本音での会話

ホーニー(米国の精神科医)は、素の自分になりやすかったり、理想の自分に投資してしまう神経症になりやすいことは健康であることを教えてくれました。(10年後、ウィニコットもほとんど同じことを言っています。)彼女は、鼻をほじるために1人になるのを待つことやたとえスウェットが快適でもインタビューのためにスーツを着ること、または調子が悪い時に他人に興味があるふりをすることが異常であると言ったわけではありません。一方で、本当の自分に失望しているから完全な演技で自分を偽ることは、異常であると彼女は主張しています。内縁の子と内縁の親の場合、非常に多くの心理的構成要素と同様に、人々を多様性であるとみなすと、理解しやすくなります。良い親は、子供たちに教会で音を立てさせたり、勝負に勝った時に競争相手をからかったり、リビングルームで自慰行為をさせたりしません。 子供たちが気高く、競争せず、無性であるふりをすることもありません。

通常、本音で話せば人を惹きつけ、そうでない場合は不快感を与えます。 これは、本音は2人の人間関係を明らかにするのに対して、偽りの声は話者とその役割によって定義された人間関係を定義するためです。政治家の本音に関して言えば、たとえば、トランプ大統領は本音で話しますが、ヒラリークリントンはプライベートな会話とは非常に異なった話し方をします。私が覚えてい大統領は、本音で話しているように聞こえましたが、アルゴア、ジョンケリー、およびマイケルドゥカキスはそうではありませんでした。

選出の理由はそれだけではなく、ミットロムニーとジョンマケインバラックオバマもそうでしたが。ふとしたことで彼らが熱く語ったり、配偶者に話しかけているのを聞いたりすると、彼らの普段通りのイントネーションやリズム、人間性が伝わってきます。 (逆説的に、人格障害の人は1つの声しか持たない傾向があるため、常にこれで話します。発した言葉と本当に思っていることが異なる場合もあります。)俳優は、心からの声で話すように訓練されています。 ある怠け者は舞台で使えるのが最も難しいのは確実性で、嘘の真実を学べば演技が完成すると言いました。優れた俳優は、台本に書かれた内容を役になりきって話せるように訓練されています。同様に、セラピスト(および保護者と教師)は、「やめましょう」や「どこへ向かうのか見てみましょう」など、通常は言わないようなことを言わなければならない時があります。課題は、そのようなことを本音で話すことです。これは通常、そのような発言がどれだけ治療の共通目標た達成のために有効なのかを理解することで簡単になります。

ディレクターは、2つのステートメントだけでピンチを回避できます。 「あなたの声が聞こえません」は、俳優が観客に到達するために必要な音量を測定するのに役立ちます。 「私はあなたを信じていない」は、俳優が演劇のセリフに従事するために自己の真の部分を見つけるのに役立ちます。 優れた監督は、俳優がステージ上で真の声明と相互作用を伝えるのを助けるために、これ以上のことを行います。 監督者も同じ議題を持ち、受講者が自分のセリフがシーンに合っているかどうかを聞くだけでなく、自分のセリフが実際の声で話しているかどうかも聞きます。 次に、監督が俳優が演劇とキャラクターを理解するのを助けるのと同じように、監督者は訓練生がセラピーとは何か、そしてこの特定の関係と状況で役割を果たす方法を理解するのを助けます。

監督は、2つの言葉だけでピンチを回避できます。 「声が聞こえない」は、俳優の声が観客に到達するために必要な音量を測定するのに役立ちます。「私はあなたを信じていません」は、俳優が演劇のセリフになりきるのに役立ちます。優れた監督は、俳優がステージ上で役になりきり、セリフを伝えるために、これ以上のことを行います。監督も同じ議題を持ち、役者がセリフやシーンに合うかどうかだけでなく、しっかりと役になりきれているかまで聞きます。次に、監督は俳優が役をしっかりと理解できるように助けるのと同じように、監督は訓練生に対しても、特定の関係と状況でどのように演技すれば良いのかを教えます。

一部の誤った証言は、偽りの表現ではなく、方言と見なされる場合があります。アクセントのある俳優が主演となるためには、それをなくす必要があります。患者や他の人は一般的に、セラピストやゆっくり話す人を信頼していません。 彼らは、まるで間違ったことを言うかもしれないことに用心しているかのように聞こえるからです。

前述のように、多くのセラピストは、治療中に嘘を言っているように聞こえます。

彼らは人々の世話をしたいと思いセラピストになりました。そして、彼らの心を気遣うことは非常に落ち着きがあり、穏やかで、母性的です。

彼らは感情的な痛みについて話すとき、甘い声で話します。 子供たちと話すのにもこのような声を使っているでしょう。多くの患者は実際にその声を好みますが、そうでない患者もいます。

他のセラピストは、物事を説明したり、正しいことをしたり、感情をコントロールすることが好きなので、セラピストになりました。知識が豊富で自信があり、私が何を意味するかを父親として知ったため、この分野に参入しました。彼らは知識が豊富で自信があり、父親っぽいです。彼らの治療を終えた後は非常に快適ですが、影響を与えるように調整するときにはぎこちないです。 他の多くの生き物と同様に、半男半女のアプローチが最も効果的です。

セラピストは患者に本音で話すことを教えます。彼らがそれを聞き入れたと思ったら、良いセラピストはじっくりと何が起こっているのかを探ります。これは、2本の指を広げてスマートフォンの画像を拡大するのと同じことだと思います。セラピストは、「私に言っているの?それとも自分自身に言ってるの?」と言うかもしれません。特定の人に意味のある何かを伝えたいという欲求は、本音を導きだします。 何かを隠したいという時は、嘘の声が発されます。

本音は、本当の自分と同じように、特に相互関係や協力関係など、人間の感情や動機のすべての範囲を必要とします。本当の自分を伝えるために、親やセラピストとしての性や競争力を示す必要はありませんが、そのような部分がないと偽る必要もありません。完全な信頼性のある患者に対しては「なぜこれに焦点を合わせているのか知りたい」、または子供に「それはプライベートです」と言うことができます。

難しい会話をする方法

前回の投稿では、難しい会話に関わるための10のステップについて説明しました。この会話の準備の最初の5つのステップが完了したら、双方向の対話を行う準備が整います。具体的には、発見、明確化、深い掘り下げ、意見の主張、問題を解決し、反映し、そしてフォローアップするという「事実」です。

「事実」の検索

会話を始めるときは、会話の構成の目的を繰り返し述べ、次に相手の視点から始めます。自分を二人の間に立つ仲介者として考えてみてください。そして、不一致や誤解が生じたらそれを明らかにしましょう。

ほとんどの人は自分が間違っていると思って難しい会話に参加しようとしません。誰もが相手の意見が正しいと感じているか、少なくとも彼らの意見は有効であると感じています。自分が正しいことを証明するために会話に入ることは非生産的です。相手の考えていることに耳を傾けることがより重要です。私はこのステップを引用の中で「事実」の発見として書いています。なぜなら、この状況下では実際の事実はあり得ないからです。しかし、一般的に人々は自分の意見や見方は事実であると感じています。他人の視点を理解することは、本当の問題が何かを判断するのに役立ちます。

あなたの目標は特定の問題を解決することであり、あなただけではそれは不可能なことを覚えておいてください。 好奇心を持ち、彼らの本心を学ぶことに興味を持ってください。

最後に、一度に解く問題は1つだけにしてください。多分目的は限られていますが、問題が複雑になることもあります。

単純にすることは難しいです。なぜなら、このシナリオは過去に起きたことを思い出させるかもしれないからです。今のうちに解決して、将来の計画を立てることを常に意識することが重要です。ある時点で過去は無関係になりますが、これは口で言うほど簡単じゃありません。

より明確にし、深く掘り下げる

問題を理解したと感じたら、明確化してさらに深く掘り下げます。聞いた内容を再構成または反映して明確にし、それが彼らの意図したとおりであることを確認します。あなたは物事を間違って解釈し、防御が上がることを経験するかもしれません。言語が正しかったら、話を進めてください。非難するのではなく、認めあいましょう。非難するのではなく、どう感じたのかを話し合いましょう。たとえば、「これにはあなたの意見があまり反映されていないので、あなたは本当に怒っているようでした」に対して、「いや、本当に怒っていたました。なぜならそれは常に問題で仕事を成し遂げるための障壁だからです。」という風に。

視点が明確になったら、問題の根本的な原因を特定することが、より深く掘り下げる目的です。根本的な原因は、他の問題が発生している原因を理解するのにも役立ちます。根本原因を特定すると、時間を節約できる可能性があります。同時に解決できる隣接する問題または関連する問題が現れるからです。ただし、会話の目的をしっかり捉え、後で議論する根本的な原因を確認してください。

自分の意見を主張する

これで、明確になり、理解が深まり、根本的な原因に到達したので、今が自分の意見を共有する時です。自分の見解を共有するのを待つことで、会話が開かれ、信頼関係が確立されます。しかし、相手にとって相手の選択や行動があなたに与えた影響を理解することが重要であるため、あなたはまだ意見を共有する必要があります。話す準備をすることで、会話に関連する自分の根本的な原因や感情を認識し、それについてオープンにしたいと思うかもしれません。

これはあなたの感情を「発散する」時ではありませんが、それらを注意深く説明する時です:「私はこれを取り上げることを心配していますが……」または「あなたがこれを意図したかどうかはわかりませんが、私は非常に不快に感じました…」自分の感情をオープンにすることは重要ですが、必ずしも感情的でなくても、話し合いはできます。これがより深い問題にどのように関係しているのかについても話し合うことができます。たとえば、「ここでの私の反応は、おそらく以前の経験と関係があります」つまり「このさらなる影響の理由は、自分を他の誰かとは思わないためだと思います。」このように感情について議論することは、自分の視点が「真実」ではなく、単なる体験であるということを証明するのに役立ち、会話をオープンに保つのに役立ちます。

あなたを傷つけことや、あなたを怒らせることについて議論することは健全です。しかし、会話中にそれらの感情を表現し始めた場合は、一度休憩をとって、新たな機会を設けましょう。これは逃げではありませんが、むしろ彼らの見解や感情を聞くことに対してオープンなままでいられるようにしたいので、感情はしばしばそうする能力をシャットダウンします。「私は感情的になってしまっています。前向きな会話がしたいので、10分をいただいてもいいですか?」と言ってみましょう。

自分の意見を論じるときは、しっかり話を聞いてもらえるように呼びかける必要があります。例えば、「これをさらに難しくしたものがたくさんあります。」これは、彼らの聞く聞く姿勢を保ちことに役立つでしょう。

最後に、「絶対」という言葉を使用しないでください。今のの状況だけに固執することを忘れないでください。

問題解決

これで、お互いの意見が話されて、「すべてのカードがテーブルに揃いました」。 いよいよ問題解決の時間です。 問題解決は、現状を改善し、将来同様の問題が発生することを防具ことにも役立ちます。

両者が同意する解決策が見つかったら、テストしてみてください。 つまり、シナリオを実行して、解決策が実際にどのように機能するかを確認します。 次に、ソリューションにまだ欠けているものを見つけます。

「誰がいつ何をしているのか」を理解する行動を確実にしてください。 フォローアップする日付を設定し、問題が解決したかどうかを確認します。

反省とフォローアップ

会話が終わったら、自分の気持ちを確認しましょう。 満足ですか? まだ気になることがありますか? もしまだ満足していないのならば、その原因は何ですか?

間違いを犯すことを忘れないでください。すべての会話が期待どおりまたは計画どおりに進むとは限りません。 間違いが他の人に悪影響を及ぼすと感じた場合は、フォローアップセッションでこれについて話し合ってください。 最初の会話がうまくいかず、さらに大変な話し合いが必要になる場合もあります。

予定されているフォローアップセッションで、解決策が機能しているかどうか、または予期しない事態が発生していないかを確認しましょう。 このフォローアップセッションでは、お互いの責任を負うだけではなく、強力な作業関係が続きます。