脳への代償:若者と飲酒

病院のベッドで昏睡状態の横たわっている若い女性を見下ろして、私は頭を振りました。彼女は18歳でしたが、丸くて女の子っぽい顔で、年齢よりも若く見えました。ほんの数週間前、彼女の両親は彼女を大学へ送り出しました。そして彼女が棺桶で家に帰ったら、彼らがどれほど混乱するのかを想像するだけでした。

ディマは、女子学生クラブのいじめに遭い、ウォッカの5分の1を飲ませたのです。彼女は全てを飲む前に気絶し、女子学生クラブはソファーに彼女を置き去りにしました。数時間後、別の女子学生がディマがほとんど息をしていないことに気づき、911に電話しました。

現在、ディマは集中治療を受けており、血中アルコール濃度の高さが原因で意識不明で死にかけています。私たちは彼女の胃を汲み上げ、IVラインにつなぎ、最善を尽くしましたが、彼女の心拍数は1分あたり8ビート未満でした。彼女はまだ一人で呼吸することができず、すでに抜け落ち始めたかのように、彼女の肌は青灰色担っています。彼女が心臓、呼吸器系、および脳への損傷から回復する望みはほとんどありませんでした。

6時間後、彼女は昏睡状態から突然目を覚まし、どこにいるか、またその理由がわからないまま、非常におびえているようでした。何が起こったのかを彼女に話した後、順調に回復に進んでいることを伝えて安心させました。 彼女は24時間以内に女子学生クラブから解放されたのでディマは落ち着きましたが、もし彼女がまだ女子学生クラブにいたと思ったら、、なんて聞くことはできません。

青年期の脳の脆弱性

ディマの臓器は長期的な損傷を被っていませんでしたが、脳への損傷がなかったとは思っていません。

私が医学の道を志した頃、乳児期を取り巻く発達段階は脳の発達にとって重要な時期であると考えられていました。今日では、脳の発達は成人期まで続いていることが明らかになっていま。15歳から25歳の若者は、脳の急速かつ広範囲なリモデリングを経験しています。この大変革は、青少年が子供時代を過ぎて大人の行動や視点を取り入れるために必要な脳能力を与えます。

幼児の脳と同様に、発達中の青年期の脳は、高レベルのアルコールへの曝露によって損傷を受けます。過度の飲酒は、若者の記憶力と情報処理および中継する能力を損なう可能性があります。多くの青年および若い成人の標準である乱暴な飲酒は、意思決定、計画、整理、注意の集中、衝動の制御、およびリスク管理を行う脳の能力に長期的な損傷を引き起こす可能性があります。

記憶と学習

どんな年齢でも激しい飲酒は、短期および長期記憶で重要な役割を果たす脳の領域である海馬のサイズを縮小する可能性があることが多くの研究により明らかになっています。 この損傷では、記憶は失われますが、意識は失われません。驚いたことに、大学時代の飲酒者の2人に1人は失神を経験しており、その多くは定期的に失神状態になっています。[

アルコールが頻繁に摂取されると、脳とのコミュニケーション能力も低下します。これは、神経伝達物質と呼ばれる特殊な脳の化学物質に一部依存しています。アルコールや他の薬物は神経伝達物質の化学を模倣し、脳のメッセージの内容を変化させ、それらが伝達される速度を遅くします。この機能不全は、思春期の最も重要な課題の1つである学習能力を妨げます。

おそらく、記憶と脳の伝達システムへの損傷が原因で、飲酒量が多い若者は、飲酒をしない人と比べてパフォーマンスが悪いです。米国の思春期の飲酒者は、飲酒をしない人よりも高校を中退する可能性が5倍高く、暴飲は、大学卒業率の低下や、4年以内に卒業しない生徒の増加にも影響している可能性があります。

脳の可塑性:悪いニュース/良いニュース

経験に応じて変化する私たちの脳細胞の能力は、可塑性と呼ばれています。 高レベルのアルコールや他の薬物による長期的および永久的な損傷の度合いが脳を脆弱にさせます。

しかし、可塑性により脳はそれ自体を修復することもできます。 この自己回復能力により、酒飲みやアルコールや他の薬物に常習している人々は、飲酒や使用をやめた場合、以前の脳機能のすべてではありませんが、ほとんどを回復できます。