脳震盪は自殺の危険率を高める?

ほんの少しの外傷性脳損傷ででさえ、自殺の可能性を高めるかもしれません。

 

 以前の研究では外傷性脳損傷(TBI)を経験した人は自殺の危険性が高まることが記されていました。しかし、これらの研究の多くはかなり少ないサンプル数を用いるなど方法論的に制限があります。トリネ・マドセンとマイケル・ベンロス、そしてその同僚達はデンマークの総合医療記録を利用し、その大量のサンプルの中で外傷性脳損傷と自殺の関係性を述べました。この記録は長期にわたって集められているので、研究チームは以前の状態とその結果の関係性を研究することが出来ました。彼らの研究結果は最近アメリカ医学団体雑誌に掲載されています。

 

 

 マドセンとその同僚達は10歳以上の7,418,391名を1980年1月から亡くなるまで、又はデンマークを出るまでの間、又は2014年の12月31日までの間のデータを分析しました。これは合計164,265,624名の観察を意味します。自殺が原因で亡くなった人の数は合計34,529名でした。外傷性脳損傷を一度又はそれ以上診断された個人567,823名の内、3,536名は自ら命を絶っていました。全体を通して、外傷性脳損傷の病歴がない100,000人における自殺者は19.9名、外傷性脳損傷を一度でも診察されてその後自殺した人100,000人において40.6名でした。言い換えると、TBIを経験していない人に比べ、TBI経験者は2倍以上の自殺率があることがわかりました。この違いは、調査員達が同時発生又は以前にあった要因を集めている後も依然として変わりませんでした。その要因とは自殺の一因となるもの、例えば年齢、学歴、同棲生活、社会経済状態、婚姻状態、頭蓋骨や背骨以外の骨折、てんかん、共存症、以前の精神医学的状態、自傷による負傷履歴です。自殺率の上昇は頭部外傷に関係している可能性が高いです。

 

 

 調査員は自殺率とTBIの酷さとの関係を研究しました。その酷さのレベルは:軽度(脳震盪)、TBIと記録されなかった頭蓋骨骨折、脳組織への損傷が確認された頭部負傷を含む酷いTBI、の以上3つです。自殺率は負傷の程度に比例して上昇していましたが、軽度のTBIを負った人はTBIを持たない人の約2倍の自殺率が確認されました(TBI有:100,000名において自殺者38.6名、TBI無:100,000名において自殺者19.9名)。

 

 

 自殺率は精神的に異常を持った個人の方が高いです。精神異常なくその後TBIを経験した人の自殺率は100,000名中32.8名、精神異常とTBIどちらも経験していない人の自殺率は100,000名につき13.7名で、精神異常を持った人の自殺率は100,000名中129名(TBIと記録はされていない人)から169名(TBI経験者)という上昇を見せました。また、以前に精神異常が見られず、TBIを経験し、その後精神に支障を来した人の自殺率は、TBIの前後問わず精神異常を経験しなかった人に比べて約7倍の確立があることが分かりました。

 

 

 調査員達は自殺の可能性とTBIが起こってからの時間の関係性を調べ、自殺率はTBIを経験してからの6ヶ月間が最も高いということを発見しましたが、その率は調査全体を通して上がり続けていました。

 

 

 これは何を示すのでしょうか?データは、例え脳震盪のような軽度のTBIでさえ、自殺率を高めるような変化を脳に与えるということを表わしています。TBIに関連した行動変化を引き起こす仕組みはよく分かっていません。

 

 

 軽度のTBIを経験した人の友人や家族は、特にその事故発生からの約6ヶ月間特に自殺率が上がることに気を付けるべきです。もしその人が鬱傾向を見せたり、衝動性を強めたり、態度に顕著な変化が見られたら、医師やメンタルヘルスの専門家の診察を受けた方が良いかもしれません。