難しい会話をする方法

前回の投稿では、難しい会話に関わるための10のステップについて説明しました。この会話の準備の最初の5つのステップが完了したら、双方向の対話を行う準備が整います。具体的には、発見、明確化、深い掘り下げ、意見の主張、問題を解決し、反映し、そしてフォローアップするという「事実」です。

「事実」の検索

会話を始めるときは、会話の構成の目的を繰り返し述べ、次に相手の視点から始めます。自分を二人の間に立つ仲介者として考えてみてください。そして、不一致や誤解が生じたらそれを明らかにしましょう。

ほとんどの人は自分が間違っていると思って難しい会話に参加しようとしません。誰もが相手の意見が正しいと感じているか、少なくとも彼らの意見は有効であると感じています。自分が正しいことを証明するために会話に入ることは非生産的です。相手の考えていることに耳を傾けることがより重要です。私はこのステップを引用の中で「事実」の発見として書いています。なぜなら、この状況下では実際の事実はあり得ないからです。しかし、一般的に人々は自分の意見や見方は事実であると感じています。他人の視点を理解することは、本当の問題が何かを判断するのに役立ちます。

あなたの目標は特定の問題を解決することであり、あなただけではそれは不可能なことを覚えておいてください。 好奇心を持ち、彼らの本心を学ぶことに興味を持ってください。

最後に、一度に解く問題は1つだけにしてください。多分目的は限られていますが、問題が複雑になることもあります。

単純にすることは難しいです。なぜなら、このシナリオは過去に起きたことを思い出させるかもしれないからです。今のうちに解決して、将来の計画を立てることを常に意識することが重要です。ある時点で過去は無関係になりますが、これは口で言うほど簡単じゃありません。

より明確にし、深く掘り下げる

問題を理解したと感じたら、明確化してさらに深く掘り下げます。聞いた内容を再構成または反映して明確にし、それが彼らの意図したとおりであることを確認します。あなたは物事を間違って解釈し、防御が上がることを経験するかもしれません。言語が正しかったら、話を進めてください。非難するのではなく、認めあいましょう。非難するのではなく、どう感じたのかを話し合いましょう。たとえば、「これにはあなたの意見があまり反映されていないので、あなたは本当に怒っているようでした」に対して、「いや、本当に怒っていたました。なぜならそれは常に問題で仕事を成し遂げるための障壁だからです。」という風に。

視点が明確になったら、問題の根本的な原因を特定することが、より深く掘り下げる目的です。根本的な原因は、他の問題が発生している原因を理解するのにも役立ちます。根本原因を特定すると、時間を節約できる可能性があります。同時に解決できる隣接する問題または関連する問題が現れるからです。ただし、会話の目的をしっかり捉え、後で議論する根本的な原因を確認してください。

自分の意見を主張する

これで、明確になり、理解が深まり、根本的な原因に到達したので、今が自分の意見を共有する時です。自分の見解を共有するのを待つことで、会話が開かれ、信頼関係が確立されます。しかし、相手にとって相手の選択や行動があなたに与えた影響を理解することが重要であるため、あなたはまだ意見を共有する必要があります。話す準備をすることで、会話に関連する自分の根本的な原因や感情を認識し、それについてオープンにしたいと思うかもしれません。

これはあなたの感情を「発散する」時ではありませんが、それらを注意深く説明する時です:「私はこれを取り上げることを心配していますが……」または「あなたがこれを意図したかどうかはわかりませんが、私は非常に不快に感じました…」自分の感情をオープンにすることは重要ですが、必ずしも感情的でなくても、話し合いはできます。これがより深い問題にどのように関係しているのかについても話し合うことができます。たとえば、「ここでの私の反応は、おそらく以前の経験と関係があります」つまり「このさらなる影響の理由は、自分を他の誰かとは思わないためだと思います。」このように感情について議論することは、自分の視点が「真実」ではなく、単なる体験であるということを証明するのに役立ち、会話をオープンに保つのに役立ちます。

あなたを傷つけことや、あなたを怒らせることについて議論することは健全です。しかし、会話中にそれらの感情を表現し始めた場合は、一度休憩をとって、新たな機会を設けましょう。これは逃げではありませんが、むしろ彼らの見解や感情を聞くことに対してオープンなままでいられるようにしたいので、感情はしばしばそうする能力をシャットダウンします。「私は感情的になってしまっています。前向きな会話がしたいので、10分をいただいてもいいですか?」と言ってみましょう。

自分の意見を論じるときは、しっかり話を聞いてもらえるように呼びかける必要があります。例えば、「これをさらに難しくしたものがたくさんあります。」これは、彼らの聞く聞く姿勢を保ちことに役立つでしょう。

最後に、「絶対」という言葉を使用しないでください。今のの状況だけに固執することを忘れないでください。

問題解決

これで、お互いの意見が話されて、「すべてのカードがテーブルに揃いました」。 いよいよ問題解決の時間です。 問題解決は、現状を改善し、将来同様の問題が発生することを防具ことにも役立ちます。

両者が同意する解決策が見つかったら、テストしてみてください。 つまり、シナリオを実行して、解決策が実際にどのように機能するかを確認します。 次に、ソリューションにまだ欠けているものを見つけます。

「誰がいつ何をしているのか」を理解する行動を確実にしてください。 フォローアップする日付を設定し、問題が解決したかどうかを確認します。

反省とフォローアップ

会話が終わったら、自分の気持ちを確認しましょう。 満足ですか? まだ気になることがありますか? もしまだ満足していないのならば、その原因は何ですか?

間違いを犯すことを忘れないでください。すべての会話が期待どおりまたは計画どおりに進むとは限りません。 間違いが他の人に悪影響を及ぼすと感じた場合は、フォローアップセッションでこれについて話し合ってください。 最初の会話がうまくいかず、さらに大変な話し合いが必要になる場合もあります。

予定されているフォローアップセッションで、解決策が機能しているかどうか、または予期しない事態が発生していないかを確認しましょう。 このフォローアップセッションでは、お互いの責任を負うだけではなく、強力な作業関係が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です