関係を維持するために考え直すこととは?バレンタインデーチャレンジ、愛を育むためにパートナーと会話をすべし?

気になる人ができたら、もっとその人のこと知りたいと思います。過去について聞いたり、好きなもの嫌いなものを聞いたりします。そして価値観やゴールについても聞きます。そしてやがて、相手のことを「知っている」と思って安心します。

 

 

しかし、忘れていけないのは人は常に変わり成長し ていくことです。時には大きく時には小さく。この変化は、パートナーのゴールを考え直すことにもなります。家族の病気が見つかった時は、さらにお互いの価値を感じるでしょう。

 

 

そして時折、ほんのささいなことで、人間は価値観に変化があることを思い出します。関係を保ちたいのであれば、気づかないうちにパートナーのニーズやほしいものは変わっていることを理解しておいてください。

 

 

コミュニケーション学者として、関係を維持するレパートリーを増やすために書きました。たとえそれが、居心地のよい場所から出ることだとしても。会話をすることでパートナーが誰で何を望んでいるのかがわかります。

 

 

パートナーを知ることは、幸せな関係を続ける上で重要です。我々やパートナーが成長するにつれて、関係を調整する最善の方法を理解できるように会話することが必要です。

 

 

残りの停滞は関係を維持することができず、ある時点でうまくいくことは別の時点では最善の戦略ではないかもしれません。「仕事」である必要はありませんが、関係を維持する方法を認識し、それがパートナーにとって最良であるものと一致しているかどうかを判断します。この記事でご紹介していきます。

 

 

まず初めに、どのように関係を維持するのかを知っておく必要があります。

 

 

たくさんの方法がありますが、学者は、5つの特定の戦略を提唱しています。5つの戦略のうち3つはコミュニケーションが含まれています。開放性、積極性、そして保証。

 

 

開放性では、考え、感情などの自分についての情報を話すことです。積極瀬尾は、ポジティブでハッピーな人のことを指します。保証は、ポジティブが感情や関係を強化します。不安を感じた時や、もっと自信がほしい時にそれらを使用することが可能です。関係や将来についてポジティブな感情や考えを明らかにすることができます。

 

 

他の2つの戦略は、タスクをシェアすることとソーシャルネットワークです。予測しているかもしれませんが、タスクをシェアするということは、カップルとしてのことや家事についてまで幅広くあります。ソーシャルネットワークは、家族や友達との時間を含みます。それらは関係を維持するのに役立ちます。

 

 

関係を維持するための態度に、学者はまた2つの方法を提唱しました。ルーティンと戦略維持です。ルーティンは、低い潜在意識で行うことです。

 

 

例えば、パートナーといるとよく考えなくても幸せになれますよね。「これが、私たちの関係をよくするのに必要なのです」もしくは、離れる前にハグして愛しているという習慣があるかもしれません。ルーティンは簡単な方法で関係を維持します。

 

 

例えば、電話を切る前に愛していると常に言っているけれどたださようならと言われただけだったら、何かおかしいことに気づきます。関係維持のための行動の多くは、私たちの関係が発展するにつれて日常的になります。私たちは、両方の人々を幸せに保つために何をする必要があるのかを学びます。

 

 

反対に、戦略的な意味でも関係を維持することができます。他の言葉に言い換えると、自分の関係を希望通りに保つために何か特別なことをする関係性や欲求を意識するようになる瞬間があります。これは喧嘩の後によく起こります。喧嘩を解決するために自分の感情を解放させなければいけないからです。

 

 

パートナーが特別だと思った時やどのような感情を持っているのかを伝えたい時にも起こります。多くの場合、人間関係で問題が発生した時に戦略的メンテナンスを使用しますが、関係を変更する人々が変化するにつれて人間関係が成長するのを助ける方法として、戦略的メンテナンスを使用する新しい方法について考えています。

 

 

先ほども少し触れた通り、人々は常に変化します。パートナーが必要としていることや関係で必要なものは過去とは異なります。変化するニーズを超えて、私たちは自分のパートナーを知っていると思うにもかかわらず、彼らが誰なのかそもそも何を評価しているのかを完全に理解していません。関係を維持するので言動や行動が重視される一方で、変化する個性をパートナーに聞くことが新しいアプローチです。

 

 

そのため、今年のバレンタインデーでは、関係を維持する方法を考え直すことと新しいタイプの戦略を試してみてください。チョコや花に加えて、パートナーに話してください。自分自身のことや感情ではなく、相手のことを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です