恋愛依存症が恋愛回避症に変わるときー恋愛回避していませんか?

恋愛依存症の人は、恋愛をしなくてはいけないと感じています。

これは単に恋愛をしたいという欲求だけではなく、実際にカップルとなって初めて満たされるものだといいます。

恋愛に依存している男女は、別れるのではなくむしろ、破壊的で、傷つけ合い、虐待的な関係を続けていきます。

また恋愛依存症の人は、自分の事よりもパートナーの事を優先させます。

正常で健全な関係でも、自分より相手を優先させるということは一時的にあるのですが、恋愛依存している人は、つねにパートナーの要求に執着しています。

恋愛依存は性的欲求や情熱的な欲求とはあまり関連していないことを知っておくことが大切です。

そのかわり彼らには、カップルとなって初めて完璧であるという、根強い信念があります。

これは、幼少時代に育児放棄や親に見捨てられた経験、また恋愛関係が続かない行動パターンが原因となっている場合が多くあります。

恋愛依存症は、他の依存症と同じように、上手く対処したり、克服することができます。

恋愛依存症の人は、自分に自信を持ち、健全で感情のバランスが上手に取れている、ギブアンドテイクな関係を築けるパートナーを見つけると良いでしょう。

時々、このような行動を改善しすぎた結果、恋愛依存症から恋愛回避症となってしまう人がいます。

恋愛回避症の人には、感情の隔たりや感情の欠落が見られる場合が多く、他人に頼ろうとすることが、不安感や苦悩、不快感を生み出してしまいます。

このような人は、恋愛関係になりたいと思っても、恐れてしまうのです。

恋愛回避症のサイン

恋愛依存症の経験がある人は、恋愛回避症を示す次のようなサインが見られたら注意してください。

・パートナーへの関心の変化

最初は熱心で感じ良く接していたのに、その後冷たく、距離を置くような態度になった人は、自分自身を守る為にわざとバリアをはって、パートナーが感情的になるのを防いでいます。

・親密な感情の欠如

自分自身への恐怖、もしくは傷つきやすく剥き出しな感情を知られることへの恐怖が原因で、信頼や親密さを恐れてしまうことがあります。

時には、親密な感情が生まれても、すぐに打ち消されたり拒絶されたりする場合もあります。

・他のことをする

パートナーとの関係よりも他のものや行動を優先させる場合があります。

これは仕事や、ジムや、友人と長時間を過ごすこともあれば、依存傾向にあるようなもっと深刻なタイプの行動をする場合もあります。

・(自分の)感情について話せない

恋愛依存症の場合はつねに自分の感情について話している一方で、恋愛回避症になると、相手に心を開くことができません。

このように感情について話せない人は、ネガティブな感情もポジティブな感情も表現するのが困難です。

恋愛回避症の人の多くは、健全な恋愛関係を築けないことについてとても神経質になっています。

否定的な態度をあらわにすることが多く、怒りや自己防衛によって、親密な関係やつながりを持つことに、さらにバリアを作ります。

信頼を学ぶ

恋愛依存だった人が恋愛回避になると、恋愛関係における不信感が問題の中心となる場合がよくあります。

自分自身を信じることが最初のステップであり、これはカウンセリングやセラピーを受けることで克服できます。

ひとりの時間を楽しみ、恋愛関係において何を望んでいるのかをはっきりさせる事がとても大切なのです。

健全な恋愛関係とは、気持ちが通じ合うパートナーとはどのようなものか、自分自身で理解しないかぎり、恋愛において恐怖や不安を持ち続けることになるでしょう。

感情について語り、それを上手に対処する方法を学ぶために時間をとることは、多くの恋愛回避症の人にとって効果的です。

人生において、自分が選び、信頼できると思った人に対して、心を開き弱い部分も見せるのを認識することは、健全で安心できる関係を続ける一方で、自分自身の望みを表現するスキルを作るために、なくてはならないものです。

どんな恋愛関係でも、上手くいくのかどうか予測することは不可能ですが、信頼を築く方法や、健全で安心できるパートナーに求めるべきこと、そして感情を表す方法を学ぶことは、恋愛依存症を経験したことのある全ての人にとって、スキルと安全ネットのような存在となるでしょう。