15分未満で、あなたの記憶を改善する方法とは?

学習前の運動は記憶を改善します。

 

 

身体的な運動で認知(学習や記憶など)を改善することができる。

 

 

もしそうなら、運動するべきです。学習の前、中、または後、どこで運動をすべきでしょうか?

 

 

ミシシッピ大学のHaynes氏らの新しい研究によると、学習に先立つ短期間の運動は、短期記憶と長期記憶の両方を改善します。

 

 

これまでの研究は、身体活動が健康だけでなく認知も向上させることを示しています。例えば、高齢者を対象とした2010年の体系的レビューでは、検査された研究の71%が身体活動と認知(認知症発症の可能性を含む)との間に正の関係を示していました。

 

 

2013年のレビューでは、心血管運動が記憶を改善しました.

運動の時間的効果に関する以前の研究を基にして、Haynes氏らは、(学習課題に関連して)運動が記憶を最も良くすることができる時期を見出そうと試みました。

 

 

研究者は、対象内カウンターバランス設計を利用しました。この設計では、参加者はすべての研究条件にさらされています。しかし、条件を経験する順序は、参加者によって異なります。これは潜在的なバイアスを減らすために行われます。

 

 

サンプルは24人の大学生(18-35歳、平均= 21;女性67%、ヒスパニック系白人79%)で構成されています。参加者は、喫煙者、妊娠した人、最近脳震盪を起こした人、注意欠陥障害または学習障害と診断された人、または精神医学的な薬を服用していた場合は、除外されました。彼らは最近運動をしたり、コーヒーを飲んだり、マリファナ(またはその他の違法薬物)を使用した場合にも除外されました。

 

 

生徒は実験室へ1回-4回の訪問をするように頼まれました。これらには、身体活動が行われていないコントロールセッションが含まれていました。 3回のエクササイズセッションはメモリエンコーディングの前、中、後に行われます。

 

 

実験的操作は、トレッドミルで15分間歩くことから構成されています。参加者は、「クラスに遅れている場合と似た状況のペースを選択してください。したがって、ゆっくりと歩くことはありません。また決して走ることもしません」と言われた後、ペースを選んで、各人は同じペースで15分間歩きました。選択された速度は、平均して、3.4mphでした。

 

 

制御条件には運動は含まれず、記憶課題が完了する前まで、5分の休憩は必要でした。

 

 

3つの運動条件では、参加者はトレッドミル運動前、トレッドミル中、またはその後に学習タスクを行います。学習タスクは、短期および長期記憶のテストであるRey Auditory-Verbal Learning Test(RAVLT)であり、参加者に(複数回)読み込まれた15語の2つのリスト(List A / B)に、できるだけ多くの言葉を思い出そうとします。

 

 

すべての訪問で、RAVLTを完了した後、生徒は20分かけてThe Office(エピソード)を見ました。その後、彼らはRAVLTのリストAから単語を思い出そうとしました。

 

 

その結果、学習の改善はトライアルを通して示されました。この効果は、学習課題の前にトレッドミルを歩く状況が最も良かったのです。この状態はまた、最良の長期記憶性能と関連していました。

 

 

これらの知見は、認知課題を完了する前(中/後と比較して)に中等度および高強度の身体活動が学習にとってより有益であることを示した同じ著者による以前の研究(異なる研究デザインを用いたもの)と一致しています。

 

 

潜在的な取り組み

 

次回は、試験のために勉強したり、自分の作品に関連する新しい情報を覚えたり、好きな曲を覚えたりします。犬と散歩したり、芝生を刈るなど、中程度の身体活動を15分間行います。

 

 

それがあなたのトータル的な健康と福利に有益であるだけでなく、学習の向上と記憶の向上にもつながります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です