運動がなぜ体にいいのか、説明する2つの新しい発見とは?運動は医療費を減らすために私たちみんなが行うことのできる一つのこととは?

数多くの健康的な行いは、Improve Your Memory for a Healthy Brain. Memory Is the Canary in Your Brain’s Coal Mine(健康的な脳のために記憶力を改善しましょう。記憶力は脳の警告)という本で説明されているように、老化による健康状態の悪化を予防する助けになります。最も重要な健康的行いの一つが運動です。定期的な運動プログラムを行わないのであれば、始めるのにもう遅いかもしれません。 

 

あなたは数多くの年配の人が、体が弱り、歩くのが遅くなり、エネルギーが不足しているように見えることに気づきましたか?これがあなたに当てはまる場合、このことに気づくのはやむをえません。これらの問題は予防可能です。25年間、私は一週間に3回、少なくとも1マイル半ジョギングしていました。これは私が禁煙する助けとなるのに重要なことでした。なぜかは分かりませんが、喫煙とジョギングを同時に行うことはできませんでした。加えて、15分から30分の回復時間によって、喫煙が私の健康にとってどんなに有害か、気づくことができました。 

 

ではなぜ、私はジョギングを止めたのでしょうか?それは、ジョギングをすることで関節を痛めたからです。ですから私は、水泳をすることに決めましたが、私がまるで鉛でできたマネキンのように沈むため、私には手に負えないことがわかりました。今はジムに入会し、エリプティカル・マシンやトレッドミル・マシン、筋肉強化のマシンを使っています。この環境は上手くいきました。なぜなら落ち込んでいるときに励ましてくれる仲間ができ、時には数少ない「90ポンドの虚弱体質者たち」と自分自身を比べて満足感を得ているからです。 

 

私たちは運動が体にいいことを何年も前から知っていて、特にそれは年を取ってくればくるほど大事になってくることも知っています。運動のよく知られた利点には以下が含まれます: 

 

・ストレスを和らげ、健康だという感覚を高めてくれます(少なくとも筋肉痛が去った後には)。 

 

・心臓や心臓血管の機能を改善します(すでに心臓に疾患がある場合は、大きな改善は期待しないでください)。 

 

・体重が減ります(テーブルから体を引き離すことが、この効果に最適な運動です)。 

 

・骨を強化します(老齢による骨密度の損失を減らします。ですが無理な運動は関節を痛める可能性があります)。 

 

・血糖値を下げ、インシュリンが上手く働くように助けます。 

 

・禁煙の助けになります(ジョギング中に喫煙しようとしたことはありますか?) 

 

・気鬱や治療抵抗性鬱を改善します(ランナーズハイという言葉を聞いたことがありますか?これは内因性オピエートの放出に由来します)。 

 

・プロテインや、脳の構造や機能を改善するその他の化学物質を放出します(記憶力も改善します)。 

 

・眠りを改善します(つまりはすごく疲れるのです。筋肉痛による眠りの妨げを減らすには、眠る前にアセトアミノフェンを服用しましょう)。 

 

・結腸癌、乳癌、子宮癌、肺癌などの各種の癌の危険性を減少させます。 

 

最近までよく知られていなかったことは、運動の免疫系への効果です。最近の研究では、高齢者が運動することで、免疫系の機能低下を防ぎ、感染症を予防できることが示されています。最近の研究では、125名の長距離を移動するサイクリストたちを調べ、80代の人の中には免疫系の年齢が20代の人もいました。おそらくこのことは、運動により癌予防できるためであるかもしれません。 

 

重要な指標は、T細胞の血中レベルです。T細胞は、それらが初めて現れた場所、胸腺にちなんで名前が付けられており、抗体を作る白血球の一種です。ヒトが年を取るにつれ、頸部にある胸腺が縮小し、T細胞の活動はそのほとんどが骨髄で起こります。サイクリストの研究は、このグループが20代と同レベルのT細胞を生産していた一方で、あまり運動をしない高齢者の比較対象グループは、T細胞をほとんど生産しないことを明らかにしました。したがって、本研究で検証されてはいませんが、身体的活動の多い高齢者は、座りがちで運動不足気味な人に比べて、ワクチンへの反応も良いはずだと思われます。 

 

もう一つの新しい発見は、脳の白質統合性に対する運動の重要性です。白質は電気的に神経線維を覆っていますが、これには2つの効果があります。白質は神経系の伝達を速め、隣接する繊維の「クロストーク」を減少させます。本研究では、認知機能障害をもたない、平均65歳の人々と、アルツハイマー病を発症する危険因子である、軽い認知機能障害をもつ人々を比較しました。両方のグループで、研究者らはvo2Max(最大酸素摂取量)テストを行い、心臓と心肺機能の標準測定値をもとに心臓血管機能を測定しました。研究者らはさらに、白質統合性を測定するために脳スキャンを使用しました。身体活動のレベルは、体の機能が正常な成人や、軽い認知機能障害をもつ患者においても、白質(WM)統合性および認知能力と明らかに関連していました。 

 

新しい研究を考慮に入れると、ソファーから降りて運動を始めるのにあとどれくらいの理由付けが必要でしょうか?その上、良いワークアウトの後には、運動を止める時でさえ良い気分になるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です