決断する際に有効な方法とは?重要な決断をする前にあなたの目的を理解しましょう

意思決定が苦手ですか?

 

毎日重要な決断をするよう求められていますか?

 

もし深みにはまってしまっていると感じていたり、間違った方向へ向かってしまっている様に感じるのであれば、意思決定のプロセスを見直す必要があります。決断は「Yes」「No」と簡単にいえるようなものではありません。特にあなたが素晴らしい結果を出すことを期待されている時の決断はそんなに簡単なものではないのです。

 

 

一般のアメリカ人は約35,000回の決断を毎日行っています。例えば朝食に何を食べるか、いつ仕事に行くか、どれ程頻繁にメールをチェックするか、次はどのプロジェクトに取り組むべきか、といった内容です。親や起業家、クリエイター、リーダー、どの立場にしても、自分が毎日行う判断がどれ程重要なものであるかを間違った判断をするまで気付かないかもしれませんね。でもそれはあなただけではありません。

 

 

しかし残念ながら、平凡でありふれた決断しかあなたは取って来れなかったでしょう。意思決定プロセスにアプローチする最善の方法の一つは目的というレンズを通すことです。あなたが目的を意識し、マインドフルネスによって促進されたメタ認知を毎日持っていれば、あなたは賢い選択をする為の準備がより出来るようになるでしょう。

 

 

目的を理解する

 

目標のある状態は、より素晴らしい方向性へと導き、自身に価値を置き、より意味のある人生へと繋がっていくことを私達は知っていますが、いったいどうやって自分の目的を明らかにすれば良いのでしょうか?

 

目的を知っていると、あなたの目標に合った判断やプロジェクト、機会に対して正しい返答が出来ます。これは使命主義の型にも当てはまります。

 

 

この大きな質問を、目標主導の意思決定の手始めとして自身に聞いてみて下さい

 

自分を動かすモチベーションとは何だろうか?

自分の長期にわたる目標とは何か?

今までの中で、自分の人生をより良くした判断とは何だったか?

自分が一番成功する環境とはどんなものだろうか?

 

 

一度自分の目標を確立してしまえば、どんな日でもその目標を自分に思い出させましょう。大小関わらず意思決定をする際には、その決定があなたの個人的、そして職業的目標両方に繋がるものであるかを確認して下さい。

 

知識ある判断をする

 

Netflixが今の様な大きなNetflixとなる前、Blockbuster(ブロックバスター社)はNetflixを買収する機会がありました(この機会はBlockbusterが最新技術分野において成功し続ける可能性がありました)が、Blockbusterはこの機会を見逃しました。

 

Blockbusterはその判断に伴う結果を予想していたのでしょうか?

 

明らかにしていなかったでしょう。

 

彼らはその機会を断ったことを後悔しているのでしょうか?

 

果たしてそれは重要なことですか?

 

 

CEOは重要な決断をする必要がありましたが、その時NetflixはDVDデリバリーサービスを行う会社で、そのサービスはBlockbusterの目的とは一致しませんでした。

 

更には、Netflixは資金不足になりつつあった為、彼はその話を断ったのです。彼は、彼が持つ情報を元に知識ある判断をしたのであり、可能性や感情を元に判断したわけではありません。これはリーダーに求められる能力です。

 

 

ホセイン・アースハム博士(ボルチモア大学のライト特別名誉教授兼ションズ・ホプキンス・キャレー・ビジネススクールの指導教授)は、意思決定の趣旨に関する学説を次の様に書いています:

 

 

ビジネスにおける意思決定はほぼ常に不確定性を伴います。もちろん、より多くの情報を決断者が持っている程、その決断は良いものになるというのは明らかです。決断をまるでギャンブルの様に扱うのは決断理論の基礎です。つまりこれは、可能性に対して明らかな結果の価値を取引する必要があるということです。

 

 

この学説はBlockbusterが辿る可能性のあったサクセスストーリーには矛盾するものの、その時のCEOジョン・アンティオコは学説に基づいた知識ある判断をしたことを物語っています。大抵最善の選択をするためには、目的と共に必ず進む必要があり、過去に起こったことや未来に起こりうることは無視する必要があります。

 

 

あなたが知っていると思うことを手放す

 

ジョシュア・ロースハンは最近のNew Yorkerにチャールズ・ダーウィンについて書いていて、彼がエマ・ウェッジウッドにプロポーズするかどうか決めた方法についても書いています。我々の多くがしたことがあるように、ダーウィンは良い点と悪い点をリスト化しました。このリストはポジティブな点と問題となる点の両方になるでしょう。

 

 

アンティオコと同様に、ダーウィンは良い判断をするために事実を並べましたが、良い点悪い点のリストは事実によって作られており、その事実は異なる重さ/重要さを含んでいます。

 

よってこの戦略は限られていて、特に重要な判断や判断を即座にする必要がある場合(例えば、地下鉄で妊婦に席を譲ったり、会議で突然意見を求められた時や論争点を述べるべきか判断する時)には限界があります。

 

 

大抵、最も重要な判断をする必要がある場合、自分自身の基準を用いる必要があります。あなたにとって上手くいく方法でも、他人には上手くいかないものかもしれません。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは、あなたがもつ目標はあなた自身専用の特別なものであって、あなたを次の目的地へと導く北極星のようなものであるからです。

 

 

ウォートン経営教授シーガル・バーセイドはアンドリュー・C・ハフェンブラックとゾーイ・キニアス(両者はINSEADの組織行動部門に属している)と共に、意思決定における熟考の影響についての論文“熟考/瞑想を通すことで起こる脱バイアス効果:マインドフルネスとサンクコスト(埋没費用)傾向”を執筆し、心理科学雑誌に掲載されました。

 

 

この研究によると、この研究専用に作られた15分間におよぶ呼吸に集中する瞑想音声を聞いた人は、その音声を聞いていない人に比べて、サンクコスト傾向(我々が持つ、既に費用や犠牲を払ったものに対して投資し続ける傾向)に抵抗する可能性が高いことを彼らは発見しています。

 

もしかするとあなたは何ヶ月もの間時間とお金を、悪い結果をもたらすプロジェクトや、あなたが設けた期待を実現しようとしてきたプロジェクトに注いできたかもしれません。そのプロジェクトを引き続き続けていくべきでしょうか?より多くの時間を費やすべきですか?それとも、次に移るべきでしょうか?

 

 

この研究の結果を考えてみましょう。瞑想した人は過去に目を向ける傾向が少ない為に負の感情を経験することが少ないことを踏まえると、彼らはよりクリアな思考でより今必要な決断をすることが出来るのです。

 

持ち帰って欲しいアイディアは、特に重要な決断をする際は意思決定から来る感情を無視出来る様に努めるということです。もし怒りや過去のトラウマ、心配を取り除くことが出来れば、あなたはより知識ある決断を出来る余裕を自分に作ってあげることが出来るでしょう。

 

 

リーダーとして、あなたは数多くの重要な決断を毎日求められているでしょう。あなたの会社やビジネス、あなたのクリエイティブな試みに関する目標を決めるのはあなた次第であり、それを頭に留め、目標を目指して毎日他の者を先導するのもあなたにかかっています。

 

 

フォード社の会長であるビル・フォードは、ハーバード・ビジネスレビューにて、毎日の瞑想のおかげでとても辛かった日々を乗り越え、より思いやりのある決断をすることが出来たことを明かしています。15分間オフィスやインターネットから遠ざかることで、自分の目標と再び繋がる為の時間とスペースを作ることが出来ます。

 

 

即座の決断はいつも簡単に出来ることではありませんが(あなたの感情が高ぶっている際はとても簡単かもしれませんが)、毎日の考え方を作り変えれば、意思決定の過程に入る準備をより整えることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です