死の直前に、99%の人が口にする人生の後悔とは?

人が、死ぬ前に、人生を振り返り後悔する事は何なのでしょうか?

 

ちなみに、私の祖父も一言、「死ぬ直前まで新しい、知らなかった物事が出てくる…..」

つまり、この世のすべてを悟ることは出来なかった、という事でしょうか。

「The Top Five Regrets of The Dying」という。 オーストラリアの看護師が死ぬ間際の患者達とコミュニケーションをとる中で、彼ら、彼女らが口にした後悔の言葉をご紹介しましょう。

ここには、今現在から後悔しないで人生を生きていく上で、最も重要なこと、本質があります。

 

 

その1

もっと自分らしく生きればよかった

 

これが、もっとも頻繁に聞く「後悔」の言葉。死ぬことを悟ったときに、自分の思うように生きてみたかったと後悔するようです。多くの夢があっても、多くの人は、そのことにパワーを集中することなく老いてしまうのです。しかし、それが「自分が下した決断の結果」であったという事に気づきます。

 

健康なうちは、どうにかなるさ、と時間を浪費してしまいます。しかし、もう人生が長くはない、と悟ると、時間が限られており、取り返しのつかないところまで来ていることを理解するのです。

 

その2

 

あんなにガムシャラに働かなくてもよかった

 

多くの男性が語っていたこと。彼らは、自分の子供達の幼少期の思い出、人生の伴侶との関係を振り返り、懐かしみます。家族のために、という意識で一生懸命に働きますが、本当に価値あるコミュニケーションの時間をないがしろにしてしまうようのです。

 

「休む間の無く働き続け、人生の貴重な時間を浪費してしまった。家族とのコミュニケーション、ふれあいの時間を大切にすべきだった」と、深く後悔します。

 

その3

言いたいことを、はっきりと言えばよかった

 

多くの人が人間関係を円満に、無難にキープするため、本当の気持ちを表現しないで生きていきます。

 

腹の底で不満を抱え、人に言うことなく、そのストレスからも、病を患ってしまう人がとても多いのです。

 

その4

 

もっと友達と連絡をとればよかった

 

古くからの親しい友人、友情の大切さに、死ぬ間際になって初めて気づく人は多くいます。友人関係よりも、自分の仕事生活で手一杯になり、年を重ねるほど重要な友達とコミュニケーションがとれなくなってしまうのです。

 

なぜ、どうして友人達と過ごせる時間を作る努力をしなかったのか?多くの人は、死の間際になって後悔しています。

 

その5

 

もっと自分の幸せを追求すればよかった

 

これも、頻繁に聞く後悔の言葉。死の間際まで、人生の「幸せ」とは何なのか?そのチョイスに気づかずに過ごしてしまうのです。

 

伝統、習慣から外れることができず、自分の心地よいコンフォートゾーンだけに終始し、情熱が消えていきます。変化を受け入れることができず、周りの人と同じように生きてしまう。そして気づけば、笑顔が消えていきます。

 

心の底から笑えるような「縛りの無い人生」を過ごしたい取り戻したいと、死の間際になって初めて、気づき、後悔するのです。

 

いかがでしょうか?
ぜひ、たった今から、
死ぬ間際に後悔しないための
行動ははじめてみましょうね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です