自分の意思でコントロールしているという意識を持つことなく自動的に素早く作用する。

 

システム2は複雑な情報処理などの労力のかかる精神活動を必要とする。システム2の作用はしばしば尽力や選択、集中の主観的な経験と結びついている。」(p. 20-21)

 

その後同著の中でカーネマン(2011)はこれら2つの思考過程の違いについての詳細と、それらが様々なタイプの意思決定に与える影響について論じています。

 

彼は、システム1のような考え方は素早く楽に行われる一方で、しばしば勘や先入観に頼って間違った結論に飛びついてしまい、その決断が正しいと思い込んでしまいがちだと言います。

 

それに比べると、システム2のような考え方をした方がより公平な決断をすることができるとしています。

 

これは、たくさんの情報を基にきちんとしたルールに沿って決断をしていくためです。

 

ただし、システム2は集中力と労力(多くの場合これには限界があります)を必要とします。これらを総合すると、意思決定能力を最大限に高めるためにはファストシンキングとスローシンキングをバランス良く使うことが必要だということになります。

 

 

 

より良い意思決定のためのシンプルなルール

 

 

上記を踏まえてより良い意思決定をするための秘訣を見ていきましょう。

 

 

1)休む。または一晩寝かせる。

 

重大な決断はあなたが元気で、意欲的でやる気のあるときにするのがベストでしょう。カーネマン(2011)によると、複雑で面倒な思考(システム2)は注意力ややる気、自制心を必要とします。これらの能力は多忙なときやストレスを感じているとき、疲れているときなどにはうまく働きません。

 

この理論には反論もありましたが、ボーミスター、タイス、ヴォースら(2018)の最近の調査では学習中の子供や病院スタッフ、判事、投票者たちを取り上げ、精神的な消耗が意思決定に悪影響を与えると述べています。そのため、重要な意思決定は十分な休養が取れていて、頭がスッキリしていて、その課題に向かうエネルギーやモチベーションを持っているときにすべきでしょう。世のお母さんが「一晩寝かせて朝に決めなさい」と言うのはおそらく良いアドバイスなのです。

 

 

2)焦らず時間をかける。

 

筋道を立てて論理的に考えるという作業は時間がかかるものです。時間に追われているときや締め切りが近いときにはファストシンキング(システム1)の影響が強くなります。例えば、キシェラーら(2017)が行なったお金にまつわる意思決定についての研究によると、時間に追われているときにはよりリスキーな決定をするものなのだそうです。

 

このように、急いでいるときには集めた情報を基に注意深く考えることよりも先入観や直感を使って短絡的な結論に飛びついてしまいがちです。ファストシンキングはそんなに深く考えなくても良かったり、あまりリスクが伴わないような小さな、日常的な決定には役立つかもしれません。

 

ですが、もしその決断がより複雑で重要なものである場合は、時間を取って徹底的に考え抜くべきです。

 

 

3)正確な情報を集める。

 

きちんと考えるための時間とエネルギーを確保することに加え、良い決断をするためには良い情報を持っている必要があります。持っている情報が非常に限られていたり質が悪かったりすれば、いくら時間をかけて考えても意味がないのです。

 

情報が足りないと、その足りない分を埋めるために先入観や直感に頼るしか無くなります(システム1)。

 

そのため、信頼できる情報をより多く集められればられるほど、不確実性を減らし、より良い選択ができるようになるのです。

 

例えば、アリエリー(2000)は消費者の意思決定においては、顧客の持つ情報量が多ければ多いほど、より自分の嗜好に合わせて多くの知識を得て、自らの判断が正しいという確信を持つことができるようになるとしています。

 

ですが、残念ながら「完全な」情報など存在しません。そして情報について絶え間無く分析し続ける、というのも有効ではありません。(これは分析麻痺とも呼ばれます)。

 

アリエリー(2000)はまた、情報を取捨選択するには大変な労力が必要だとしています。とすれば、その決断がどのくらい重要なものなのか、ということとどれだけの情報を得るべきなのかということのバランスをとることが重要、という事になるでしょう。

 

何か重大なことについて決めなければならない場合には、正確な情報をたくさん集め、システム2の考え方を使うようにしましょう。

 

 

4)すべての可能性にオープンでいる。

 

ファストシンキングをすると、最終的な決定だけでなく、意思決定の過程においても情報や選択肢について偏った見方をしてしまうことがあります。

 

ギルバート(1991)が言うように、私たちはしばしばよく考えずにその情報が「本当だろう」と

思ってしまうことがあります。また、クンダ(1990)によると、私たちは自分が信じたいことを裏付けるような情報だけを選り好みするという「指向性のバイアス」を持っているかもしれません。

 

だとすると、私たちはその情報が持つ本当の意味を精査するよりも先に結論に飛びついたり、自分の信じたいものだけを裏付けようとしてしまいます。

 

そのため、重要な決断をする際には、すべての情報や可能性(特にあなたにとって好ましくないものや情報)にも心を開いてオープンでいることが必要です。その時の感情に流され、あとで後悔するということを防ぐためには、「時には困難で気が進まないような選択をしなければならない!」という覚悟をしておかなければなりません。

 

 

5)ルールを決める。

 

どんなに良い決定をする人であっても所詮は人間です。私たちはみな疲れたり、やる気がなくなったり、焦っていたり、ストレスが溜まっていたり、感情的になることがあります。

 

それらを無視して、すべての決定についてあらゆる情報を集めて慎重に考える、というのは不可能です。

 

そのため、より良い決定ができる人たちというのは、急いでいる時にも筋道を立てて考えるために、シンプルなルールや手順を決めているのです。

 

カーネマン(2011)は『ファスト&スロー』の中で、そのような方策や解決策、手順といったものは、多くの場合直感的な意思決定よりも優れていると述べています。

 

また、行動ファイナンスを研究しているリッカルディとサイモン(2000)は、投資家たちが何を売買するか決める際に、影響を与えるような感情のバイアスを最小化するための「自制的な取引方法」の一部としてチェックリストを作るようにアドバイスしています。

 

より日常的な例で言えば、家で買い物リストを作り、それに従って買い物をすることで、急な空腹や高価なスイーツなどの誘惑に負けずに本当に必要なものは何か見極める、ということがあるでしょう。

 

あるいは、大きな買い物をする時には支払い可能な上限額をきちんと決めることで、車や家への「一目惚れ」に流されて購入後の支払いに四苦八苦するという状況を避ける、ということもあるでしょう。

 

つまり、バイアスや感情に流されてしまいがちな状況においても、事前にルールを決めておくことは有効なのです。

 

さあ、いかがでしょうか?

 

感情に流されないための、事前ルールは作れそうですか?


誰もが知っておくべき16の心理的トリックとは?

身体言語(ボディーランゲージ)を理解することで、人生のすべての領域でより成功を収める悪率が高くなるでしょう。 

 

インターネット上には、理想的な心理学やボディーランゲージのヒントがあります。

 

馬鹿げた、初心者レベルの催眠療法から、プロフェッショナルなものまで様々ですが、そのほとんどは心理学の知識があれば、安全に無視できます。

 

同時に、皆さんがすでに知っているような、理にかなった基本的な心理学的および社会学的な真理もあります。

 

以下の16項目を知ることで仕事、恋愛、夫婦仲、全ての人間関係をより自信を持って進めていく事に役立つでしょう。

 

ぜひ、今一度、確認してみて下さい。

 

 

1 |あなたが話していることに誰かが同意するようにしたい場合は、話している間に、目を見てうなずく事を続けましょう。相手の脳は、あなたが彼らに同意すると、あなたのうなずきを読んで、社会的な行動パターンをたどって、うなずき返します。 決して極端なことはしないで下さい。

 

2 | 誰かと握手をしながら肯定的な影響を与えたい場合は、手が冷えた状態でないように気を付けて下さい。 暖かい手は、相手側に肯定的な影響を残すことが証明されています。

 

3 | 自己紹介をしている間に、まずはじめに、相手の目の色を記憶してみて下さい。 実際、あなたが詩人でない限り、この情報を使用事は無いでしょうが、この行為を意識することで、適量のアイコンタクトを行い、フレンドリーで自信を持っているように見られるようになります。

 

4 | 人は、いつも起こった最初と最後のことに対して、最も明瞭な記憶を持っていますが、中央があいまいになり、ぼやけます。 もし、あなたが面接の時間を設定している場合には、最初と最後に注意を払ってしゃべるようにしましょう。 

 

5 | 人々の足は、多くの場合、彼らが何を考えているかを表しています。 たとえば、2人の方に話をして、彼らの胴をあなたに向けて足を回した場合、彼らはあなただけを離しておくことを望んでいます。 同様に、あなたが誰かと話をしていて、その足があなたから離れている場合、彼らは離れたいと考えてるでしょう。

 

6 | あるグループの中で笑い声が出ると、それぞれの人は、そのグループ内で最も近いと感じる人を本能的に見ていきます。 これは、仕事場で秘密を共有している人を見つけ出す良い方法となります。

 

7 | すべてのセラピストが手数料を支払う価値があるのと同様に、沈黙の力を使うことを忘れないでください。 誰かがあなたに質問に不満足な答えを返してきた場合、静かに目を見つめておきましょう。相手は、通常、話し続けてより多くを明らかにしなければならないような圧力を感じるはずです。

 

8 | あなたが会議で誰かと話すことが分かっている場合には、故意に彼らの隣に座りましょう。 あなたの体と相手の体が鏡のように対峙すると、威圧感を感じ、あまり快適でないように感じさせてしまう可能性があります。

 

9 | 小さなお願いをいくつかすると、相手の脳は、あなたに好意を感じるようになります。

 

10 | 難しいことですが、あなたが最初に会うときに相手の名前を覚えているだけでなく、その後の会話でその名前を使うという習慣に入ることができれば、相手はあなたの事を大変魅力的で素晴らしいと判断するでしょう。

 

11 | あなたが相手とやり取りするときに、相手の身体言語(ボディーランゲージ)をミラーリング(真似)すると、信頼を構築しやすくなります。 さりげなくやってみましょう。

 

12 | 群衆の間を歩いているときは、人自身ではなく、人と人との感覚に注目してください。通常、通りやすい状況になります。

 

13 | デートはアドレナリンを出すようなものを含めましょう – ローラーコースター、ホラー映画、などなどは、脳の興奮をシミュレートし、他人があなたとの時間を楽しんでいるように感じさせます。

 

14 | 暖かい握手は、冷たい握手よりもはるかに魅力的です。 いくつかの手袋にお金を投資しましょう。

 

 

15 | 学ぶために最も良い方法は、教えることです。 あなたが新しいスキルや知識を身につけたいと考えるのであれば、他の人にそれを説明して教えてみましょう。

 

 

16 | 最後に、人にとって、自分のセルフイメージよりも重要なものはありません。 人がその人自身の事をどのように考えているかを理解し、あなたの利益のために、どうつかえるのか考えてみましょう。上記すべてと同様に、自己責任で使用してくださいね。


1 2