他者とのつながりを維持して、神経連絡を改善する

私たちは本来、社会的相互作用を探すために結びつき、様々な方法で定期的に人と交流しています。パンデミック前は、食料品店での近所の人や友人との即席の会話、会議の合間の同僚との短いチャット、1日の終わりに愛する人との付き合いなどがありました。おそらく、家庭や町での家族の夕食、ボランティア活動、コミュニティグループへの参加、同僚との会議への出席などが当たり前でした。世界の現状を考えると、社交の方法は必然的に変わってきましたが、私たちは今もなお人との関わりを求めています。

ポジティブな社会的相互作用は脳の健康にとって本当に良いことです。私たちの社会活動の頻度、社会的ネットワークのサイズ、そして社会的サポートの感覚はすべて、認知スキルと脳の健康に影響を与えます。逆に、社会的孤立、孤独、および否定的な社会的相互作用は、脳に有害である可能性があります。また、現在ソーシャルディスタンスを重視していることは、社会的孤立を意味するものではありません。現在、他の人から物理的に離れていることは合理的ですが、友人、同僚、家族と安全に対話する方法はたくさんあります。実際、SNSを使えば簡単に人とつながることができます。

生活の質と身体の健康に対する有効性だけでなく、社会活動の増加は、より良い執行機能、より速い思考速度、および一部のタイプの記憶の改善に関係します。これらの調査結果はどの年代でも見られますが、発表された研究の大部分は高齢者を対象に実施されています。脳は、1つではなく複数の社会活動に従事しているときに特に豊かになります。 友人との毎週のチャットは良いですが、コミュニティグループへ参加することをお勧めします。社会的に活動的であることは認知症を発症するリスクを減らすという証拠もあります。

ソーシャルアクティビティで気分を高めることは、他の人と集まるときに脳が有益になる主な理由の1つかもしれません。気分が明るくなると、体内に循環している有害なホルモンコルチゾールが少なくなり、定期的に社交することで免疫が上がります。さらに、他者からのサポートは、私たちの脳に良い影響をもたらします。

ソーシャルネットワークの全体的なサイズはどれくらいですか? ある5年間の研究で、より大きなネットワークを持っている人々と認知機能の関係性について調査されました。科学者たちは、多くの社会的つながりを持つ人々は、1つの主要な社会的つながりを持つ人よりも認知機能低下を経験する可能性が約40%少ないことを発見しました。他の調査によると、一貫した社会的接触がほとんどない、またはまったくない人々では歳をとるにつれて、認知症のリスクが非常に高く、後からコミュニティに参加した場合には認知障害のリスクがさらに減少しました。

交流に費やす時間やネットワークの規模を超えて、私たちが交流する人々から感じるサポートの感覚も重要です。他の人に支えられているときは、頼りになる誰かがいることを知って安心します。 そして科学は、私たちがよりサポートされていると感じるほど、私たちの脳はよりよく機能しているように見えることを明確に示しています。他の人からより支持されていると感じる人は、複数の認知テストでより良いパフォーマンスを発揮します。 そうでない場合は、脳の健康状態が悪いという証拠を示しています。

つながりを保つための社会活動は身体的、感情的、および脳の健康に大きな影響を与える強力なライフスタイル要因です。この主張を裏付ける科学を考えると、友人、家族、同僚とのつながりを持つことは、日常生活における強力な頭脳強化戦略です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です