なぜ人々は結婚を取りやめるのか?

パートナーとの出会いから「結婚します」と言うまで、人間関係の旅には自然な勢いがよくあります。私たちは出会い、デートし、お互いを独占し、友人や家族にパートナーを紹介し、婚約し、結婚式を計画してから、バージンロードを歩きます。それぞれの道中では、時間とエネルギー、より深い関係になるためのきっかけが必要です。 道を進目ば進むほど、後戻りするのが難しくなります。

慣性の法則によると、物事が動いている(または静止している)とき、動き続ける(または静止し続ける)傾向があります。 恋愛関係についても同じことが言え、動きのある関係は動き続ける傾向があります。 多くの場合は早期に分かれますが、婚約すると、結婚へと導く強力な力が存在します。

しかし、一部の人々は考えられないような行動をとります。そう、彼らは婚約と結婚式を中止するのです。 どうして?

どうやって?

最近発表された研究で、ミズーリ大学のKale Monkとその同僚は、人々が結婚式をキャンセルして婚約を終わらせる理由を探ろうとしました。 研究者らは、18歳から48歳の30名の異性愛者に詳細なインタビューを行った。 重要なのは、個人が説明した関係は、一般に長期的で真面目な関係でした(平均交際期間4.5年)。参加者はすべてを自分の言葉で説明できるため、半構造化面接を実施することで、研究者は個人の思考プロセスと推論をより徹底的に調査できました。 研究者は、グラウンデッドセオリーを使って、参加者の判断につながる重要な部分を明らかにするためにそれらの議論を分析しました。

彼らが見つけたもの

主なテーマは、差し迫った結婚式が将来についてより深く意識的に考えるきっかけになったということでした。ある参加者は「彼が私に向かって怒鳴った時、これが残りの人生で望むことなのかと自問自答した」と説明した。女性にとって、結婚式とイベント計画のプロセスは、未来を見定める具体的な指標を与えるようでした。たとえば、ある参加者は「気に入ったウェディングドレスを見つけて試着していたところ、鏡で自分を見て『私たちが離婚した後もまだ友達でいたい』と思いました。標準的な結婚式前の仕事は、彼女の将来に目を向けさせることで終わります。

男性にとっては、それは単なる結婚式の計画ではなく、意見の食い違いなど今後起こりうる問題も含んだ深い意味を持った婚約なのです。たとえば、「この結婚式計画の間に彼女が私の言うことを聞かなかったら、結婚後も何も聞き入れてもらえないのではないか?」と考えたことを思い出した。その他の男性は、宗教や子供の欲望等の重要な問題について、パートナーからどのように否定的なコメントがあったかについて述べました。さらに、「自分が好きなことができなくなる」「丁寧で感じの良い十分なコミュニケーションが取れない」という心配もありました。

また、参加者は惰性な役割を認識し、結婚を遅らせたいと考えるようになったそうです。彼らは、「結婚にはもう少し時間が必要です」と言いました。これはしばしば、始まったり終わったりして、罪を許したり「再び恋に落ちる」ことを試みると何人かの女性は述べました。 しかし、それはうまくいかず、彼らは関係を終わらせることに決めました。 自分の感情を整頓するための少しの時間が彼らに客観的な視点で関係を検討する機会を与えたようです。その過程で、浮気、喧嘩、別居、虐待などのさまざまな未解決の主要な問題が明らかになりました。 多くのインタビュー対象者は、時間とともに多くの問題が蓄積してきたことを認めましたが、最終的に離婚するに至った出来事にも言及しました。

Takeaways

結婚式を中止することは大きな決断です。このような望まない経験ではなくて、この状況を防ぐために自分で行動すべきです。

ここに2つの重要な教訓があります。

  1. 婚約関係になる前に、パートナーとの将来の関係がどのようなものかを時間をかけて、慎重にに考えてください。日常生活だけでなく、価値観も合っていますか?座って、あなたの将来がパートナーとどのようになるかを想像してください。良い時も悪い時もその関係を想像してください。 あなたはそれを望みますか?
  1. 早い段階で危険信号に気がつけるように時間をかけて関係を評価してください。長引く喧嘩や虐待、嘘などの大きな問題を許してしまうほどの恋に落ちてはダメです。結婚の前に、お互いを見つめてください。相性は大切です。これはあなたが望んでいた関係ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です