この食事は私を太らせる?

ー多くの女子は食べるとすぐに太ってしまうと思い込んでいるー

最近、私は若い女性たちの間で繰り返し話題に上がる心配ごとをよく耳にします。

多くの女性が私に言うのが「食べちゃったらもうおしまいですよね」ということ。

女性たちは「お腹の中に食べ物が入ってると、それがぽっこりと太って見えてしまう」ですとか、「食べたあとはお腹が減ってる時よりも太って見える」などと考えていて、1日の食事をできるだけ我慢しているようです。

彼女たちは実際に、特に人前ではなるべく食べないようにしています。

なぜなら、もし何か食べてしまうと、周りの人たちがすぐに(体型の)違いに気づいてしまうと思っているからです。

満腹感があるほど食べてしまうと、太って見えてしまうと信じているのです。

何かを食べるたびに体重が増えると思い込んでいるようです。

私はなぜ近頃の女の子たちが、このような考えを持つようになったのか不思議でした。

なぜ彼女たちは、満腹感=太っていると考えていて、全ての食事が太っている外見につながると思い込んでしまっているのでしょうか?

摂食障害と診断された人の中には、食べ物への恐怖や、体重が増える事への恐怖など、歪んだ考え方をしてしまう人もいますが、一緒に働いている若い女性たち(みんな摂食障害ではありません)でも、そのような考え方をはっきりとしている人がいて驚きました。

このように考えてしまう背景には何があるのでしょうか?

痩せて美しくいなくてはいけないという女性たちへのプレッシャーは、今に始まったことではありません。

他人からどう見られているのかを気にする事は、以前から解決の難しい問題でした。

しかしおそらく以前までと違うのは、これまでのプレッシャーに加えて、「健康」や「体調管理」のために、極端な食事制限などを賛美する社会的メッセージが多く叫ばれるようになったからではないでしょうか。

思春期の女の子や若い女性たちの多くがSNSを利用していて、そのようなメッセージに広く触れる機会がありますよね。

例えば、インスタグラムでトレンドの#fitspirationというものでは、インフルエンサーが減量の旅の写真や、”ビフォアー”&”アフター”の写真、入念に撮られた(そして修正された)セルフィーや、理想の体を手に入れる秘訣などを投稿し、フォロワーたちにインスピレーションを与えています。

驚くことではないですが、これらの画像を見ることで、身体的なネガティブなイメージと関連づけてしまうという事が最近の研究で言及されています。

#fitspirationは何年か前から女の子に人気でしたが、これらのアカウントは、#IntermittentFasting(断続的な断食)や、#Fasting(断食)、#WaterFast(水だけ飲む断食)などの新たなトレンドを生み出すことにもなっています。

多くの人におなじみで、たくさんの大人たちも行ってきた「断続的な断食」ですが、結果は人それぞれです。

やっかいなのは、この「断続的」という言葉の部分が多くの女性たちに無視されており、それにより、#Fasting が疑問視される結果となっています。

インスタグラムをざっと見ただけでも、連続して何時間断食できたかを自慢するような投稿が何百件もありました。

1日に何時間運動したか、どれくらいの距離を走ったかを投稿する人がいるように、最近では、何時間断食をしたかを投稿する事が流行りのようです。

このような投稿のためのアプリやプログラム(例:「トータル断食時間」=23時間と10分!」など。)もあります。

また、#Waterfast チャレンジでは、インフルエンサーが30日間何も食べずに水だけで過ごすというものもあり、アカウントには、食事をしないというゴールへ向けてがんばるよう応援しているコメントがたくさん寄せられています。

何が害なのか?

たとえ「健康」や「断食」という名前がついていても、極端なダイエットは体の危険となる場合があります。

思春期の女の子や若い女性が、必要な栄養を補うための十分なエネルギーを消費していないと、うつ病や疲労、怒りやすい、集中できない、などの症状が出る場合があります。

しかしもっと心配なのは、ダイエットによって摂食障害を引き起こす可能性が最も増えてしまうということです。

極端なダイエットをしている若者は、ダイエットをしていない若者に比べて、摂食障害を起こす可能性が18倍も高く、適切なダイエットをしている若者でさえも、5倍も可能性が上がるという研究結果もあります。

したがって、このような「健康」のトレンドは、実際には身体的や精神的な健康被害につながる危険もあるのだという事を知り、大人も注意をして気にかけてあげる必要があるのです。

どんな事を気にかけてあげるべき?

・どんなアカウントをフォローしているのかをチェックしてみましょう。

#Fasting や #Fitspiration のアカウントをフォローしていますか?

そのアカウントでインフルエンサーは、極端なダイエットや長時間の食事制限、過度な運動やダイエットについてどんな事を教えているでしょうか?

そしてそのインフルエンサーは、「健康」について極端な考えを持っていませんか?

「食べる事」「体重」「外見」に関してバランスの取れた考えを表していますか?

それとも達成できないような、とてつもなく痩せ型の体型を支持していませんか?

・事実を教えてあげましょう

あなたが若い女性たちと一緒に働いているなら、満腹感と「太った気がする」ことは違うことなのだと理解させてあげましょう。

食後に感じる満腹感は自然なことで、ほんの一時のものですが、体重増加の目安となるものではないという事を教えてあげましょう。

それ(満腹感)は彼女が他人からどう見えるのかとは関係ありません。

身体的な感覚と、役に立たなく根拠のない考え方は無関係だという事を教えるために、こんな質問をしてみてください。

「あなたの友人が食べ物をたくさん食べた後に、満腹感を感じていたとして、あなたは見ただけでそれがわかる?友人が食事をしているのを見た後、すぐに太ったように見える?食事をする前との体型の違いがわかる?」

・マイナス思考を変えてあげましょう

こんな考え方を彼女に植えつけてあげましょう。

「お腹いっぱいだからって太っているわけじゃありません。私が食べた事も、お腹いっぱいな事も誰も気付きません。気分良く過ごすためにも、きちんと物事を考えるためにも、実際に燃料となる食べ物が必要なんです。食べることが成功につながる事はあっても、失敗につながる事はないのです。」