簡単な食生活の見直しが、アルツハイマー病のリスクを下げる? 

赤肉を避け、節度を守って飲酒することかアルツハイマーのリスクを下げます。

 

 

 

この記事は、アルツハイマーの補完、代替治療に焦点を当てていきますが、それはアルツハイマーがアメリカ全土の認知症の事案の約三分の二を占めるとても一般的な病気であるからです(プラスマンによる研究、2011年)。

 

 

 

今回のこの記事では食生活とアルツハイマーのリスクの関係性について述べています。今後の記事では習慣や自然栄養補助食品、認知症の補完的または代替的治療の証拠について考察していきます。

 

 

 

飽和脂肪や総カロリーが低い食生活と、適度な飲酒はアルツハイマー発症のリスクを下げる効果があります。

 

 

 

食生活は、アルツハイマー病において避けられるリスク要因として最も重要かもしれません。アルツハイマーのリスクを高める食品に含まれるのは、牛肉などの赤肉、大量に砂糖が使われているもの、高脂肪の乳製品などです。高脂肪、高カロリーの食生活を送っている人は、適度に脂肪を取ってカロリー管理をしている人に比べて、アルツハイマーが発症するリスクが著しく高いとされています。また、赤肉の過剰摂取は一般的にガン、糖尿病、肥満、腎臓疾患や脳卒中といった様々なリスクを高め、健康に大きな影響を与えます。

 

 

 

18の市町村に渡る研究における発見のメタ解析によると、通常の食事で100カロリー多く摂取する毎にアルツハイマーのリスクがはっきりと0.3%上昇することを結論付けていました(グラント、1997年)。毎日の脂肪摂取の平均は認知症発症のリスクと強い相互関係があることが分かっています。

 

 

 

またこの同様のメタ解析で明らかになったのは、特定の食習慣で唯一アルツハイマーのリスクを下げる効果を表わしたのは魚であったことも分かっています。

 

 

 

食生活とアルツハイマーのリスクの関係性は複雑で、赤肉摂取による酸化による負荷や、ハイコレステロールによるアテローム性動脈硬化、インシュリン分泌の以上調整によっておこる分子ダメージがおそらく関わっていると思われます。高カロリーで高脂肪な食事の摂取は、遊離基を傷付け、神経病理的な変化を脳に拡散させて次第にアルツハイマー病として表れるような形成が起こることを助長させます。

 

 

 

地中海式食生活の、確立した予防利益とは?

 

アルツハイマーの発症リスクを減らす食べ物には、野菜、穀物、魚や果物などが挙げられます。地中海式食習慣を取り入れている人は、高脂肪高カロリーの食事をする人と比べてアルツハイマー病の発症リスクが大雑把に言って約半分であることが分かっています。

 

 

 

また、日本の様に肉の摂取がとても少ない国の人々はアルツハイマーの発症リスクが更に低いことが発見されています(グラント、2016年)。魚はオメガ3脂肪酸の重要な源であり、認知症予防の有益で、深刻な認知機能損傷を避ける効果の根拠として挙げられます。

 

 

 

食生活を変えることはとても重要な予防戦略です!

 

最近の研究における発見によると、アルツハイマー発症のリスクを高めるのに関わる脳の変化は、認知低下の始まりの何年も前から始まっていることが分かっています。よって、積極的な食生活改善はアルツハイマー病を防ぎ、発症を遅らせる重要な方法であるのです(ロドリゲス・ヴィエイテズ、2016年)。

 

 

 

ホームレッスンを受けましょう!

 

赤肉や高カロリーの食事摂取を控えることはアルツハイマーを含め、ガンや糖尿病、その他の病気を発症するリスクを著しく下げてくれますし、地中海式の食生活に従い、適度な飲酒を心掛けることでアルツハイマーの発症リスクを軽減してくれます。

 

 

 

アルツハイマーにおける食生活の有力な証拠に対して、反応医学の時自治体医師達は、飽和脂肪やトランス脂肪の摂取を出来るだけ減らして、肉屋乳製品を新鮮な野菜や果物、穀物に置き換えることを推奨しています(バーナード、2014年)。

 

 

 

最後に、広く普及した赤肉消費は地球温暖化にも相互関係があります。その原因としては、広範囲に置ける牛飼育と、放出されるメタンガスの影響であるとされています。よって、肉の消費を抑えることによって地球温暖化のデータにも重要な影響を与えることになるかもしれませんね。