マシュマロ満足遅延耐性テストは、重要ではない?

マシュマロ満足遅延耐性テストは最も大きな課題に直面している。

 

 

子供が見せる満足遅延耐性は、子供に期待を抱いている親たちが最も求めている勲章のうちの一つです。幼い時に、目の前に置かれた一つのマシュマロをすぐに食べたいという衝動をコントロールし、2つ目のマシュマロをもらえるまでもう少し我慢できるかを試すということは、心理テストとしてよく知られています。

 

 

マシュマロテストは、幼い子供の満足遅延耐性を明らかにする究極の心理リトマス試験だと考えられています。満足遅延耐性の裏にある理由づけとその長期にわたる恩恵は、60年代に行われた子供の満足遅延耐性についての画期的な研究と、90年代に行われた追跡研究によって、誘惑に耐え、2つ目のマシュマロという形で自らのセルフコントロールの賜物を楽しめる子供は、我慢できない子供たちを、その後の認知力や行動の多くの面で上回るとたくさんの親に信じさせています。

 

 

残念なことに、本やソーシャルメディア、伝聞、児童心理学者のアドバイスなどを通してこういった考え方を支持してきた者として、私たちは関連する研究結果の微妙な違いを理解するために深く掘り下げようとはあまりしません。例えば、一番初めの調査の参加者はたった50人だけでした。このサンプル数は、心理学の調査としては比較的少ない数字です。この研究は十分な力を持って進められたのでしょうか?その結果はどれだけ信頼できるものなのでしょうか?さらに言うと、参加した子供たちはハーバードのスタッフの兄弟の中から選ばれました。どう見ても標準的なサンプルとは言えませんし、少なくとも比較的狭い範囲の社会経済的背景しか反映されていません。

 

 

今週の初めまで話を進めると、この長期にわたる研究のメインの主張、すなわち人生における満足遅延耐性がかなりの恩恵につながるという主張に疑いをかけるような新しい研究が行われました。様々な国の報道機関が大騒ぎしています。実際、その新しい研究は、満足遅延耐性の効果が誇張されているということと、幼い子供によって示される満足遅延耐性は、その後の人生の出来を予測する上で初めに思われていたほどは価値のある特徴ではない、ということを示しているようなのです。

 

 

しかし、元々の実験と再実験(サンプル数によって結果が異なる)の両方における共変量がどのように説明されてきたかということを理解することが大切です。再実験では慎重に計算されているものの、元々の実験ではそれほど慎重に計算されていないようです。何より、この最新研究は、2つの重要な主張を生み出しました。まず、彼らの実験結果(はるかに多いサンプル数が使われ、おそらく信頼性が高まったもの)では、2つ目のマシュマロを待つ能力と15歳段階での成績との相関性の強さが、元々の研究で見られたものの半分ほどしか見られなかったのです。これは初めの研究のサンプル数の少なさをよく反映していると考えられ、それ自体では驚くべきことではありません。しかし、もっと興味深いことは、家庭環境や家族歴、幼い頃の認知能力によって定義される社会経済的階級はこの相関性をさらに三分の2ほど弱めてしまうということです。

 

 

これをどう考えるべきでしょうか?アメリカの教育システムの低下により、恵まれない環境に生まれるか、単に賢く成功した親の元に生まれるかといったことが、以前よりも将来の成績や成功の要因となり、不平等が拡大しているということは言えるでしょう。冷静に見れば、この研究は、アメリカン・ドリームを達成することは自分自身の我慢の問題だけではなく、あなたの親が誰で、あなたがどこで学校に通っていたかという問題でもあると仮定することもできるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です