男性と女性に友情は無い! 友達を失くさないために、友情について知らなければならない10の科学的真実 1/3




誰にでも友人がいます…..全くいないという方もいるかもしれませんが 笑

 

 

 

今回、友情を分析するにあたり、科学者は、かなりショッキングな真実を発見しています。

 

 

 

親愛なる友人たちにとって、あなたはおそらく知らなかったであろう10の真実のリストをここにまとめ上げましたので、ご確認を(^-^)

 

 

 

1.男性と女性に友情は無い

 

 

 

これは、多くないですかね??? 「恋愛感情は無い、彼、彼女はただの友達だから…」

 

 

 

異性の友達がいると思いますか? これを読んだら、もう一度考えたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

ウィスコンシン大学の研究によると、男性と女性の友情では、誘惑と性的緊張から逃れることは不可能!との事です。

 

 

 

 

科学者たちは友人であるという男女88組を研究し、男性はより身体的、性的に女性の友人に引き寄せられ、友人女性が、それらをどのように見たかを過大評価する傾向があったと結論づけています。

 

 

 

2.動物にも友人はいる!

 

 

 

よく、YOUTUBE動画などで、異なる動物が協力、助け合う、じゃれあっている場面を見かけますよね。

 

 

 

ただ、さまざまな種の愛らしい動物のペアを特徴とするほとんどのYouTube動画は、科学者の「友情」(犠牲の永続的な絆、喪失後の瞬間と傷つき絆)の基準を満たしていません。

 

 

 

しかし 、少なくともチンパンジー、ヒヒ、ウマ、ハイエナ、ゾウ、 コウモリ 、 コウモリ 、イルカの間では、動物は種に由来しない個体との生活のために友情を形成することができることがいくつかの研究によって示されているようです。

 

 

 

ケニアの100匹のカメと若いカバの間の友情の証拠が文書化されています。

 

 

 

しかし、なぜ動物はこのような友情、絆を形成するのでしょうか?

 

 

 

 

最も明白な答えは、友情には一定の利点があるということです。研究されたすべてのケースで、友人の健康は良く、ストレスは少なく、生殖の成功率は高くなっていました。

 

 

 

 

お互いにメリットがあるんですね。


 

 

 

3 友人は感情、感性を動かしてくれる

 

 

 

良くも悪くも、感情が引きずられるという事ですね。

 

 

 

バージニア大学のグループは、自分自身、友人、または見知らぬ人に、小さな電気ショックを受ける恐れのある22人の脳スキャンを研究しました。

 

 

 

科学者たちは、電気ショックの危険にさらされている人の脳活動と、友人が電気ショックの危険にさらされている場合の脳活動が、
本質的に同じであることを発見しました。

 

 

 

心理学者であり研究の責任者であるジェームズ・コーン氏によると、

 

 

「私たちの自己には、私たちが誰に近づくのかが含まれています。

 

 

 

「私たちに近い人は自分自身の一部になり、それはただの比喩や詩ではなく、とても現実的です。 文字通り、友人が脅威にさらされているとき、我々は脅威にさらされている」と彼は要約しています。

 

 

 

コーン氏によれば、この開発を生存と類似性の問題に関連づけてられているとの事。生存と類似性の問題は、あなたが誰かとより多くの時間を過ごすにつれてますます大きくなります。

 

 

 

人間は一緒に繁栄し、目標や資源を共有するという性質があるのでしょうね。

 

 

 

まさに、「苦楽を共にする」問う事でしょうか。 この感覚が近ければ近いほど、真の友人関係といえるのかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です