恋愛において脳が私たちをだます4つの方法とは?「運命の人」探しを意識的にできていますか?

「心ではなく頭で考えて行動しなさい」これまで、脳は正しい道へ導くと言われてきました。

 

しかし、恋愛においては私たちの脳は本当に正しいのでしょうか?

もしくは、間違った方向へ導いてはいないでしょうか?

 

 

過去数十年で、研究者たちは、人間は私たちが考えるほど合理的ではないことを発見しました。人間は、ある分野には有利ですが、別の分野では害があるかもしれないというあらゆる種類のバイアスがあります。例えば、冷静に判断したと思っていても、代わりに、感情に基づき行動していることです。最善の決断をしたことを私たち自身に納得させるために認識資源を使うことです。

 

 

このプロセスはよく使われます。そして、私たちが自分自身に満足していると感じていることができます。しかしながら、私たちの決定がもっと複雑で、より長期化する時があり、私たちの複雑な合理化は私たちを幸せにするのに十分ではない時があります。

 

 

愛のマスターは、特にトリッキーです。私たちの多くが、恋愛運がないと思うか、自分のせいかと思います。そして、時折、それは私たち自身です。しかし、思っている方法ではありません。バイアスが私たちを騙して、間違ったことをすべて欲しがるようにすることがあります。以下は、恋愛において、脳が我々をだます4つの方法です。

 

 

1、欲しいものがわかっていると思っているーしかし、私たちは知らない。

ある身体特徴、背の高さ、職業などでパートナーを探している人もいます。しかし、そういう人は完全にタイプとは異なる人に恋に落ちます!とても一般的です。現実では、多くの人が本当に欲しいものは知りません。

 

 

私の最新のスピードデート研究では、アジア系アメリカ人は、自分の民族の人と付き合うことを好む傾向があると言われています。しかし、実際のスピードデートイベントでは、そうではなく、グループ内の人に2回目のデートを申し出る可能性はあまりありませんでした。

 

 

心理学者は、この現象を「ホット・コールド感情移入のギャップ」を通して説明しています。ホット・コールド感情移入のギャップによると、私たちは実際に決断を下す時に経験した感情を説明することができないでしょう。私たちが実際に行動するとき、私たちはバイアスの欲求に動かされて、「ホット」状態にあります。私の研究では、参加者は自分の好みを報告するときに両親とその期待について慎重に考えていたのでしょうが、スピードデートをするときは、これらの考えは消えました。

 

 

 

2、選択肢ができるだけ多い方が良い。

 

私たちは、選択肢が好きです。選択肢があれば、自由と幸福を最大化できると考えています。実際に得るまで、多くの選択肢を得ることを楽しんでいます。(ホット・コールドの感情移入ギャップの他の例)本当は、選択肢は悪い影響を与えます。多すぎる選択肢を前にすると、固まり、選択麻痺または選択肢の過多によって知られている現象です。選択をする失敗をします。

 

 

人気者は、多くの人から求婚を経験するかもしれず、一番良い方法は告白を受けないことです。もし本当に愛が欲しいとしても。どのように選ぶのでしょうか?あまり人気のない人は、選択の幻想(私たちがすぐにスワイプできるすべての潜在的なパートナー)の誘惑に負けるかもしれません。関係を進めるときに壁にぶち当たったら、「海の中の魚」は魅力的に見え、何が起こるかを考えさせます。

 

 

3、「選択肢を広げる」ことで合理的にしようとする

 

チャンスは見逃したくないので選択肢を広げます。しかし、これは悪い結果を招く2つの理由があります。1つ目は、選択をするとき、自然にベストな選択をするようします。すべての方法にフォーカスし、または私たちの信念が行動と衝突するときの不快感を減らすために、私たちの選択のすべての長所と選択肢の弱点に焦点を合わせます。選択肢を広げることで、不安になるのです。

 

 

例えば、新しいパートナーが出来たとして、相手の変なところが見えたとしたら。脳は、その悪い部分を見ないようにするかもしれません。もしくは、相手をすごく愛していると思い込むかもしれません。他の選択肢があると、どの人が良いのかわからなくなります。

 

 

2つ目は、選択肢を広げたままにしておくことで、関係に適切に投資することができなくなります。私たちが少ししか努力していないときに、どうすれば関係が進むと期待できるでしょうか?

 

 

4、間違った努力をしたくないから間違った人といる

ある点においては、努力をすることは素晴らしいことです。認知的不協和(より多くのものを入れるほど、より何かを好む)と人間関係の成長の組み合わせのために、努力することは私たちの人間関係を幸せにする傾向があります。しかしながら、時には私たちはサンクコストのため間違った人と一緒になることもあります。努力や時間を費やさないと関係はうまくいきません。一緒にいればいるほど離れるのは難しくなります。私たちの多くが、事態を悪化させる非現実的な楽観論を持っています。

 

 

私たちの心が多くのトリックを果たしていることは明らかです。多くの場合、それは良いことですが、時にはそうではありません。冷静に自分自身をみて、私たちが本当に自分の最善の利益のために活動しているかどうかを尋ねるのは私たち次第です。

 

 

自分を解放したらなば、「恋すること」を満足できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です